Pocket

今日のはてな?は
スポーツの秋ということで
ランニングプロデューサーの
坂本雄次さんについて
お伝えしていきますね。

今各地で行われるマラソンイベント。
3キロ、5キロ、10キロと
短めのコースもあって
マラソン初心者でも気軽に
参加できるんですよね。

中には
いつかはハワイのホノルルマラソン!とか
フルマラソン完走を夢見て
走っている方も多いのではないでしょうか。

坂本雄次さんは
24時間テレビでブルゾンちえみさんの
マラソントレーナーを務めた
プロのトレーナーです。

その坂本雄次さん。
家がものすごい豪邸で
会社もスゴイらしいとのうわさ。

どんな風にスゴイのか?
坂本雄次とはどんな人なのか??
調査してみました。

スポンサーリンク

坂本雄次さん

マラソントレーナー&社長

実業団の陸上部で監督を15年務めた後、
各種のスポーツ大会を企画運営する会社を設立
日本テレビ「24時間テレビ」には1992年の立ち上げから携わり
数々のランナーを指導、完走に導いてきた。
参考 https://tv.yahoo.co.jp/program/36810435/

プロフィール


生年月日 1947年10月26日 70歳
出身地  神奈川県茅ヶ崎市

坂本雄次さんのアメーバブログ
『はしりごとブログ』によると

趣味 スポーツ全般観戦・映画鑑賞・旅行
長所 物事をあきらめないこと
短所 食が細いこと
座右の銘『邂逅(かいこう)と謝念(しゃねん)』

邂逅とは、思いがけない出会いのこと。
簡単に言えば『出会いと感謝』ですね。

家族に関しては
会社設立当時から共にしている
奥さんがいて、
子供はいないそうです。

坂本雄次さんは現在70歳。
腰椎などの手術を
これまで3回受けていて
「サイボーグみたいな腰になってしまった。」
とブログで語っています。

それでも筋トレなどで体を調整して
今年の24時間テレビでは
ブルゾンちえみさんのコーチとして
並走していました。

そして
坂本雄次さんは、
プロのトレーナーというだけではなく、
『株式会社ランナーズウェルネス』の社長
でもあります。

会社や豪邸がすごいらしい

株式会社ランナーズウェルネスの社長

株式会社ランナーズウェルネスは
坂本雄次さんが経営する会社で
1993年に設立されています。

マラソンの企画・運営をしていて
マラソン大会のほかにも
健康的に走るための教室などを
幅広く行っています。

24年前に設立された当時
マラソンの大会というのは
ある程度決まった大会があるのみでした。

気軽に参加できる
イベントのようなマラソン大会という
今のようなスタイルを作ったのは
坂本雄次さんはじめ
株式会社ランナーズウェルネスの
おかげかもしれませんね。

今後ますます成長していく
可能性のある会社であることは
間違いありません。

2億円の豪邸

社長でありマラソントレーナーでもある
坂本雄次さん。
今年で25年目を迎える
24時間テレビのマラソン企画を立ち上げたのも
坂本さんなんだそうです。

24時間テレビは
愛は地球を救う
というチャリティー番組ですが
番組出演者の高額なギャラは
毎年注目されていますよね。

第1回からマラソントレーナーとして
番組に携わってきた
坂本さんも
一体いくらもらっているのかというのが
気になるところです。

ある取材によると、
24時間テレビで支払われるのは
コーチ料として200万円ほど。

ランナーになったタレントの
時間に合わせて
つきっきりでコーチしてこの金額。
意外と少ないかも?と思われますが
講演依頼が殺到したり
マラソンブームも浸透してきて
その収入は右肩上がりのようです。

週刊誌もそのへんに気づいたらしく
箱根の一角にある豪邸が
坂本さんのものであることを突きとめます。

週刊誌によると
その豪邸は
およそ2億円といわれていました。

200キロ走れる独自の走法

間寛平さんとウルトラマラソン

24時間テレビのマラソン
記念すべき第1回目の走者は
間寛平さん。

現在は
『地球1周 寛平アースマラソン』
など、世界中を走っているのですが
今でも坂本さんが協力して
走っているんだそうです。

アースマラソンでは
100キロ、200キロを走っています。
例えばギリシャでは246キロ!
フルマラソンが42.195キロですから、
もはや超人級。

そのような超長距離を走ることは
『ウルトラマラソン』
と言われていて
坂本雄次さんは著書でも
その魅力について語っています。

楽天市場 ウルトラマラソンのすすめ 

誰でも出来るマラソン完走法

坂本雄二さんは、独特の走り方を
教えています。

それは『すり足』走法。
古武術の走り方を取り入れ
体への負担を最小限に抑えた
走り方です。

見た目はちょっと
不思議な感じなのですが
今最先端の走り方として
日本代表選手も取り入れています。

楽天市場 ゼロからのフルマラソン 

坂本雄次さんは
日本のプロ走者をコーチする
だけでなく
初心者向けのマラソンの本も
出しています。

スポンサーリンク

まとめ

人間って、
何百キロも走れるものなんだな~と
変なところに感心してしまったのですが

江戸時代ぐらいまでは
足軽とかいたわけで、
山の中を走っていたんですよね。

足軽の人はきっとみんな
『すり足』だったんだろうなあ・・

古くて新しいマラソンの走法で
楽しく走って
いつかはフルマラソンに
チャレンジしてみたいですね!

Pocket