Pocket


「有吉弘行のダレトク!?」で「キモうまグルメIN THE WORLD」で藤田ニコルさんが登場しますね。

このコーナー、見た目がキモかったりするけど、結構美味い(?)と怖いもの見たさで結構みてしまうんですよね〜。

今回藤田ニコルさんと永野が向かった先は、神奈川県相模湾で、「敵を感電させるビリビリモンスターを食すそうです!

スタジオでは有吉弘行さんもそれを食べて、「電気の味!?」と思わず絶叫しています。

そんなビリビリモンスターとは一体どんな生物なのか?

今回は相模湾に生息する、シビレエイという電流を発することができる生物を調査してみました。

それではいってみましょう!

スポンサーリンク

シビレエイとはどんな魚?画像をチェック!

シビレエイとは一体どんな魚なんでしょうか?調べてみました。

シビレエイとは「電気魚(でんきうお)」や「発電魚」と言われる種類の魚で、電圧は数十〜数百V程度のものまで様々あります。

海の中で襲ってくる生物から身を守るためや、気絶させて捕食するために使う能力です。

人間が触ってもショック死するほどの電流は流れておらず、ピリっとくる程度のようです。

こちらにシビレエイを果敢に触る動画がありますので、ご覧ください。

普段から食用として好んで食べる人は多くありませんが、サンシャイン水族館なんかで見ることもできるようですよ〜。

まあ画像を見ると、結構キモいので、これを好んで食べようとはあまり思いませんよね〜。

スポンサーリンク

シビレエイを食べると電気の味?

しかし、ツイッターなどを見ると、結構食しているチャレンジャーたちがいたので、そののほどを調査してみました。

塩漬けは歯ごたえもあって、ご飯に合うそうですね(笑)ビリビリモンスターだからといって、食べる時にはビリビリ来ないようです。

なんとも言えないトゥルットゥル感!?ww

やはり発電器官に味の特徴があるようです。有吉さんたちが電気の味って言ってたのはこれのことかなぁ〜?

シビレエイの販売店は?

シビレエイはどこで手に入れることができるのか?販売店を調べてみました。

最初、シビレエイ料理が食べられるところ無いかな〜?と思ったのですが、さすがに出てきませんでしたw

料亭とかで食べられてそう、って思ったんですけどね^^;

結構漁師さんとかは間違って取れてしまって、食べる人は多いみたいですけどね。

そして、シビレエイを手に入れることができる販売店は、海水魚専門店などのようですね。

「海水魚専門店 セポ・オンラインストア」というところで取り扱いがあるようでした。現在は在庫は無くて売り切れのようですが、気になる方は問い合わせしてみてくださいね。
http://www.ceppo.net/product/778

そして気になったのは、シビレエイのスマホケース!!こんなんも出ちゃってるんですね!もしかしたら意外とシビレエイファンって全国にたくさんいる!?

まとめ

今回はシビレエイについて調査してみました。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。引き続き他の記事も、お楽しみください!

〜キモうまの関連記事〜
ブヨブヨの奇怪生物(ダレトク)はオオマリコケムシ?亀山湖に生息!

Pocket