Pocket

そろそろ冬も終わり、家の絨毯を夏物に変えたい季節ですね!

ワンシーズン使用した絨毯を片づける前に洗いたいけど、
クリーニングに持っていくのもなぁ、
と考えている方は必見です!

自宅のお風呂場をうまく活用することで、
きれいに洗うことができるのです!
多少手間かも知れませんが、
節約したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

絨毯を洗う前にすること


絨毯の素材をチェックしましょう!
表だけでなく、裏地の素材によっては
自宅での洗濯は不可能場合もございますので、要注意です!

また、掃除機など、大まかなごみは取ってから、
洗濯を行いましょうね!
 

洗える素材かチェック!

素材には天然繊維と、化学繊維があります。
天然素材には、綿やウール、麻などが含まれます。
化学繊維にはポリエステルやナイロン、
アクリルなどがあります、

基本的には、すべて家での洗濯は可能ですが、
ウールは虫に食べられやすい欠点があります。
洗濯して、そのまま片づけてしまうと、
少し危険ですので、保管方法に注意してくださいね!

また、取り外しできないホットカーペットタイプは、
丸洗い禁止ですので、要注意です!
 

絨毯の大きさは?

洗濯機の大きさにもよりますが、
蛇腹折りにして、洗濯機にぎゅうぎゅうになってしまう場合は、
あまりきれいに洗濯できないので、
お風呂場で洗うことをおすすめします。

また洗濯後、少なくとも2日ほどは
日干ししなければなりませんので、
干す場所を確保できない場合は、
クリーニング店に持っていくことをおすすめします。
 

コインランドリーという選択肢も。でも費用が…

コインランドリーでの絨毯洗濯は
平均で¥1000~¥2000かかります。
1時間ほどで完成いたしますが
少しでも安く済ませたいと思っている方には
結構な出費ですね。
クリーニングよりかは安いではありますが
節約したい方には
おすすめできません。

絨毯を洗う頻度について

家庭用の絨毯は
3ヶ月に1回が平均と言われておりますが、
専門家によると、1,2ヶ月に1回が妥当だと言われています。

こたつなどの下に敷く絨毯ですと、
多少汗などもかきますので
こまめな洗濯をおすすめします。

絨毯を洗う方法

自宅での絨毯掃除にはお風呂と洗濯機の2種類と、
部分シミの落とす方法があります。
基本的に1週間に1回ほどは、
中性洗剤を水で薄めて、
布で軽く表面を撫でるように拭き掃除をしましょう。

軽い水性の汚れは落ちますので、
最低限の掃除としてしてみましょう。
 

洗濯機で洗う方法


洗濯機で洗う場合、まずは絨毯を外で払い、
大まかなごみを取り払います。
それから、蛇腹折りにしてから、洗濯機に入れます!
基本的に、部分的なシミなどまで綺麗にすることは
難しいので、
目立つシミなどがある場合は、
後に紹介しますシミ取りを行ってから
洗濯機に入れてくださいね。
 

お風呂で洗う方法


お風呂場にお湯を溜め、足で踏む、
とても原始的なやり方です。
ここでポイントなのが、
洗濯洗剤を使わずにセスキ炭酸ソーダを
使用することです。

洗濯洗剤を使用すると、
洗い流すのに時間がかかりますので
少しでも手間を省きたい方は
ぜひ参考にしてみてください。

 

シミ取りの方法


ジュースなどの水性の汚れは
中性洗剤、または食器用洗剤で落とせます!
汚れ部分の水気は取ってから
水に薄めた洗剤を雑巾に含ませ、
汚れ部分に叩き込みます。
大体の汚れが取れてから、
固く絞った雑巾で泡と汚れを取ります。

そして、最後に乾いたタオルで拭いて完了です。

食べ物などの油性汚れの場合は
先程の作業の前にベンジンで
汚れを浮かせてから
中性洗剤での汚れ落とし作業に入ります。

絨毯の干し方


絨毯は分厚く、乾燥するまで
平均的に2日間ほどはかかるとされています。

中途半端にしか乾燥できていないと
保管する際に、すぐにカビが生えますので、
要注意です。

重曹の方法

重曹を使用した掃除方法には
2パターンありますので、
用途に応じて、参考にしてみてくださいね。

まずは、手軽にできる重曹水スプレーです。

重曹スプレーは、霧吹きに重曹1杯を入れるだけで完成です。
それを絨毯全体にスプレーし、
床用ドライシートで拭き取ります。
重曹には、汚れを吸収する力がありますので、
たったこれだけでも効果があります。

重曹スプレーには、脱臭の効果もありますので、
優れものですね!

次に、重曹をそのまま、ばら撒く方法です。

重曹は、水に溶かしていなくても、
汚れを吸収しますのでとても効果的です。
重曹スプレーよりも効果的ですので、
汚れが気になる方は、こちらの方がおすすめです。
重曹をそのままばら撒いた場合、
一晩は放置し、
翌日に掃除機で吸い取りましょう。
それで、完成です!

翌日に掃除機をかける余裕がある場合は
こちらの方法をおすすめします。

おすすめの洗剤や洗濯グッズ

セスキ炭酸ソーダお風呂で洗濯する場合、
洗濯用洗剤よりも洗い流しやすく、
重曹よりも水に溶けやすいので
とてもおすすめです。

そのまま粉状でも
水に溶かして、スプレーとしても使用できる、
掃除には欠かせないアイテムです。
絨毯だけでなく、
キッチン汚れなどにも使用できますので
一家に一個あってもいいのではないのでしょうか?

油性の部分汚れを落とすには最適な
ベンジンですが、
火気厳禁ですので、ホットカーペットなどには使用しないように
ご注意ください。

絨毯を自宅で洗濯するのは
少し苦労するかもしれませんが、
クリーニングや、コインランドリーに
持っていくことを考えると
サイズによっては楽な可能性もあります。

大きな汚れがない場合は、
自宅での洗濯に挑戦してみては
いかがでしょうか?

案外汚れが落ちるのが
気持ちよくて、ハマってしまうかもしれませんよ!

Pocket