Pocket

キャンプの魅力は
何と言っても
自然を満喫できることですよね。

友達や家族と自然の中で
ご飯を食べたり、
お酒を飲んだり、
わいわい楽しめる時間は
日常では味わうことのできない
開放感に満ちています。

キャンプを存分に楽しむためには、
防寒対策や日焼け対策、
虫除けや汚れ対策など、
服装にも気をつける必要があります。

ですが「汚れるかも、、」
とはいえ、
若い男子は特に、
おしゃれもしたいですよね?

 

男子からすれば、
キャンプで女子に良いところを見せて
かっこいい」と思われたいのが、
心情です。

男女でキャンプに行けば、
普段と違う面が見えて、
関係性が一気に深まることも、
ありますからね。

 

キャンプでは、
行く季節や場所によって、
状況は異なりますが、
適切な服装を選んで、
おしゃれしたいものです。

 

そこで今回は、
キャンプ男子の服装について、
キャンプ初心者にもおすすめの
おしゃれな服装をご紹介いたします。

キャンプをおしゃれに
楽しむための服装をご提案していきますので、
ぜひ参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

キャンプの服装の基本

まず基本となる
キャンプの服装について、
押さえておきましょう!

キャンプの服装の注意点 防寒対策

防寒
出典元:https://suteki-mama7.com/wp-content/uploads/2017/04/annie-spratt-183419.jpg

冬や春はもちろん、
山の中は夏場でも気温の変化が激しいです。
昼間は暖かくても、
朝晩でグっと気温が下がり、
冷え込むことがあります。

特に雨に濡れて、
風にさらされると急激に体温が
下がります。

暖かい時期は、
半袖・短パンなど薄手の格好で
キャンプに行きたくなると思いますが、
風邪をひかないためにも、
着脱しやすい上着や厚手のものを
一緒に持っていきましょう。

キャンプの服装の注意点 虫対策

虫対策
出典元:https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=456×10000:format=jpg/path/s0a94405f1c920263/image/ib6817bf9bb58364a/version/1503305344/%E8%9A%8A%E5%8F%96%E3%82%8A%E7%B7%9A%E9%A6%99%E8%A3%8F%E6%8A%80.jpg

キャンプ場がある場所は、
森や川の近くと行ったところが
多くなります。

特に川の側は虫が多く、
蚊やヤブ蚊、アブ、ハチなどに、
刺されやすい環境なので、
注意が必要です。

 

男子の中には、
髪にワックスやムースなどの、
整髪料を使っている人も
多いと思いますが、
整髪料の匂いは、
花の香りと勘違いした虫が
寄ってくる原因に
なることがあります。

ですので、
キャンプに行く際は、
出来るだけ整髪料の使用を
控えることをおすすめします。

 

基本の対策としては、
長袖・長ズボンなど、
なるべく肌の露出が少ない服装を
するのがベストです。

持ち物としては、
虫よけスプレーや、
蚊取り線香もあるといいですね。

キャンプの服装の注意点 日焼け対策

日焼け止め
出典元:https://ax7.info/wp-content/uploads/2015/06/166176.jpg

夏場にキャンプする場合は、
日差しが強いので、
日焼けしやすいです。

 

「日焼けなんてどうってことない」と、
日焼けを甘くみていると、
後で痛い目に遭う可能性があります。

 

日焼けは、
太陽からの紫外線を浴びることで、
皮膚が炎症を起こしたり、
色が変化するものです。

紫外線によって、
皮膚の色素が増加したり、
やけど状態になることもあります。
場合によっては、
紫外線のUVBとUBAの作用により、
DNAが損傷して皮膚がんになる
こともあります。

 

また、日焼けが原因で、
熱中症を引き起こす可能性もあります。

 

夏場にキャンプに行く場合は、
日焼け止めはもちろん、
長袖や帽子などを着用して、
日焼け対策してから、
出かけしましょう。

キャンプの服装の注意点 素材選び

素材
出典元:http://door.abc-mart.net/wp-content/uploads/2017/05/main_goout-900×600.jpg

キャンプに行く際、
街中に行くのと同じような服装で
出かけがちですが、
素材選びも大事です。

キャンプでは、
速乾性に優れた化学繊維の服が
おすすめです。

 

汗をかいたり、水に濡れても、
乾きが速いので、
風邪をひきにくくなります。
同時に速乾性の速さは、
防寒対策にもなります。

 

服装の素材選びは、
バーベキューなど火を扱うときにも、
対策が必要です。

たき火をする際には、
火の粉が飛んでくることがあります。
たき火の火の粉で、
穴が開きにくい素材としては、
綿・コットンやウールなどが
ありますので、
意識して服装に取り入れましょう。

 

それとキャンプの服装は、
多少の汚れても気にならないものを、
選んでください。

キャンプはアウトドアですので、
十分気をつけていても、
うっかりウエアを汚してしまう
ことがあります。

バーベキューの準備中に
汚れてしまうこともありますので、
お気に入りの服や、
白い服装でキャンプに行くことは、
避けるのが無難です。

 

以上のキャンプの服装の基本を押さえて、
機能性もおしゃれも意識した
キャンプの服装を考えてみましょう。

スポンサーリンク

キャンプの服装で男子におすすめは?

キャンプの服装で、
男子におすすめのものをご紹介していきます。
初心者の方もぜひ参考にしてみてください。

キャンプの服装ではシェルジャケットが男子におすすめ!

ジャケットは一番に目がいきます。

ここに一番お金をかける、
という人も多いのではないでしょうか?

最初の見た目の印象で
アウトドア感を出したいなら、
上着にこだわるのもありです。

見た目もおしゃれで、
防水性・透湿性を備えた
ジャケット。

普通の服よりも
軽量に作られているので、
動きやすいのがいいですね。

フードは必要ないときには、
巻いて留めておけます。

体温調節ができる、
ベンチレーションを搭載している点が、
アウトドアならではですね。

一着持っていると、
キャンプやちょっとした外出などの時、
役に立つジャケットです。

キャンプの服装ではクライミングパンツが男子におすすめ!

アウトドアだけでなく、
普段づかいもできるパンツがほしい、
と思いませんか?

今は街中でも、
アウトドアファッションが
楽しめますしね。

キャンプからハイキング、
旅行まで幅広く使えるのが
嬉しいです。

耐久性に優れていて、
股下にクロッチパネルを施しているので、
足が上げやすく、動きやすいです。

二つのハンドポケットと、
バックポケットが付いているので、
携帯など小物も、
収納できるのが良いですね。

キャンプの服装ではアウトドアシューズが男子におすすめ!

アウトドアのシューズは、
色鮮やかなものが多いので、
履いているだけで、
印象に残りやすいです。

足元にまでこだわっていると、
グッとおしゃれな印象を
与えますね。

本格的なデザインでありながら、
街中でも使えるのがいいです。
普段使いもできますね。

キャンプをしていると、
足元に水がかかったり、
水たまりを踏んでしまうことも
あるかもしれません。

デザインがおしゃれなだけじゃなく、
通気性・速乾性の機能も
アウトドアシューズは優れているので、
おすすめですよ。

キャンプの服装ではアウトドアハットが男子におすすめ!

おしゃれで、
日焼け止め対策にもなって、
髪型も気にしなくていい、
ハットは男子にも人気ですね。

街中ではかぶれないけれど、
アウトドアに出かけるという理由で、
ハットにチャレンジしてみるのも、
いいかもしれません。

風の強い日でも、
ハットをあご紐で固定できるので、
飛ばされてしまう心配もありません。

ジャケットやパンツは高くて
手が出ないという人は、
小物1つでおしゃれに見せるのも
ありですね。

キャンプ初心者におすすめのおしゃれな服装は?

キャンプではNORRONAの服装がおしゃれ!

ノローナは、
「自然環境が厳しく過酷な
ノルウェーでも使用できる、
耐久性の高いアウトドア用具」
という思いから、
作り始められました。

アウトドアの機能性を追求して
作られた服ですので、
パフォーマンスはもちろん、
創造性、デザイン性も高く、
見た目もおしゃれで、
かっこいいです!

ジャケットやフリース、ザックなど、
様々なアイテムが出ていますね。

 

キャンプではTHE NORTH FACEの服装がおしゃれ!

アウトドア愛好家の中でも
定番の人気を誇るのが、
ノースフェイスです。

おしゃれに着こなせるアウトドアとして、
ジャケットやバックなど、
街中で着ている人も多数存在します。

キャンプ初心者で
「何を買って良いのかわからない」
という人は、
このブランドを持っておけば、
間違い無いでしょう。

見る人が見れば、
おしゃれだと気づきます!

 

キャンプではモンベルの服装がおしゃれ!

本格的なアウトドア用品の中では、
比較的、
リーズナブルな価格のブランドです。

商品のコンセプトが、
Function is Beauty(機能美)と、
Light & Fast(軽量と迅速)
ということから、
仲間内でキャンプをする分には
十分な機能を備えています。

手頃な価格で、
防寒、機能性に優れたアイテムがほしい、
だけど、
おしゃれな服装もしたい、
という人には
一押しのブランドです。

これからキャンプを始める、
キャンプ初心者にも最適です。

キャンプではマムートの服装がおしゃれ!

マンモスのマークが
印象的なブランドがマムートです。

スイスのブランドで、
創業当初はロープメーカーとして
スタートしました。

「Absolute alpine.
(すべては、アルパインのために)」
という理念のもとに、
過酷な山岳環境で命を守るために、
つくられた商品の数々は、
アウトドアのプロからも、
絶大な信頼を得ています。

高山で使用することを
目的に作られているので、
軽くて暖かく、
耐久撥水性にも優れています。

都会的な要素の中に、
マムートをMIXすれば、
アウトドア感のある着こなしに
なりますね。

キャンプではのコロンビアの服装がおしゃれ!

アウトドアで防水性、
防寒性などに優れたものといえば、
ゴアテックスが有名ですが、

コロンビアは、
濡れない・ムレないという
独自開発した『オムニテック
防水透湿機能を持っています。

紫外線から身体を守る機能
オムニシェイドは、
紫外線を最大98%防ぎます。

 

パッカブル仕様で、
コンパクトな収納が可能なので、
持ち運びも便利なのが魅力ですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

キャンプの服装は慣れていないと
悩むものですよね。初心者は特にです。

男子は女子と比べると、
色や服装のバリエーションが
少なかったりしますから。

 

キャンプの服装は、
防寒対策など機能的な面を
押さえつつ、
おしゃれなアイテム
取り入れることで、
自然の中で快適に楽しく、
過ごすことができます!

 

ぜひ、
おしゃれと機能性を備えた
アウトドアの服装の参考に
してみてくださいね。

最後までお読みいただき
ありがとうございました!

Pocket