Pocket

最近、テレビや雑誌などでグルテンフリーという言葉を、よく耳にするようになりました。

グルテンと言えば、小麦粉を連想する人が多いと思います。

しかし、どのような意味なのか、まだまだ私たち日本人には馴染みの薄い言葉です。

今回は、グルテンフリーに焦点を当ててご紹介します。



グルテンフリーの意味とは?

まず、グルテンとはどんな意味なのかご説明します。

グルテンとは、日本語では麩質を指し、デンプンを除いた後に残るたんぱく質のことを言います。

麩質というと難しく聞こえますが、身近なものではお味噌汁に入れるが代表的です。

さらに詳しく調べると、グルテンは、グリアジングルテニンという2つのタンパク質からなります。

グリアジンは弾力があり伸びにくい性質を持ち、グルテニンは弾力が弱いが粘着力が強く伸びやすい性質を持ちます。

この2つに水を加えて捏ねることで、グルテンになるわけです。

すなわち、グルテンフリーという言葉は、グルテンを含まない食品グルテンを摂取しない食事方法という意味を持ちます。

グルテンフリーの食事について

グルテンの正体が分かりました。

では、グルテンフリーな生活を送るとどのようなメリットがあるのでしょうか。

どのような食事がグルテンフリーの食事といえるのかご説明します。

グルテンを含む食材はどんなものがある?

グルテンを含む食品として、小麦・大麦・ライ麦・押し麦・丸麦などの雑穀そら豆などの豆類が挙げられます。

これらの表皮の中になる胚芽と胚乳から生成されるたんぱく質がグルテンとなるわけです。

グルテンフリーな生活は、雑穀や豆類を避けて食事をすれば簡単に達成できる気がします。



ところが、私たちの周りにはグルテンを使ったものがたくさんあるので、グルテンを避けて生活することはなかなか簡単にはいかないようです。

グルテンは、うどんやパスタなどの麺類やパンやクッキーなどのお菓子類に姿を変えて私たちの身近に存在します。

他には醤油やドレッシング、麦味噌、カレー粉などの調味料やビールや麦茶などにも含まれています。


さらに意外なところでグルテンは、添加物である乳化剤や結着剤、防腐剤として使用されたり、加工肉のつなぎや安い食品の嵩増しに使われているのです。

気を付けて見てみると、意外なところでグルテンが大活躍していることが分かります。

グルテンを含まない食材はどんなものがある?

グルテンを含む食品を見てみると、粉類であることが分かります。

粉類を全く摂らずに生活することは、かなり困難です。

そこで、粉類を全て排除するのではなく、グルテンの含まれる粉類を他の粉類で代用することで、グルテンフリーな食事を摂ることができます。

代用できる粉類として、米粉、玄米粉、そば粉、大豆粉、片栗粉、くず粉、コンスターチ、ココナッツパウダー、タピオカ粉、ホワイトソルガム粉などが挙げられます。


グルテンフリーの生活を楽しく継続するために、ストレスは最大の敵です。

これらを上手に活用することで、グルテンフリーな生活を送ることが可能となります。

スポンサーリンク

グルテンフリーの食事メニューの例

グルテンが何に含まれているのかが分かったので、実際の食事メニューをご紹介します。

ケーキが食べたい!という時には、米粉を使ったロールケーキがおすすめです。

かわいくデコレーションをして、楽しみましょう。

人気のワンプレートでグルテンフリーな食事はいかがですか?

普段の食事は、品数も豊富に色々な味を楽しみましょう。

野菜はほとんどの場合、グルテンは含まれておらず、食べられるので、積極的に食べるようにしましょう。

味噌汁の味噌などの調味料には、少し含まれている場合があるので、注意しましょう。

まあ微量になりますので、グルテンフリーダイエット美容のためのグルテン抜きが目的で、アレルギーなどで食べられないレベルでなければ、そこまでシビアにならなくてもOKでしょう。

グルテンフリーの食事の効果やメリット

グルテンフリーな食事を続けると体によいと言われていますが、実際にどのような効果があるのでしょうか。

グルテンフリーは、本来は小麦アレルギーセリアック病と呼ばれる病気の治療法とされていました。

小麦アレルギーは摂取後すぐにアレルギー反応が出るため、すぐに特定しやすく、小麦アレルギーの人は徹底的に小麦を排除する必要があります。


普通の体質の人にはどんなよいことが起こるのでしょうか。

メリット1:体や肌の調子がよくなる!

なんとなく不調だという方がグルテンフリーの食事をすることで、体調が回復することがあるようです。

このような方はセリアック病の可能性があります。

セリアック病は、「小児脂肪便症」「グルテン過敏性腸症」「グルテン不耐症」と呼ばれている症状のことを指します。

内容としては、グルテンを摂取した直後に症状が出るわけではなく、症状自体も腹痛や頭痛、便秘などのため、原因がグルテンだと分かりづらい特徴があります。

セリアック病の方がグルテンフリーの食事をすると、肌の乾燥が改善されハリが出てくるので、美肌効果が得られることがあるようです。

また、むくみがなくなったり、寝起きがよくなる、ダイエット効果があるなど、よい効果が体にあると言われています。

ただ、医学的に証明がされているわけではないので、効果に関しては個人差があるようです。

メリット2:ダイエット効果!

グルテンフリーが注目されている理由の一つに、ダイエット効果があると言われています。

ダイエットというと、日本語では減量のイメージを持つ人が多くいると思いますが、ダイエットとは本来は食事法という意味を持つのです。

グルテンフリーの食事をすることで、なぜ減量に繋がるのでしょうか。

実は、グルテンそのものに秘密があるのです。

グルテンを多く含むケーキやお菓子、パンには小麦粉と相性がよいとされている油や砂糖が多く使われています。

小麦には食欲増進作用依存性があると言われているので、グルテンフリーな食生活をすることで、糖分や油分の摂取も同時に抑えることができるのです。


よって、体重減少に繋がるという仕組みになっています。


実は私もグルテンフリーダイエットをはじめて、約1ヶ月が経ちました。

最初の1週間ほどはかなり食事に気を使ってシビアになっていました。

なぜなら、今まで小麦が入っているものなど、全く気にしていなかったので、とにかく思いもしなかった食べ物に、あれもこれも小麦が入っているので、食べるものが無いような気がしたからです。

しかし2週間もすればかなり知識もついたし、体も慣れてきました。

なんと、最初の2週間で体重を3kgも落とすことに成功することができたのです!(運動はジムで週1〜2回程度)

正直この結果には私自身かなり驚きました。

現在は約4kgほどのダイエットに成功して、これからもしばらく続けていけそうです。

私は過去に糖質オフダイエットもしたことがありますが、その時は頭がボーッとすることがあったり、体が心配になり結構続けづらいなと思うことがありました。

それに比べるとグルテンフリーダイエットは無理なく続けられそうで、効果も高いように思います。

メリット3:脳への良い影響

グルテンフリーの効果は脳にもよいと言われています。

グルテンフリーの食事をすることで、精神的に安定することがあるようです。

ADHDうつ傾向にある人は、グルテンフリーを続けることで脳が休まり、不調が改善されたとの声があります。

こちらも、医学的に証明がされているわけではないので、効果には個人差があるようです。



私の体験談としては、この効果も割と体感できて、以前に比べ普段からなんとなく頭が冴えているような気がしています。(もしかしたら気のせいかもしれませんが 笑)

特に昼食後ははっきりと効果を感じていて、小麦食品をたくさん取った後に比べ、眠くなることが明らかに少ないです。

私の場合は、脳の状態がいいような調子がいいうような感じがして、毎日イキイキと生活できています。

あまりダイエットが続かない私ですが、こういったプラスαの良い効果もみられるために、ダイエットが続けられるんじゃないかなと思っています。

スポンサーリンク

グルテンの体への影響について

グルテンフリーを調べてみると、体によさそうだということが分かりました。

どのくらい自分自身にグルテンが影響しているのか気になってきました。

なんとなく不調だったり、疲れやすいと感じている方は試してみる価値がありそうです。

グルテンフリーダイエットのやり方

グルテンフリーにはダイエット効果があるとご説明しました。

効率よくダイエットに結び付けるためには、どのように実践したらよいのかをまとめてみました。

まずは小麦を2週間やめる

2週間小麦の摂取をやめることで、むくみが取れたり、便秘が改善するなど体によい効果を感じることができると言われています。

このとき、無理に食事量を抑えたりしなくても大丈夫です。

今までパンをよく食べていた人は、ごはんに変えるだけで効果があるのです。

なぜなら、パンは乾燥していてお腹に溜まりにくいですが、ごはんは水分をたっぷり含んでいるのでお腹にしっかり満足感を与えることができます。

体重計に乗ると大きな変化は見られないかもしれません。

しかし、2週間続けることで見た目がスッキリして、体も軽く感じることができるのです。

さぁ、2週間小麦を断ってみましょう!



ちなみに余談ですが、私はグルテンフリーダイエットを始めたと同時に購入したのが、こちらの体重計です。

こちらの体重計は、スマホと連携でき、体重計に乗るだけで毎回スマホに測定結果が送られてきます。

体重はもちろん、BMIや体脂肪率、骨の重さや水分量などが測定できます。

日々の体重の推移もグラフ化されていきます。

しかもしかも!

こちらの一番の売りは「wifi対応」であることです。

bluetooth対応だけならもっと安く、タニタとかで売ってるんですよねー。

しかし、なかなか「wifi対応」の体重計はこの値段ではありません。

超調べまくりましたが…


ではなぜwifi対応である必要があるか?

体重を測定する際に、私はお風呂場で測るんですが、

わざわざスマホ持ってアプリ起動して体重計に乗るって、どんだけめんどくさいんじゃーー!!

と切に切に思ったわけであります。

こういう何気にめんどくさいの積み重ねで、ダイエットは簡単に挫折できるからです!!

ただ乗るだけで、測定結果がスマホに送られる。

いい時代になったものですなー。

超絶おすすめです!!

グルテンフリーダイエットに関わらず、ダイエットを始めようという方は、是非手に入れてみてください。

生活が一変することをお約束します。

糖質制限ダイエットとの違い

ダイエットに興味がある方は、糖質制限ダイエットもよく聞くダイエット法ではないでしょうか。

今回のテーマであるグルテンフリーととても似ていて、同じではないの?と思われがちですが、大きく異なる点があります。

糖質制限とは、炭水化物や糖質を摂取しないことです。

私たちは糖質を摂取すると血糖値が上昇し、その血糖値を下げるためにインスリンが体内から分泌されます。

この時分泌されたインスリンが使われないと、脂肪に変わり肥満へと繋がるのです。

このように、グルテンフリーとは狙いが大きく異なるので、注意が必要です。

おすすめの商品や書籍



こちらのコンフェクションは、グルテンフリーの食事を心がけている方や、グルテンフリーダイエット中の方に特におすすめのダイエット食品です。

ダイエット中で諦めてしまっていた、スイーツがまさか食べられるとは思いませんよね?

コンフェクションならグルテンフリーなので、大丈夫です。

しかも低糖質、低カロリーなので、絶対におすすめの一品です!


グルテンフリーの食生活を始めよう!と思ったら、まずはこの本で毎日のメニューを決めましょう。

お酒を楽しく飲みながら、グルテンフリーを始めたい!と思った人におすすめの一冊です。

まとめ

今回は、グルテンフリーについてまとめてみました。

私たち日本人の食生活は多様化し、昔ながらの食事から大きく変化してきました。


忙しい時の食事には、ついパンを選びたくなります。

もう一度食生活を見直して、心も体も元気いっぱいで毎日を過ごしたいですね。

Pocket