Pocket


沖縄料理のお店が多くなってきたここ最近。

沖縄にまで行かなくても本格沖縄料理が楽しめますが、実際沖縄料理ってなにがおすすめなの?よく聞くけど、これって本当に沖縄の人たちが日常的に食べている料理なの?

なんて、疑問を持っている人も少なくないはず!


また、野菜だったりが、沖縄独特の言い方で言われていたりと、少しややこしいこともありますので、沖縄料理を食べに行く予定の方は、事前勉強していってくださいね!

スポンサーリンク

沖縄料理の定番って?

沖縄料理と言えば、沖縄そばやちゃんぷるー、タコライスなど、人気の物がたくさんありますね!

中でも、これは沖縄料理屋さんで食べないと普段あんまり手に入りにくいよ!なんてものもありますので、定番の中でもぜひ食べるべきメニューをチェックしてみましょう。
 

チャンプルー


チャンプルーとは、沖縄の方言で「ごちゃまぜ」という意味があり、料理でのチャンプルーは野菜炒めのようなものです。

ニンジンやニラなどの野菜に、ゴーヤーや豆腐などのメインが加えられて完成です!

ゴーヤーがメインですと、ゴーヤーチャンプルー。豆腐なら豆腐チャンプルーとなるわけです!

アレンジとして、ツナ缶を入れる家もあれば、スパムを入れたり…店や家庭ごとで違いますので、使われている食材を要チェックです!
 

ラフテー


ラフテーは沖縄版の豚の角煮のようなものです。

皮付きの三枚肉を、泡盛や醤油で甘辛く煮付けた料理で、そのまま食べる場合もあれば、ラフテー丼としても食べられています。

沖縄は豚料理が主流で、豚のあらゆる部分をおいしく調理して食します。

ラフテーも豚肉を存分に使っており、女性にはうれしいコラーゲンがたっぷりの料理です。

少し脂っこく感じる人もいるかもしれませんが、味付け自体は、皆さん馴染みのある角煮とそっくりなので、美味しく食べられると思います。
 

海ぶどう


沖縄を中心に、海ブドウと呼ばれている食べ物の正式名称は「クビレズタ」です。

海ブドウは暖かい海にしか生殖しない海藻で、沖縄のほかにハワイやオーストラリアでも生殖しているようです。

細かい粒々には水分が入っており、食べるとプツプツといった触感が独特で、魅力に落ちる人が数知れずです。

海藻ですので、海の生き物よりも臭みなどはなく、ポン酢などであっさり食べることができる、最高のおつまみです!

沖縄料理屋でしか食べられない沖縄の特産物ですので、メニューにあったら、迷うことなく注文ですね!
 

ジーマミー豆腐


ジーマミー豆腐は、落花生からできた豆腐のことで、ジーマミーとは沖縄の方言で落花生のことを指します。

落花生の味がするわけではありませんが、触感がもちもちとしていて、とても独特です。

醤油やポン酢ではなく、少し甘いタレをかけて食べますので、料理なのですが、少し弾力の弱いみたらし団子を食べているような感覚にもなります。

 

じゅーしー


じゅーしーは、雑炊が語源と言われていますが、料理自体は沖縄風の炊き込みご飯のようなものです。

肉とひじきやニンジンなどを入れて煮込んだものですが、一つ違うのが、沖縄では鶏肉を使わずに、豚バラ肉を使用します。

豚肉の煮だしなども使用しますので、少し風味が違うかも入れませんね!

 

ソーキそば


ソーキそばは沖縄そばの種類の一つで、ソーキという甘辛く煮込んだ骨付きあばら肉が入っているのでソーキそばと呼ばれております。

ソーキにも種類があり、軟骨ソーキと呼ばれるものは、軟骨がとろとろになるまで煮込まれているのが特徴で、沖縄料理屋でしか味わえない独特な料理です。

ちなみに、沖縄そばはソーキそばと麺や味付けは同じですが、入っているお肉の種類が違い、ラフテーと同じ三枚肉を甘辛く煮たものが入っています。

スポンサーリンク

沖縄料理は読みにくい?

定番料理でもそうでしたが、沖縄ではこう呼ぶ。なんてものがとても多いですよね。

ラフテーって書いてあるけど、これは角煮ではないの?なんてことは、実際に沖縄料理のメニューをご覧になられた方なら、誰しもが思う事でしょう。

想像している料理と、名前が一致しない…と思いながら注文してみたら、料理は想像通りだった!なんて事は、沖縄料理あるあるだと思います!
 

チャンプルーの種類と特徴

チャンプルーには多くの種類があり、わかりやすい物はゴーヤ豆腐ソーメンだけで、マーミナーやタマナ―なんて物を見ると全く意味が分かりませんよね。

代表的なチャンプルーの中でもわかりにくいものは
もやし=マーミナー
キャベツ=タマナー
からし菜=チキナー

この3つかな?と思います。


ちなみにフーチャンプルーというのがあり、くるま麩が入ったチャンプルーなのですが、麩と行っても、普段お味噌汁に入っている麩とはまた違います。

沖縄のくるま麩は水で柔らかくした後に、卵を染み込ませてから焼きますので、とても噛み応えのある麩になります。

野菜との相性も抜群ですので、沖縄料理でしか味わえないフーを楽しんでみて下さい。
 

豚料理の種類と特徴


沖縄は豚料理がとても豊富です。

しゃぶしゃぶなどの定番料理はもちろん、ソーキそばのソーキや、ラフテーの三枚肉など、あらゆる料理にあらゆる部位が使用されています。


ミミガーと呼ばれるものは、言葉の通りそのまま、豚の耳を料理したものですが、こりこりしていて、鶏軟骨が好きな方にはとてもおすすめです。

てびちも言葉の通り、豚の手足を指し、煮たものをそばに乗せたり、唐揚げにしたりしますが、三枚肉同様、少し脂っこい印象がありますので、胃もたれが心配な方は、揚げ物ではなく煮物などをおすすめします。
 

魚の種類と特徴


沖縄の魚はカラフルで、すごく独特な名前だなと思っていましたが、魚も正式名称があり、沖縄方言での呼び方が違うだけでした。

よく見かけるグルクンという魚は、正式名称はタカサゴで、唐揚げとして料理に出てくることが多い白身魚です。


他には、
ブダイ=イラブチャー
アジ=ガーラ
ハタ=ミーバイ
などがよく聞く沖縄の独特な方言での魚たちです。

調理方法としては特別なことは何もなく、お寿司や刺身、唐揚げなどに使用されることが多いです。

スポンサーリンク

沖縄料理のおすすめの本

家庭でつくる沖縄行事料理とふるまい料理

沖縄は旧盆や彼岸など、日本の伝統的な日には、伝統的な料理を作ります。

この本を読んで、沖縄のリアルを知ってみませんか?

チャンプルーとウチナーごはん

定番から新しいものまで、幅広いチャンプルーの紹介本です。

もちろん、チャンプルーだけでなく、うちなーご飯(沖縄料理)も掲載されておりますので、楽しめること間違いなしの1冊です。

沖縄家庭料理入門

那覇で育ったおばぁの昔ながらの沖縄料理のレシピや、その娘が作った新しいアレンジレシピなども載っている本です。

昔ながらの沖縄料理を作ってみると、自分に合ったアレンジなどもしやすく、楽しめるのではないでしょうか?

毎日食べたい沖縄ごはん(電子書籍)

こちらは電子書籍ですが、東京で沖縄料理店が教える沖縄料理レシピが載っていますので、家庭でも作りやすいのでおすすめしてみました。



〜関連記事〜

沖縄の方言で若者が使うのは?かわいい日常会話や挨拶まとめ!

まとめ

沖縄料理は、名前は難しいですが、見てみると、あぁ!これか!なんてなることが多い料理かと思います。

一般名と沖縄方言での違いがすごいので、戸惑ってしまうかもしれませんが、沖縄料理の味付けは、豚肉の出汁や昆布など、和風なものが多いので、きっと美味しくいただけること間違いなしです!

ぜひ自宅やお店で、沖縄料理を楽しんでください!機会がある方は、ぜひ本場でも味わってみたくださいね!

Pocket