Pocket

毎年9月に開催され
二万から三万にも昇る人が訪れる
「目黒のさんま祭り」

東北の漁港で水揚げされる、
南下を始めたばかりで
とってもジューシーな脂がのったさんまを
炭火焼で贅沢に頂きます!

これがなんと無料で楽しめるという
のだから驚きです。
今年も大勢の方で賑わうこと
間違いありません。
はじめて行かれるという方も2018年の
日程や場所、お祭りの由来を確認して
存分に楽しみましょう!

スポンサーリンク

目黒さんま祭りとはどんなお祭り?由来は?

実は目黒さんま祭りは二つある!
という事をご存知でしたか?


一つ目の「目黒さんま祭り」は
古典落語「目黒のさんま」を由来に
平成8年に目黒駅前商店街振興組合が、
昔ながらの人情と温かさを取り戻そう
と企画し、始められました。

毎年岩手県宮古市から届けられた
新鮮なさんまを和歌山県みなべ町の備長炭
でじっくりと焼き上げ、
徳島県神山町から届けられたすだち
栃木県那須塩原市高林の辛味大根で作られた
大根おろしが添えられた
炭火焼さんまを頂くことができます。
過去にはさんまの他にもおにぎりやつみれ汁
が振舞われ、毎年2万人近くの方が訪れます。

もう一つは目黒区民まつり
目黒のSUNまつり」の中で行われる
目黒さんま祭り。こちらも古典落語
「目黒のさんま」が由来で始められました。

目黒区の友好都市である宮城県気仙沼市から
届けられた新鮮なさんまと、こちらも友好都市
である大分県臼杵市のかぼすを使った
炭火焼さんまを楽しめるお祭りです。
毎年3万人以上が訪れる
非常に熱気溢れるお祭りです。

スポンサーリンク

見どころ

江戸の古典落語「目黒のさんま」をきっかけに
始まった都市間の交流イベント
である目黒さんま祭り。
イベント立ち上げ当初は「魚食文化の普及」
がテーマでしたが、現在は東日本大震災の
被災地を応援し、交流を深めるもの
にもなりました。

目黒区民まつりは炭火焼さんまのみならず
開会式やさんまとカボスの献上式、
ホールでは様々な演奏や公演、ふるさと物産展
など内容は盛りだくさん。
気仙沼市物産復興協会は気仙沼港で
水揚げされた美味しい水産加工品と、
ワークショップコーナーを設けて
水産業の復興をPR。

目黒駅前で行われるさんま祭りでは、
この祭りをきっかけに品川区と宮古市
平成14年に災害時相互援助協定を結びました。
東日本大震災の発生時には品川区から集められた
義援金及び救援物資が宮古市に届けられました。

美味しいさんまがお祭りの参加者に届けてくれる
のは「美味しさ」と「人の暖かさ」なのです。

目黒さんま祭り2018の日程や時間、場所は?

日程は毎年9月の第一
または第二日曜日に執り行われます。
二つのお祭りの場所は
同じ場所で行われるわけではないので
ご注意ください。

スポンサーリンク

目黒駅前商店街振興組合の基本情報

日程:2018年9月9日(日)
場所:目黒駅東口の誕生八幡神社(品川区上大崎2-13-36)周辺
時間:10時〜14時
公式HP:http://www.asahi-net.or.jp/~xq7k-fsm/sanma.htm

目黒区民まつりの基本情報

日程:2018年9月16日(日)
場所:10時から15時30分
時間:田道公園広場(東京都目黒区目黒1-25-8)
公式HP:http://www.city.meguro.tokyo.jp/gyosei/shokai_rekishi/event/sun.html

混雑状況(待ち時間)や整理券について

毎年来場される方の数は
増えているそうです。

炎天下で長時間外にいる事になりますので
ご来場される方は小まめな水分補給をして
決して無理せず安全かつ笑顔で
お祭りを楽しんでください!

目黒駅前商店街振興組合の目黒さんま祭りの
平均待ち時間は例年3〜5時間です。

整理券などはなく、並んで
食べなければなりません。

昨年は午前11時過ぎに品切れ
となってしまったそうです。

確実に無料のさんまを食べる為には
午前7時半ごろまでに並ぶと良いでしょう。


目黒区民まつりでさんまを食べるには
整理券とリストバンドが必要です。

リストバンド毎にさんまを整理券と
引き換える時間が区切られていますので、
日中に長時間並ぶ必要はありませんが
こちらも朝早くから並んで限りある
リストバンドを入手しなければなりません。

スポンサーリンク

朝早く7時頃にバンドを受け取り、
受取り時間外は他のイベントブースにて
お祭りを楽しめると良いでしょう。

〜関連記事〜
夏祭りの服装で高校生におすすめは?男女にウケがいいコーデを紹介!

百万石祭り2018の交通規制の注意点やルート図は?日程や駐車場情報も!

エイサーの踊り方の基本やコツは?掛け声の入れ方や意味も!

まとめ

いかがだったでしょうか。
お祭りを楽しむ為に覚えておくべき
ポイントはそれぞれの由来と
日程場所時間(整理券)です!
お間違えのないように!

相変わらずの日中の厳しい残暑と
秋の訪れを感じさせる朝晩の肌寒さ。

食欲の秋を楽しむ為に目黒まで足を運んで
新鮮なさんまを各地の名産品と共に
堪能してみてはいかがでしょうか。

Pocket