Pocket

Jリーグ・浦和レッズに所属する、
遠藤 航 選手。
リオ五輪出場を決めたU-23日本代表の
キャプテンに選ばれるなど、
若くして責任あるポジション
を任される逸材。

2018年のワールドカップに向けて、
遠藤 航選手のことがもっと知りたい!

守備やキックを武器にした
プレースタイルが評価される中、
プレーが下手?という声もちらほら。
気になるタトゥーやスパイクはどうなのか?

スポンサーリンク

遠藤 航のプロフィール

遠藤 航選手ですが、背番号「6」。
1993年2月9日生まれで、
出身は神奈川県横浜市戸塚区です。

身長 178cm、体重 75kg、
ポジションはDF。利き足は右足です。

経歴は、南戸塚中学校に入学し、
中学2年の時に
湘南ベルマーレU-18の練習に
参加したことがきっかけで、
監督の『チョウ・キジェ』さんと出会い
遠藤 航選手のサッカー人生は
大きく変わっていきます。

高校進学と同時に
湘南U-18へ入団することになります。

その後、キャプテンを任された
神奈川県選抜の国体で優勝に貢献し、
湘南ベルマーレの2種登録選手となっていきます。

浦和レッズに移籍したのは2015年で、
自身のレベルアップを目的としてのことです。

何度も日本代表に選出されていて、
2016 年には
リオデジャネイロオリンピックにも出場。
フルで予選3試合に出ている人材です。

遠藤 航 選手は、宇佐美選手や柴崎選手
と同世代でありプラチナ世代
呼ばれていますね。

プレースタイル

出典元:https://www.jleague.jp/img/photo/2016/03/00014021.jpgs

藤 航 選手のプレースタイルですが、
身長178cmと
決して高くはない体格ながら、
ヘディングが強く、
センターバックを務めます。

ですが、
その比較的低い身長を補って
あまりある程の、ジャンプ力があり、
空中戦に力強さを発揮する選手です。

「U-23日本代表」ではボランチを務めるなど、
守備的なポジションはほとんどこなせる
のが魅力です。

サイドバックもやった事がありますよね。

ボディバランスに優れていて、
フィジカルも強いので大きい外国人との
迫合い勝負にも強さを発揮します。

守備だけでなく攻撃的なポジションもこなせることで、
チームに必須の選手です!

攻撃時には、ロングフィードや縦パスを繰り出し、
その高いキック精度で、攻撃を生み出すプレーヤーです。
そのキック精度の高さから、PKのキッカーやれる選手です。

スポンサーリンク

下手?

出典元:http://jr-soccer.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/01/0804endowataru-600×400.jpg

遠藤 航選手は、
期待される若手の一人でありながら、
一方でサッカーが下手という声も聞こえてきます。

ですが、日本代表に選ばれて
しかもキャプテンを任されている人が
下手なわけない気がしますけどね。

こういう「下手だな」という話が出たのは、
遠藤 航選手が試合で
コンタクトミスやパスミスなど、
イージーな失点を何度かしていること
が原因でしょうね。

ですが、遠藤 航選手といえば、
日本代表の長谷部 誠 氏と比較されて、
次代の長谷部
とも言われている人ですから、
やはり実力がないとサッカー界で
生き残ってはいないはずです。

 

スパイク

出典元:https://pbs.twimg.com/media/DJmIVihX0AAPMRX.jpg

 

 

 

遠藤 航選手は、
試合中に使うスパイクにもこだわりがあります。
当然ですね。

ボールを取りに行き、
相手選手の動きにしっかりついて行く
素早い動作に対応するには、
為にも、スパイクの性能は大事にされているようです。

 

タトゥー

出典元:https://img.footballchannel.jp/wordpress/assets/2017/06/en_getty-560×373.jpg

 

遠藤 航選手ですが、
タトゥーをしているのではないか?という噂があります。

ですが、そういった情報は見つかりませんでした。

おそらく海外のスター選手で、
自身にタトゥーを入れている選手が多いので
その影響から遠藤 航選手も
タトゥーを入れているのではないか?
という噂が立ったのではないかと思います。

天才」と呼ばれるスーパースター
メッシがタトゥーを入れていますからね。

 

出典元:http://www.kickoff.com/chops/images/resized/main/ee1d6101066a1f81abe87f006cd66e84.jpg

ちなみにメッシがこれまで入れてたタトゥーは、
家族、フットボール、宗教と自身の人生を象徴する
大きい意味のものだそうです。

 

まとめ

守備的なポジションから一転して、
攻めの起点となる
遠藤 航選手のプレースタイル。

決して派手さはありませんが、
チームには欠かせない存在ですね。

まだまだ伸び代のある選手だけに
今後も期待大です!!

 

Pocket