Pocket

新しい年を迎えると、神社や寺院へ参拝に行くことは
お正月の風物詩となっています。

古くから、日本では習慣となっている初詣

毎年、参拝している方、
来年こそは初詣に行こうと思っている方に
初詣の起源や由来などをご紹介します。

スポンサーリンク

初詣の起源や由来


毎年、お正月に参拝することが
幼いころからの習慣の方ですと、
なぜ初詣を行うのかなどと
深く考えることは少ないと思います。

なぜ初詣をするのでしょうか?
いつから初詣は行われているのでしょうか?

初詣の起源や由来を調べていくと、
深い歴史があることが分かりました。

そもそも初詣の意味や語源は?

初詣と言う言葉は、
「初」はその年初めてのと言う意味を持ち、
「詣」は参出(まゐいで)から転じて「まゐで」に
変化した語とされています。

「詣」の字は「言」と「旨」からなり、
言葉遣いに旨味があるところまで
上達することをあらわしており、
それが転じて今より高いところに
いきつくことを意味しています。

その意味は更に転じて、
神社や寺院にお参りをすることを表すようになり、
これが初詣の語源とされています。

初詣は本来、「初詣で」と表記することが正しいのですが、
俳句などでも「初詣」と表記されたこともあり、
一般的には「初詣」の表記で広まりました。

初詣の起源はいつ?

初詣の起源を辿ると、
年籠りと言う行事が行われていたことが
由来になっているようです。

中国の旧正月(春節)には
前日の大晦日から眠らずに過ごす
「守歳」と呼ばれる風習があります。

年籠りなどの決まった形式に捉われない
現在の初詣の形になったのは、
明治時代中期とされています。

まだまだ新しい文化と言えそうです。

スポンサーリンク

江戸時代のお参りスタイル


現在のスタイルになる前は
どのようにお参りをしていたのでしょうか?

江戸時代には、主流とされていたお参りの方法がいくつかありました。
1つめは、大晦日の夜から神社や寺院に籠って新年を迎える年籠りです。
2つめは、その年の縁起のよい方角にある神社や寺院に参拝をする恵方詣です。
3つめは、その年初めての縁日に合わせて神社に参拝する初縁日です。

この3つの中のいずれかの方法でお参りがされていたようです。

年籠り

初詣の起源が年籠りにあるということが
分かってきました。

江戸時代のも3つの主流の1つとして挙げた年籠り。
年籠りを知れば、更に初詣での起源や由来に
迫ることが出来る気がします。

「年籠り(としごもり)(としこもり)」は、
古来から日本に伝わる風習です。

起源を辿ると、
平安時代の書物に書かれている内容から、
大切な風習で、
時代と共に少しずつ形を変えてきたことが分かります。

年籠りとは大晦日の夜から元旦の朝にかけて、
地元の氏神様に籠ると言う風習でした。

なぜ、氏神さまに籠ったのかというと、
昨年の感謝と豊作や家内安全を祈るためです。

また正月を迎えると、
氏神様とは別に歳神様をお迎えするので、
氏神様に籠り身体を清めるためとも言われています。

この年籠りが、徐々に大晦日に詣でる除夜詣、
元旦の朝に詣でる元旦詣に分かれていきました。
更に、元旦詣が現在の初詣の形になったと言われています。

恵方詣

次に恵方詣について紹介します。

恵方詣とは、その年の恵方となる神社へ参拝し、
年の初めに昨年の感謝や豊作、健康や安全などを
元旦に祈願することです。

恵方は十干によって定められ、毎年変わります。
毎年同じ神社に参拝したいのに、
出来ないの?と思ったあなた。
心配はいりません。

目標となる神社に直接向かうのではなく、
神社が恵方となる場所まで行ってから
参拝すれば大丈夫なようです。

スポンサーリンク

初縁日

初縁日とは、定期的にある縁日の中でも、
新しい年になってから最初の縁日の日
神社や寺院にお参りをするということです。

江戸時代のお正月には
初卯や初不動や初水天宮などの日に、
お参りをする方が多くいました。

明治神宮


明治神宮は、近年、
初詣でとして訪れる方が最も多い神社です。

東京都渋谷区にあり、
明治天皇と昭憲皇太后を祭神としています。

折角の初詣は、有名な神社で
参拝したいですよね。

来年の初詣は、10万本の木々に囲まれた、
自然豊かな明治神宮で参拝してみてはいかがでしょうか?

初詣と鉄道会社の関係


初詣について調べて行くと、
意外なことが分かりました。

それは鉄道会社との関係です。

初詣と言う言葉は、
江戸時代にはまだなく、明治時代になってから
川崎大師に使われ始めたとされています。

明治時代に入り、
鉄道の発達とともに初詣では
レジャーの一環として普及しました。

川崎大師へ参拝するお客様に
鉄道を利用して貰おうと、
鉄道会社がこぞって初詣と言う言葉を使い
宣伝活動をしました。

初めは鉄道会社が沿線にある
神社や寺院を恵方だと謳い、
集客のために宣伝していたのですが、
恵方は毎年変化するため、
安定した集客に繋げることが難しかったようです。

また、鉄道沿線にある神社や寺院を
恵方と言いすぎて、恵方の意味が薄れ、
同時に恵方詣自体も人気がなくなっていきました。

初詣のおすすめ書籍

初詣の社会史 平山昇著

こちらは、本格的に初詣について
調べたい方へおすすめの一冊です。


マンガでわかる日本の神様 
起源や個性を知って、もっとご利益を! 東條英利著

こちらは、気軽に初詣について知りたい、
堅苦しくなく読みたいと言う方へおすすめの一冊です。

鉄道が変えた社寺参詣 
初詣は鉄道とともに生まれ育つ 平山昇著

鉄道の発展とともに
初詣について知りたい方におすすめの一冊です。

ブラタモリ NHKブラタモリ制作班

テレビで有名な番組のスタッフによる
初詣に関する本で手に取りやすいおすすめの一冊です。

まとめ

初詣の起源や由来を調べていくと、
古くからあった風習が時代とともに
私たちの生活に合わせて
変化してきたことが分かりました。

また、鉄道会社の宣伝により、
初詣が普及してきたことなど、
意外な発見がありました。

来年は、新しい年を迎える喜びや
旧年へ感謝の気持ち、
新年への願掛けを込めて初詣に出掛けましょう!

Pocket