Pocket


福岡ソフトバンクホークスがまた一人若手の抜擢を発表しました。
小澤怜史投手です。

しかも小澤投手、3軍で18試合投げただけで、
2軍での実績も全くないそうです。

そんな経験の浅い投手に1軍でのマウンドを任せて大丈夫なの?
小澤怜史投手とは一体どんな選手なの?

色々な憶測が飛び交います。

今回はそんな小澤怜史投手について、まとめてみました。
それではいってみましょう!

スポンサーリンク

小澤怜史のプロフィールや出身高校は?

それではまずは小澤怜史選手のプロフィールからいってみましょう!

小澤怜史(こざわ れいじ)投手の生年月日は、
1998年3月9日の(18歳)もうすぐ19歳ですね。

ひゃー!若いですね!
ちょっと前まで高校生だったんですね。今年のシーズンで2年目の、
2015年10月のドラフト会議で福岡ソフトバンクホークスがドラフト2位で獲得しました。

契約金は6000万円、年俸は700万円です。
出身は静岡県の三島市で、出身高校は日本大学三島高等学校です。

高校時代は、甲子園の経験はありませんが、
日大三島のエースとして活躍していました。

自己最速152キロのストレートが持ち味の速球投手ですね〜。

ソフトバンクは、若手も積極的に活用する傾向があるので、
今回実績のない小澤怜史投手の今後の活躍に期待して、1軍の抜擢だと思います。

しかし、同じようにソフトバンクはいい若手選手が揃っていますので、
ライバルは多いです。

2016年ドラ1の田中投手、2015年県岐商出身のドラ1高橋純平投手、
2014年ドラ1の松本投手
など、激戦区ですね〜。

今回は松本選手が腰の張りを訴えていることもあるようですが、
近々登板の機会が噂されています。

小澤怜史の成績は?

小澤怜史投手の成績は、当然2年目なので、
昨年の成績だけしかありませんが、3軍では、18試合に登板しました。

スポンサーリンク

成績は、3勝5敗2セーブで、防御率は4.81です。

そこまで良い成績とは言えませんが、
他の1軍投手にないポテンシャルは持っているようです。

あるスカウトの評価では、ドラ1の県岐商高橋選手より、
いいところもある、と言います。

コントロールもいいですし、たまに力があり、
何より持ち味のストレートの伸びが良いです。

今後に期待ですね。

小澤怜史の兄をチェック!

小澤怜史投手には一つ年上の兄がいるようです。

しかも怜史投手と同じ日大三島高校で、投手をしていました。
小澤拓馬さんというそうです。

拓馬さんは、現在日本大学に進学して、
野球も続けているようです。

このまま頑張っていけば、もしかしたら、
日大を卒業する頃にドラフトで選ばれて、将来的に兄弟対決!
なんてこともあるかもしれません。

小澤怜史に彼女はいる?

小澤怜史投手の彼女情報について調べてみました。

まだ彼女についての情報は出てきませんでした。
っていうか、高卒ルーキープロ1年目で彼女の情報が出てこなくて安心しました。

今はまだ野球に専念する時期でしょう。
しっかり成績を残し、実力もついてからいくらでも遊ぶ機会はあるはずです。

頑張って欲しいですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ドラフト1位〜2位のルーキーでの競争が見ものですよね〜。
誰がしっかり1軍レギュラーを掴み取るのか!?

小澤怜史投手にぜひ頑張ってもらいたいですね〜!

それでは最後までお読み頂き、ありがとうございます。
引き続き他の記事もお楽しみください!

Pocket