Pocket

こどもの日の由来ってなんだろう。
こいのぼりやちまきって
どんな意味があるのだろう。
どうして5月5日はこどもの日なのに
男の子の日っていうイメージなんだろ。
そんな子供の疑問を解決します!

実は大人でも知らなかったこどもの日の由来とは?

スポンサーリンク

こどもの日(5月5日)とは?


5月5日は、「こどもの日」
子供たちにとっては、
新学期が始まってすぐの長いお休みである
ゴールデンウィークの1日として考えている人も多いようです。

もともとこどもの日は
端午の節句(たんごのせっく)と呼んでいて
男の子をお祝いしていました。 

1948年に5月5日を
「子供の人格を重んじ、子供の幸福をはかるとともに、
母に感謝する」
という日に決められてから、
こどもの日と呼ぶようになりました。

そのため現在では男の子だけでなく
子供たちみんなをお祝いする日になりました。

しかしこのようなことから、
年配の方にとっては
「5月5日は端午の節句(たんごのせっく)」
という認識が今もあるかもしれません。

子供の成長をお祝いするだけでなく、
お母さんに感謝するという意味もあったんですね。

端午の節句(たんごのせっく)とは?


端午の節句(たんごのせっく)は、
五節句の1つで、日本では奈良時代から伝わる風習です。
元々中国に由来する風習でした。

中国の漢の時代、
病気や災いから避けるために家にヨモギで作った人形を飾ったり、
菖蒲(しょうぶ)いう葉っぱを門にかけたり、
菖蒲(しょうぶ)で漬けたお酒を飲んでいたそうです。

古くから厄払いの力があるとされていた
菖蒲(しょうぶ)と薬草のヨモギを使うことで、
悪いことが払われると考えられてきたのです。

日本では元々女性が行っていたと言われています。
田植えの時期である5月になると、
稲の神様に五穀が豊かに実ってほしいと
お願いするために早乙女と呼ばれる若い娘たちが
小屋や神社こもって祈ったという風習が行われてきました。

これが、中国から伝わってきた端午と結びつき、
端午の節句となりました。
しかし、鎌倉時代になると長らく行われていた
端午の節句はすたれてきました。

その一方、「菖蒲(しょうぶ)」は、
武道や軍事を大切にする武士である尚武(しょうぶ)と
同じ読み方であることから、
武士の間では縁起がいいとされ盛んに行われるようになりました。

そして、江戸時代になると幕府が
端午の節句(たんごのせっく)を公的な行事と認め、
武士以外の庶民にも広く行われました。

その際、菖蒲(しょうぶ)の葉っぱは
先がとんがっていて剣に見えることから、
男の子が生まれたら飾り付けをして
成長を祝う行事
になったとされています。

スポンサーリンク

端午の節句(たんごのせっく)はどうして5月5日?


昔の中国では5月は季節の変わり目
厄払いの行事が盛んに行われてきました。

そして5月のことを午の月と呼んでいました。
なぜ5月が午の月かというと午は下記のように
十二支で表すと5月になるんです。

・子「ねずみ」➡︎11月
・丑「うし」➡︎12月
・寅「とら」➡︎1月
・卯「うさぎ」➡︎2月
・辰「たつ」➡︎3月
・巳「へび」➡︎4月
・午「うま」➡︎5月
 ・
 ・
はじめは5月の最初の午の日に
節句としてお祝いしていました。

そこから5日になったのは、
端午の「午(ご)」と数字の「5(ご)」が
同じ読み方だったので

5月5日を「端午の節句(たんごのせっく)」
としたのです。

こいのぼりの意味とは?

江戸時代、端午の節句(たんごのせっく)(5月5日)は
徳川幕府の重要な日になりました。
江戸城で将軍のお祝いをする日です。

将軍に男の子が生まれると、
同日の5月5日に男の子のお祝いもするようになります。

その時に、のぼりを立ててお祝いしていました。
将軍に男の子が生まれると、
のぼりを上げることが武家の間で広まります。

武家も男の子が生まれると
のぼりを立てて子供を祝っていました。
そして次第に庶民にも広まっていきます。

庶民の中でも経済力がありながら、
立場的に低かった人たちが
見栄と根性でのぼりを立て始めました。

そして庶民は、中国で言い伝えられていた
鯉が滝をのぼり、竜になって天に登ったという言い伝えから、
のぼりに鯉を描き端午の節句(たんごのせっく)を
祝い始めたのが「こいのぼり」の最初
だと言います。

鯉という魚は、強くて流れが早くて
強い川でも元気に泳ぎ、滝を登っていきます。

そんな鯉のように、
たくましく元気良く大きくなるとこを
お願いする意味があるんです。

5色の吹流しは、
子供の無事を祈り成長を願って
悪いものを追い払うという意味が込められています。

ちなみに鯉にはそれぞれ名前があります。
一番大きい鯉は、真鯉(まごい)といって黒い鯉、
二番目に大きい鯉は、緋鯉(ひごい)といって赤い鯉、
一番小さい鯉は、子鯉(こごい)といって青い鯉というそうです。

あなたの地域はどちらを食べますか?

あなたはこどもの日と聞いて
どんな食べ物を思い出しますか?

「柏餅(かしわもち)」と思い浮かべる方もいますし、
「ちまき」と思う方もいるでしょう。

これは地域の文化の違いからくるものです。
関東では「柏餅(かしわもち)」
関西では「ちまき」を子供の日に食べます。

柏餅(かしわもち)

昔、柏の葉は、神様へのお供えものを
盛る器として使われていました。
柏の木は神聖な木だと考えられてきたのです。
また、柏の木は厳しい冬を乗り越えて、
次の新芽が出るまで
葉が落ちないという特性があります。

そこから、子供が生まれるまで
跡継ぎが途絶えないようにすると
考えられるようになりました。
柏は、大変縁起が良いものだったのです。
そしてとても大切なものでした。

スポンサーリンク

「ちまき」

「ちまき」は平安時代に中国から
伝わってきた食べ物です。
中国では昔からちまきが
厄払いの力があるとされていました。

中国では笹やちがやの葉にもち米を包んで、
厄を払う5色の紐で縛っていました。
この5色の色が、こいのぼりのルーツとなっています。

日本では「ちがや」の葉が使われていたことから、
「ちがやまき」と呼ばれていました。
それが段々と短縮され、
現在の「ちまき」という呼ばれ方になっています。

まとめ

こどもの日をたどると、
子供だけでなくみんなを災いや病気から
救うために行っていた行事だったのですね。

何気なく過ごしていたこどもの日は
多くの意味があり作られたんだと知りました。

また今も昔も子供が元気よく育ってほしい
という気持ちは変わらないんですね。

こいのぼりやちまきにも意味があって、
昔の人たちのアイデアと愛情を知ることができました。

また、あまり知られていない母に感謝するという意味が
もっと定着してその日に
親孝行なんてこともいいかもしれませんね。

そして今後もこの良い行事を続けていきたいです。

Pocket