Pocket

春も終わりに近づき、
楽しい夏祭りの季節がやってきます!

同級生の友達と行くのはもちろん、
もう高校生だし、
気になるあの子と行きたいな~
なんて思っている方は必見です!

スポンサーリンク

夏祭りで高校生の服装の注意点は?


夏祭りといえば浴衣ですね!
でも、たくさん歩くし、
公園や神社だと足元も悪く
下駄が心配…なんて方も多いのではないでしょうか?
浴衣でも私服でも
可愛いは作れますので、
ぜひ参考にしてみてください!

中学生までとの違い

高校生になり、中学生の時と違い、
行動範囲も広がり、
地元だけでなく色々なお祭りに行くことでしょう。
遠出をしてのお祭りは
普段より人も多いこともあり、
とても疲れます
ですので、歩きやすい服を選ぶことや、
飲み物などを持ち歩けるように
少し大きめのバッグを持っていくなど、
見た目だけでなく、
利便性も考慮した服装を意識してみても
いいのではないでしょうか?

色選び

もちろん、好みもありますが、
おすすめは、華やかな色です!
夏祭りと言えば、夜!
夜に地味な色を着ていては、
暗い印象になってしましますよ!

涼しげな、軽いカラーで
コーディネートを楽しんでみては
いかがでしょうか?

メイク

夏祭りはとても暑いです!

会った時はメイクばりばりだったのに
歩いてるうちに、ドロドロになっている!?
なんて恥ずかしいことにならないように
初めから少し薄めのメイクを
していくのもおすすめです!

またお手洗いへ行く際などに
こまめにチェックしましょうね!

ティッシュやあぶらとり紙は必須アイテムです!

髪型

服装によるとは思いますが、
夏は爽やかに結ぶスタイルが
鉄板スタイルだと思います!

髪の毛を結ぶ事で
ヘアアクセサリーで
夏祭り感を出せますね!
私服だけど、ヘアアクセだけ
浴衣風なんてものおすすめです!

パンツorスカート?

これも好みの話になりますが
何より、夏祭りは人込みです!!
ロングスカートはとても歩きづらく
危険です!
また、公園などでの祭りですと
汚れてしまう可能性が
とても高いです!
ですので、爽やかで涼しげですが
真っ白なパンツやスカートなどは
夏祭りには避けましょう!

履物は?

先程から何度も書いておりますが
夏祭りは足元が悪い場所が多いです!
ですので、下駄やヒールなどは
少し歩きづらいので
避けてもいいアイテムかもしれません。

もちろん、彼氏や少人数の友達となら
問題ないかもしれませんが
同級生大人数で!なんて時に
靴擦れしちゃった~なんてことになると
とても迷惑をかけてしまう可能性もあります。

楽しく夏祭りを回るために
少しだけ妥協してみるのも
ありかもしれませんね。

浴衣or私服?

これは、女子の定番の悩みですね!

好きな人と行くお祭りはもちろん、
友達同士で行くお祭りでも
浴衣を着たい気持ち
何歳になっても変わりません。

高校生にもなると、
浴衣の着こなしも楽しみたい子も多いでしょう!

夏祭りや花火大会の時に浴衣を着ないで
いつ着るの!!ってなりますよね…

歩きにくかったり、苦しかったり、
浴衣は苦労することが沢山あります。
ですが、それを我慢してでも着る価値は
存分にあります!
女の子の浴衣姿は無敵です!

好きな子と夏祭りへ行く予定の方は
浴衣で行くのも少し考えてみてはいかがでしょうか?
少し足が痛くなっても、
2人で行っていたら
一緒にゆっくり休憩してくれると思いますよ!

男子ウケ、女子ウケの秘訣

正直、男子ウケ女子ウケは全然違います!

トレンドを抑えたおしゃれな服を着て行っても
褒めてくれるのは女子だけ…なんてことは
よく聞く話です!

女性らしい服装が
男子ウケがいいのかと思っていたら
意外とラフなTシャツとショートパンツが
好きという男子が多いそうです!

夏祭りは、ロマンチックなものではなく
アウトドアな感じでとらえている男子が
意外と多いそうなので
あまり外しすぎた服装をしていかないように
注意しましょう!

スポンサーリンク

夏祭りの服装(私服)で人気のコーデ!


色々と服装の話をしてきましたが
具体的なお話をしていきましょう。

アイテムやコーディネート別に
説明していきますので参考にしてみてくださいね。
 

ワンピース

ワンピースと言っても
フリフリだたりロングだったりは
少し夏祭りのイメージから
離れすぎていますので、
これくらいカジュアル
ワンピースがおすすめです!

重ね着タイプのワンピースも
とてもおすすめです!
少しフリルがついていても
カジュアルに着こなせますので
少し女の子らしさは残しておきたい方には
おすすめのコーディネートです!

キャミソール

この夏もまだ流行る
ビスチェタイプのキャミソールは
とてもおすすめです!
女の子らしさを残しつつカジュアルに
トレンドを取り入れたスタイルですので
男子ウケも女子ウケも間違いなしでしょう。
 

スカート

 

スカートはミニ~ミディアム丈がおすすめ!
ダメージなどがはいっていない
デニムのミディアム丈のスカートは
Tシャツだけでなく
キレイめなトップスとの相性抜群ですので
程よくカジュアル感を残したい方には
とてもおすすめのアイテムです!
 

パンツ

パンツもスカート同様
ダメージの少ないものをお勧めします!

また、ハイウエストのデザインは
トップスをインすることで
女の子らしさがアップしますので、
おすすめのポイントです!

ショート丈は涼しく見えますので
夏祭りには外せないアイテムですね。
 

小物

夕方から始まる夏祭りは
はじめは明るくても太陽も沈み暗くなってきます。
暗い中での麦わら帽子は
少し違和感がありますので
無難にキャップなどがおすすめです。

スポンサーリンク

夏祭りの浴衣の着こなし方


やっぱり夏祭りには浴衣で行きたい!
そんな方は、浴衣を自分なりに着こなして
楽しんでみませんか?

家に浴衣、ないよ~って子も
3点セットなどで案外手軽に購入できますので
一度購入を検討してみてはいかがでしょうか?

浴衣コーデ!


浴衣も最近はいろいろなデザインが出てきています。
夏っぽい爽やかな柄はもちろん
レトロな雰囲気のデザインも多く、
近年大人気です!

とことんレトロを極めるのもいいですし、
あえてカジュアルアイテムの
カンカン帽やバッグ、サンダルなどを合わせて
浴衣なのに、私服のような感覚
コーディネートを楽しむのもおすすめです。

浴衣に合わせるバッグ


浴衣と言えば、和柄の生地が使われた巾着や
かごバッグなどが定番ですが、
あえて、カジュアルなコーディネートでも使える
かごバッグを浴衣と合わせて
持ってみてはいかがでしょうか?

もう高校生なんだし
周りと少し違うコーディネートを
楽しみたい!!って方は
ぜひ参考にしてみてください!
 

下駄

 

下駄は浴衣には欠かせないアイテムの
一つかもしれません。
少しアレンジを聞かせたい方は
サンダルなどとコーディネートしますが
浴衣ならではの下駄を楽しみたい!けど
鼻緒部分が痛くならないか心配…
そんな方は、下駄風のサンダルなども
ありますのでぜひチェックしてみてください。
下駄ならではの風合いは残したまま
独特の靴擦れなどがしにくい
デザインになっていますので
下駄は欠かせない方、必見です!

スポンサーリンク

夏祭りに着ていく服装で悩んでいた問題は
解決しましたか?

誰と行くか、どこに行くか、
それによって注意するポイント
変わってきますので、
少しでも楽しく夏祭りを過ごせるように
色々と配慮しながら
コーディネートを楽しんでくださいね!

Pocket