Pocket


耳をすませば」と言えば、ジブリの青春ストーリーで有名ですよね。
こちらで主役級の天沢聖司役の声優は誰なんでしょうか?

そうです、高橋一生さんですよね。
「耳をすませば」が1995年に公開されたばかりの時は、
高橋一生さん自体がそこまで注目を受けていませんでした。

なので、ジブリファンの中でも天沢聖司役の声優が高橋一生さんということは、
知る人ぞ知る情報だったようですね。

しかし、昨年の「シン・ゴジラ」で大注目を受けた高橋一生さん。
現在もドラマ「カルテット」でまたまたイケメン役で注目受けていますよね!

今回は、そんな天沢聖司役の高橋一生さんについてや、天沢聖司の都市伝説について、
まとめてみました。それではいってみましょう!

スポンサーリンク

高橋一生のプロフィール

まずは高橋一生さんのプロフィールのおさらいからいってみましょう。
高橋一生さんの生年月日は1980年12月9日の36歳(執筆時)です。
東京都の出身で、俳優として活躍しています。

1990年に映画「ほしをつぐもの」でデビューした高橋さん、
俳優歴25年以上と実は大ベテラン俳優なんですね。

子役時代から若手俳優と呼ばれるまで、ドラマや舞台など数々の作品に出演しています。
ただ、映画の初主演は2016年の「Blank13」とかなり遅かったようですね。

出身高校は東京の堀越高校ということで、
芸能人御用達の学校ですよね。V6の岡田准一さんと同級生だったようです。

実力派俳優として知られる高橋一生さん。
実はジブリ作品は「耳をすませば」の天沢聖司役だけではなく、1991年の「おもひでぽろぽろ」にも
役名はありませんが出演しているんです。ヘェ〜。

天沢聖司の役どころ

主人公月島雫は読書好きな中学3年生。
父が勤める図書館で自分が借りた本の読書カードに「天沢聖司」の名前があります。

天沢聖司は同じく中学3年の才色兼備なイケメン。
読書も好きで、雫のことは図書カードで知っていたが、雫に負けないように本を借りていた。

夢はヴァイオリン職人で、中学卒業後は海外に修行に出るつもりの天沢。
初めは憎まれ口を叩き、やな奴と印象はお互いに悪いが、だんだん互いに惹かれていく二人。

天沢聖司のストーカーや事故死の都市伝説について

スポンサーリンク

天沢聖司はストーカー?とか事故死という言葉とともに検索されているようなので、
どういうことなのか、調べてみました。

まず、天沢聖司ストーカー説についてです。
これはかなり有名な話になっているようですね。

雫が読みそうなファンタジー系の本を次々と先回りして借りる、
よくよく考えたら、これストーカーですよね(笑)

まだイケメンがやっているので、問題なしですが、
これおじさんがやったら恐怖以外なにものでもないです( ^ω^ )

また、夜明けの時間帯に雫の部屋の窓に石を投げつけるシーン。
なぜ雫の家や部屋の場所を知っているんでしょうか?

作品中では、雫の家まで送っていったという描写はありません。
このことからも、天沢聖司は雫の家や部屋の位置を調べ上げたと、
ストーカー説が出ているようです。

信じるか信じないかは、あなた次第(笑)

そして、もう一つ。
これは都市伝説ではないのですが、天沢聖司と一緒に「事故死」というキーワードで、
よく検索されているようでしたので、気になったので調べてみました。

物語では、天沢聖司はイタリアへ行く前に「一人前の職人になったら結婚してくれ」と
プロポーズすます。雫は頷き、それぞれの未来へ旅立って行きました。

天沢聖司と事故死についての描写は全くありません。

しかしこれについては、調べましたが、全く情報は出てきませんでした。
なぜ天沢聖司が事故死なんでしょうか?どなたかこれわかる方、情報提供お待ちしております。

都市伝説で二人はこの結末の後、別れることになったという話や、
「猫の恩返し」が雫が将来作家になり、執筆した作品、という話はあるようです。

ジブリ関連記事

「千と千尋の神隠し」の関連記事はこちらです。
湯婆婆(ゆばーば)の声優は誰?銭婆(ゼニーバ)との違いもチェック!

まとめ

今回は「耳をすませば」の天沢聖司役の声優高橋一生さんについてや、
天沢聖司についてまとめてみました。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。
引き続き他の記事も、お楽しみください!

Pocket