Pocket



「ズムサタ!」で感動の出産マンガ「セブンティウイザン」が紹介されました!
番組ではモッチーさんこと、望月理恵さんがマンガを実際に読んで号泣

調べてみると、

2017年、早くも今年一番かもしれない感動作が登場

と話題になっているようですね。

なにやら70歳のおばあちゃんが出産するお話のようですが…。
ちょっと、「ありえへ〜ん!!」と思ってしまいますよね。

今回はそんな「セブンティウイザン」について色々と調べてみました。
それではいってみましょう!

スポンサーリンク

セブンティウイザンの内容やあらすじは?

さて、「セブンティウイザン」とは一体どんな内容の漫画なんでしょうか?
ざっくりとした内容やあらすじを紹介します。

ネタバレにならない程度に紹介しますので、
これから読むという方もご安心を。

その日、江月朝一(65歳)は定年退職を迎えた。 家に帰ると妻、夕子(70歳)から信じられない事実を告げられる。
「私、妊娠しました」
終活。そんな言葉もよぎる夫婦が、突然授かった大きすぎる未来。
これから二人の毎日は、すべてが初体験だ!

定年退職した主人公の江月朝一さん65歳は、
会社の後輩からも厄介者扱いされて、ようやく定年で辞めてくれる、と囁かれていました。

そんな朝一は定年後、妻と温泉に行ったり、
定年後ライフを楽しもうと考えていました。

そんな時、妻夕子から衝撃の一言、

「私、妊娠しました」


えぇー!70歳で妊娠しちゃったの〜!?
と、インパクト大のこの作品。

出産に戸惑う朝一と、もう出産すると決めている夕子。
二人の出産までのドタバタ話を、話の最後に感動で締めてくれる本作品。

途中、今まで子供ができなかった二人が、
犬を飼う話が出てくるのですが、毎日ペットショップに通う夕子を見て、
ある日こっそり買ってきてくれる朝一の優しさ

子供のできない二人にとって、犬はもう子供のようなもの。
しかし、当然犬は人間より早く歳をとっていきます

これ以上はネタバレになってしまうので、ここまでにしておきますが、
とにかく、感動して涙が止まらなくなる恐れがあるので、
学校や会社などに持っていく場合は注意が必要ですよ(笑)

セブンティウイザンの作者は?

セブンティウイザンの作者を紹介していきます。

セブンティウイザンの作者はタイム涼介さんという方です。
1976年生まれの神奈川県横浜市出身の漫画家で、
1995年に高校在学中にヤングマガジンで月間新人漫画賞をとって、
デビューします。

代表作は1995年「フランス」や、最近でいうと2011年「I.C.U.」
などが有名ですね。

「セブンティウイザン」は2016年からの連載で、
タイム涼介さんも最近特に注目を受けている、これから期待の漫画家です。

セブンティウイザンは実話?

セブンティウイザンは実話なんでしょうか?
ちょっと気になったので、調べてみました。

インターネット上で、セブンティウイザンは実話を元に作られている
という記述を見つけましたが、真偽のほどが確かでなかったので、
掲載しませんが、そういう噂があるようです。

また、マンガの中でも「インドで70代で出産」という記事を、
朝一が見つけますが、こちらについては、どうやら実話のようでした。

推定72歳のインド人女性が、46年の結婚生活の末に、
「体外受精」で妊娠してしまうという、なんとも驚きのニュースです。

生まれてきた赤ちゃんは約2000グラムと小さいながら、
健康ということなので、ひとまず安心しましたが、ネットでは、

「親を早くに亡くすはずの子供がかわいそう」「ただの夫婦のわがままに見える」

という声もあるようです。

もし「セブンティウイザン」が実話を元にしたマンガなのであれば、
こちらのニュースでしょうかねぇ〜?

ちょっとはっきりしたことがわからなかったので、
もしそのあたりの事実関係が分かる方は、コメントから情報の方お願いします!

スポンサーリンク

セブンティウイザンの感想

セブンティウイザンの感想をいくつか紹介します。

この記事の筆者の感想は、とにかく感動するので、
これから出産を控えている方や、子供がいる方には共感できる部分も多いので、
是非読んでほしい、と思います。

セブンティウイザンの通販

セブンティウイザンを通販でいち早く買って、
会社に持って行って自慢したい、という方や、何回も読み返して感動したい、
という方は、是非こちらから購入してみてください

まとめ

今回はズムサタで紹介された、泣ける高齢出産マンガ「セブンティウイザン」
についてまとめてみました。

本当に面白い作品なので、
ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

それでは最後までお読み頂き、ありがとうございます。
引き続き他の記事も、お楽しみください!

Pocket