Pocket

北朝鮮のニュースが絶えない今日この頃。

海外旅行が好きな私でも
ちょっと敬遠するネタなのですが・・

これを機に北朝鮮について
理解を深めるのもいいかと思い
ひとつの国として
旅行の費用や
日本人に人気のスポットなどを
調査してみることにしました。

よろしければどうぞ最後まで
お付き合いくださいませ。

スポンサーリンク

旅行先の国が安全か調べる方法


海外旅行へ行く前に
必ずチェックしておきたいのは
行く先である国が
どの程度安全であるかということです。

まずは
未開の地への旅でも
有名な観光国であっても
日本よりは危険度が高いことを
必ず意識してください。

そのうえで
行先の国が今内戦中だったり
治安の乱れがあるかどうか
知っておく必要があります。

それを知るには
日本の外務省が作っている
『外務省海外安全ホームページ』
を見てみましょう。

外務省海外安全ホームぺージより

危険度1~4のレベルで
行先の国に内戦やストライキ
伝染病があるかどうかなど
内容も明記してあります。

北朝鮮は旅行先として安全か

それではさっそく北朝鮮の
海外旅行の安全度を見てみましょう。

●全土:「渡航を自粛してください。」(継続)

1 北朝鮮が核実験や弾道ミサイル発射を繰り返しています。こうした状況も踏まえ,拉致,核,ミサイルといった諸懸案の包括的な解決のために我が国がとるべき最も有効な手段は何か,という観点から,一連の我が国独自の対北朝鮮措置を実施しています(「我が国独自の対北朝鮮措置について」)。

2 その一環として,人的往来の規制措置,具体的には我が国から北朝鮮への渡航自粛要請が含まれています。

3 つきましては,目的のいかんを問わず,北朝鮮への渡航は自粛してください。

北朝鮮への旅行の費用

ここからは、
安全に旅行できる状態という前提で
北朝鮮への旅行プランを作ってみますね。

北朝鮮への旅行にはビザが必要

宿泊先や航空券をチェックする前に
必ずチェックしたいのが
ビザが必要かどうかということです。

ビザとは、海外へ行く際
その国に入国する資格があることを証明する
というものです。

ビザがなくても良い国というのは
ビザが免除されている国
ということになります。

北朝鮮はビザが免除されていませんので
外務省に渡航の目的を伝えて
渡航目的(観光・仕事など)のための
ビザを取らなくてはいけません。

海外渡航ビザ取得については
外務省のホームページで
申請書のダウンロードや
くわしい内容が書いてありますので
そちらを参考にしてください。

楽天市場 

北朝鮮への飛行機情報

北朝鮮への直行便はあるのか

現在、日本から北朝鮮への
直行便は出ていません。

北朝鮮へ行くためのルート

北朝鮮へ入国するには
中国やロシア経由で
平壌(ピョンヤン)へ行くことになります。

日本人に人気のスポット

【金日成広場】
ニュースでリポーターがいる場所!
ここで記念写真をとることができれば
現地リポーター気分で記念撮影しましょう♪

【万寿台大記念碑】
 インスタ映えを狙うならここ!
故キムイルソン主席の銅像と一緒に
「はい、チーズ!」

北朝鮮へのツアー

面倒な手続きはツアーにお任せしましょう。
平壌空港からガイドがついて
行きたいところを伝えれば
連れて行ってくれます。

気になる費用は
3泊4日で一人26万円~
人数によって
多少の値引きもあるようです。

日本でツアーを申し込んでおけば
安心して旅をすることができるでしょうたぶん。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ちょっとダークなネタでしたが
まじめに考えてみることで
海外旅行をする際の安全性を
改めて感じる良い機会になりました。

海外旅行に海外生活
経験してみて思うのは
やっぱり日本が一番!ということです。

日本ほど安全で
安心して過ごせるところは
世界中どこにもありません。
湿度も適度で、申し分ありません。

それに何といっても
食べ物が美味しい!

きれいな景色で
美味しい空気
だけど料理が味気ないと
だんだん気力がなくなってくるものです。

今朝の味噌汁は、とうふと油揚げと
小松菜のなんてことないお味噌汁ですが
やっぱり日本に生まれてよかったと
ひそかに思いながらいただきます。

Pocket