Pocket

ポケモンGOといえば、今や社会現象となったスマホ向けゲームですが、
今このゲームが引きこもり対策になると注目を浴び、
政治の著名人から言及されているようです。

内閣府の調査によると、現状で15歳~39歳の若者の「引きこもり」が
日本全体で50万人を超えているそうです。

厚生労働省は引きこもりの定義を、仕事や学校にいかず、かつ家族以外の人と
交流をほとんどとらず、6か月以上家に引きこもった状態の人、としています。

なんとかこの引きこもりの対策を講じようと様々な施策をとっているようですが、
本日菅官房長官が、またこの件について言及したようです。

菅官房長官の発言

この引きこもり対策について、菅義偉官房長官は8日記者会見で、
海外でもポケモンGOが引きこもりが外出するきっかけとなっているということについて、
因果関係はわかっていないが、最先端の技術も今後見極める必要がある、と言及した。

麻生太郎氏の発言

「精神科医が対処できなかったオタク、自宅引きこもりが外に出てポケモンをするようになった
と麻生太郎氏もポケモンGOについて高く評価している

まとめ

確かにゲームオタクと言われている人が、家から出ずにゲームをし続けて、
引きこもりを助長するケースは多いと思います。

そういう観点から、ゲーム好きの人が、ゲームを通して外出するきっかけになるということは、
いいことなのかもしれませんね。

ポケモンGOの経済効果については有名ですが、こんな意外なところに影響がでるとは思わなかったので、
まだまだ違った観点で良い影響がでてくるといいですね!

今後に期待です!

Pocket