のぶみは元ヤンキーだから嫌い?さくらももことの関係や総長の噂とは?

この記事は3分で読めます

Pocket

ehon_boy
絵本作家ののぶみさんをご存知でしょうか?
この記事のタイトルからしてすごそうな人ですね^^;

どうやらものすごい経歴をお持ちの異色絵本作家さんのようで、
今回「情熱大陸」にも出演されるようです。

いじめにあった過去や、暴走族の総長にまでのぼりつめ、
一転して絵本作家を目指した壮絶人生!こりゃ絶好の情熱大陸向けですね(^^)面白そうです!

ネットでは嫌いという声もあるようで、賛否両論ののぶみさん。

今回はそんなのぶみさんについて調査しました!
それではいってみましょう!

スポンサーリンク

のぶみのプロフィールや生い立ち

のぶみ(絵本作家)
本名  :斎藤のぶみ
生年月日:1978年4月4日(38歳)
出身地 :東京都品川区
出身校 :日本児童教育専門学校


出典:https://twitter.com

ご両親はもともと牧師をされている方のようで、カンボジアやフィリピンなどに、
寄付をされたりしていて、貧しい家に育ったそうです。

ちなみに教会は西大井教会という教会で、1989年から牧師に就任されているようです。
斉藤一男さんと恵子さんという方のようですね。

そして小学生の時には、のぶみという変わった名前をからかわれ、いじめに発展していったそうです。

小学生ぐらいにはありがちな話ですよね~。
他には女の子っぽい名前がかわれたりとか、些細なことに目をつけますよね、小学生って…。

そして、そのまま中学校にはほとんどいかず、不登校となってしまったそうです。
中学卒業後は似たような環境の不良達と仲良くなっていきます。

そして、どんどん不良の仲間は増えていったようです。
東京に住むのぶみさんは渋谷や池袋などを拠点にしていたそうですが、
ヤンキーとか、暴走族というよりは、どちらかというとチーマーみたいな感じだったようですね。

昔流行りましたよね。TOKIOの長瀬智也さん主演の「池袋ウエストゲートパーク」!
ギャング、とかチーマーなんかに憧れを持った不良達が多かったようです。

のぶみさんもその一人で、しかも160人の不良を束ねる総長にまでなってしまったそうです!
こちらがのぶみさんの壮絶人生を本にした、「暴走族 絵本作家になる」です。

しかし、不良達もじきに将来を考えるようになり、のぶみさんも進路に悩んだそうです。
今まで全く勉強してこなかったのぶみさん、専門学校も7つ受けて一つも受からなかったそう。

しかしその中の一つ、日本児童教育専門学校には、女性が多そうという理由で志望していたようですが、
なんとお父さんが代わりに試験を受け、入学を決めてしまったという噂があるようです。
そんなこと本当にできるんですかね!?

スポンサーリンク

のぶみの結婚や子供について

日本児童教育専門学校で、のぶみさんの人生を変えたある女性と出会う事になります。
その女性は、「絵本が好き」といったそう。

のぶみさんは、その女性に気に入られたいと思い、とっさに「俺、絵本を描いてるよ」
とウソをついたそうです。

普通ならここでやっぱりウソだよ、って言うとか、普通にバレますよね。
しかしのぶみさんは、そのウソを真実にかえるべく、本当に絵本を勉強し、かきはじめたそうです。

そしてその女性に見せる度に女性は喜んでくれたようで、
のぶみさんはどんどん絵本を描くことにのめり込んでいったそうです。

6千冊という絵本を図書館で勉強し、実際に何百冊と描いて行ったそう。

これは私の主観かもしれませんが、ヤンキーってやると決めたらとことんやる人が多いですよね。
だからヤンキーから一転、成功を手にするって話が多いように思います。

何かで成功するためには、勉強ができるとか賢いだけでなく、時にはバカになってとことんやることができる。
そういう要素って、大切なような気がします。

ついに、「おかあさんといっしょ」でのぶみさんの絵本が使われる事が決まりました。
嬉しくて涙があふれたそうで、その女性と一緒に喜んだそうです。

そしてその女性とは、結婚して二人の子供がいる、現在の奥さんだそうです。

なんといういい話でしょうか。ドラマみたいな話ですね!

のぶみとさくらももこの関係

のぶみさんと、さくらももこさんと一緒に検索されているようだったので、
調べてみました。

最初さくらももこさんと結婚しているのか??と思いましたが、
全然違いました。

のぶみさんは、「おかあさんといっしょ」の後、7年で60冊出版したそうです。
しかしどれもヒットせず、完全に一発屋状態。

そんな時にのぶみさんは、さくらももこさんに手紙を書いて、アドバイスを
求めたそうです。すごい行動力ですね。

さくらももこさんだけでなく、アンパンマンのやなせたかしさんや、
ディック・ブルーナさんにも同じ様にアドバイスを求め、実際にアドバイスしてもらったそうです。

さくらももこさんからは、
見ている人は普通の人だから、普通に面白い事をかかないと広まらないんだ
というアドバイスをもらったそう。

さくらももこさんらしいですね。
ちびまる子ちゃんは、まさに普通の女の子の普通の日常を描いてますもんね。

それからというもの、のぶみさんはバシバシ心温まる作品をヒットさせていきます。

のぶみのヒット作品紹介

こちらがのぶみ作品でよく売れている「ママがおばけになっちゃった」です。
ママが亡くなってしまうというところが、子供向けの本でどうなのか?というところで賛否分かれる作品ですが、
実際にお父さんを亡くした方のレビューが星5つで「泣いて笑う事ができました!」とやはり絶賛の声が多いようです。

こちらは、「ママのスマホになりたい」です。
今時の親には耳の痛すぎる内容、と話題になっています。

スマホ依存症で、お子さんよりスマホばっかりみているお母さんのスマホになりたい、そういう子供心を描いた絵本です。
思い当たるお母さん、いませんか?私は正直ドキッ!としてしまい、胸が痛くなってしまいました。

こちは情熱大陸でも紹介された、「いのちのはな」です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

壮絶人生ののぶみさん。その世界観が作品に大きく影響しています。
今後も心のあったまる、素敵な作品を世に送り出してもらいたいものですね!

それでは最後までお読み頂き、ありがとうございます。
引き続き他の記事も、お楽しみください!

Pocket

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オモシロ動画

  1. キュン死注意!

アーカイブ

プロフィール : けにー

こんにちは、管理人のけにーです。
愛知県在住の30代です。

当サイトでは、みんなが気になる世の中の疑問(はてな)をピックアップ!そして個人的な意見も交えながら、はてなを一つ一つ解消していくブログです。

芸能人やスポーツ、ニュースやイベントなど、幅広いジャンルの話題の情報を提供しています。気になるジャンルをチョイスして、お楽しみくださいね!