Pocket

車を運転する人であれば、
渋滞に巻き込まれた経験が、
1度や2度はあるでしょう。

毎朝の通勤や、
週末に家族と旅行に行って、
長い渋滞にハマることも
珍しくありません。

ゴールデンウィークなど、
長期休暇となると、
みんなお出かけするので、
人気の観光スポットなどは、
大混雑です。

 

ですがそもそも、
なぜ、渋滞が起こるのか、
その原因をご存知でしょうか?

信号のない「高速道路」で、
なぜあれほど長い渋滞が
発生するのでしょう?

何とかなく、
先頭で何かが起こっていることは
想像がつくと思います。

 

そこで今回は、
渋滞が起こる原因について、
解説します。

渋滞対策や、
自分が渋滞の原因とならないためにも、
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

渋滞はなぜ起こる?渋滞の種類

渋滞
出典元:http://www.blogcdn.com/jp.autoblog.com/media/2013/06/628x410xaaamemorialdaytravel80cb543ec3b54ad1ac1dc8d3b61fa876jpgpagespeedicqpwwg6-wc4.jpg

車の渋滞は、交通の集中や
道路状況・交通条件によって
起こります。

渋滞が起こる原因は、
さまざまですが、
以下のような種類があります。

ボトルネック渋滞

ボトルネック渋滞は、
走行中のある地点において
その地点の交通容量を超える
車の流入が起きることで、
発生する渋滞です。

工事中の車線規制など、
急に道が細くなることが原因で
起きる渋滞のことをいいます。

 

ボトルネックとは、
ビンの首部分のことで、
ビンは、広い下部から
上部に向かっていくに連れ、
細くなっていきます。

そのビンの形を
道路になぞらえたものです。

 

つまり、
車の量が多すぎることで
起こる渋滞です。

特に交通量の多さが目立つ、
首都圏では起きやすい
といえます。

 

ボトルネック渋滞は、
車線がスムーズに
走行できなくなることで起こる
渋滞ですので、
広い意味合いでいえば、
大多数の渋滞が
ボトルネック渋滞に含まれます。

具体的には、
事故、工事、合流帯、サグ、
トンネルなどを原因とした
渋滞がそうです。

事故・工事渋滞

事故渋滞
出典元:http://www.shend-trend.com/wp-content/uploads/2016/06/cb552f239160069b71e28f8a0a9d5954-300×222.png

ご存知のとおり、
交通事故や工事によっても
渋滞は引き起こされます。

突発渋滞とも呼ばれる渋滞で、
事故や工事により、
ボトルネックが生じる渋滞です。

これは、
市街地でも高速道路でも同じで、
片側2車線の区間の一方で、
道路工事が行われていて、
片側1車線になった場合など
に起こります。

走行可能なスペースが狭くなって、
起きる渋滞です。

高速道路の渋滞

信号のない高速道路では、
なぜ、渋滞が起きるのでしょうか?

高速道路には、
インターチェンジ合流部や、
料金所が存在します。

その地点では、
渋滞は発生しやすいとされます。

 

インターチェンジ合流部では、
2車線の道路に、
1車線の車が合流してくるケースが
ほとんどです。

本線を走行中の車は、
合流してくる車に合わせて、
速度を下げることもあります。

すると、
急に車のスピードが落ちるので、
たちまち渋滞は
起こりやすくなります。

合流してくる車が増えると、
車線変更をする車も出てきますので、
高速道路全体の流れが
悪くなります。

 

また以前は
高速道路の料金所も、
車が停止したり、
減速したりするため、
渋滞が起こりやすかったのですが、
現在は、ETCの普及もあって、
あまり渋滞は起こらなくなってきた
ようです。

サグ部の渋滞

出典元:https://img.taishu.jp/images/contents/30/15130/1429256623441800.jpg

中には「サグ」という言葉を
聞いたことがないという人も
いるかもしれません。

サグとは、
高速道路に多く存在する
「下りから上りになるポイント
のことをいいます。

サグ部は、
渋滞の最大の原因とも
いわれるほど、
渋滞が起こりやすい場所です。

 

では、なぜ、
一見なにもないサグ部で
渋滞が起きるのでしょうか?

 

それには交通量と、
後続のブレーキ連鎖が関係しています。

下り区間は自ずとスピードが増すので、
前方の車と車間距離が近くなるときは
ブレーキをかけます。

前方の車が
下り区間を走り終えて、
上り区間に入ると、
自然と車の速度が下がりますので、
また、車間距離が縮まります。

それを見て、
後続車は再びブレーキをかけます。

 

車の交通量が多い場合は、
特に車間距離が狭くなるので、
頻繁にブレーキをかけることも
よくあります。

 

このように、
前方の車と一定の車間距離を
保ちたい心理が働くため、
サグ部では
渋滞が起こりやすいのです。

またブレーキの連鎖による渋滞
という点では、
トンネルでも同じことが起こります。

トンネルの入り口で、
急に暗いところに入る不安、
トンネルの圧迫感から
無意識にスピードを落とすことが
あります。

そうなると、
後続も次々にブレーキをかけるため、
渋滞の原因となります。

渋滞の先頭はどうなってる?

出典元:https://clicccar.com/wp-content/uploads/2013/04/2013jutai003-618×411.jpg

事故や工事などで渋滞している場合、
先頭は速度を落として走行しているなど、
状況がつかみやすいです。

では、
高速道路の何もないところで
渋滞が発生したときの先頭では
何が起こっているのでしょう?

不思議なことに、
何も起こっていない
というケースがあります。

先ほどのサグ部の渋滞がそうです。

 

サグ部の渋滞は、
前方の車が上り区間において、
速度低下に気がつかずに
走行を続けることで起こる、
ブレーキ連鎖による渋滞です。

先頭は、
その渋滞をつくる原因
といえます。

これが、
一目見て「上り」とわかる坂道であれば
誰もが気づくでしょう。

気がつかない原因は、
「ゆるい上り」であるからです。

先頭車両は、
徐々にスピードが落ちていき、
後続がブレーキをかけることで、
しだいに渋滞が発生します。

地点によっては、
目の錯覚により、
上っているのに下っていると
思い込んでしまう道路もあります。

気がつかないうちに、
自らが渋滞の原因をつくっている
こともありますので、
注意が必要ですね。

スポンサーリンク

渋滞が起きやすい時期

渋滞時期
出典元:http://toyokeizai.net/mwimgs/e/7/1140/img_e783303324e3da132c872ae163fd9261371345.jpg

首都高速道路株式会社によると、
「7月、8月、9月、11月、12月、3月」
が、特に渋滞が起きやすい時期
とされています。

夏休みやお盆の連休、
年末、年度末といった時期です。

実家への帰省や旅行、
観光する人たちが増える
シーズンといえます。

渋滞を少しでも回避したい場合は、
時間帯をすこしズラすと
いいようです。

首都高速道路株式会社の調査によると、
平日も土日も「13時~14時
の時間帯は、
比較的渋滞が少ないようです。

渋滞に便利!おすすめの車内グッズ

渋滞におすすめの車内グッズは眠気どめ

車の運転をしていると、
眠くなることもあります。

渋滞は、ほとんど車が動かず
単調な動作を繰り返すので、
なおさらでしょう。

カフェイン系の飲み物もいいですが、
トイレが近くなると困るという人も
いると思います。

トメルミンは、
水なし1錠で眠気に効く、
眠気どめです。

錠剤に含まれるカフェイン粒子は
水に溶けないコーティング。

コーヒーが苦手な人にも、
すっきりとのみやすい味です。

メントールとカフェインの
ダブル効果で眠気をさまして
くれます。

渋滞におすすめの車内グッズはネックピロー

長時間の渋滞に疲れて、
帰りの車内は一休みしたくなるときもあります。

そんなときネックピローがあると
長旅の疲れを軽減してくれるでしょう。

ピローの硬さは、
空気の注入量で調節できるので、
柔らかめ・かためなど、
自分の好みのかたさに
合わせることができます。

レジャーやアウトドアでも使えるので、
リラックスしたいときにも、
便利なグッズです。

空気を抜く音も静かですので、
夜行バスなど、
人の集まる場で使用する時も
気を遣わずにすみます。

渋滞におすすめの車内グッズは携帯用トイレ

渋滞でトイレに行けないときは、
苦しいものです。

そこで、
万が一のために準備しておきたいのが、
携帯トイレ。

大・小どちらにも使用できます。

使用後は吸水ポリマーが
瞬時に液体をジェル化してくれますので、
気になるニオイや漏れを
防いでくれます。

エチケット袋としても利用できるので、
お子さんの車酔いなど、
状況に合わせて使用できます。

男女兼用ですので、
一つあると安心のグッズです。

まとめ

渋滞が起こる原因は、
事故やインターチェンジ合流など、
はっきりとした現象もあれば、
サグ部のように、
何もないところから発生する
ものもあります。

知らず知らずのうちに、
自らが渋滞の原因をつくらないように、
運転中は気をつけたいものです。

車でお出かけの際は、
時間に余裕を持って出発されると、
渋滞対策になるしょうね。

Pocket