Pocket

2017年11月22日に放送される、
「笑ってコラえて!浮かれたオヤジ祭SP」
で、プロゲーマーの谷口 一さんが、
紹介されます!

全国の「谷口」という苗字の中でも、
すごーい谷口さんとして、
選ばれました。

東京大学を出ていながら、
プロゲーマーの道を選んだ、
谷口一さんとは、
どんな人なんでしょうね?

気になったので調べてみました!

プロゲーマーになった経緯や、
年収も気になります!

スポンサーリンク

谷口 一 プロフィール

ときど
出典元:http://neokawaguchi.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/01/Talk_160204_1.jpg

名前:谷口 一(たにぐち はじめ)

生年月日:1985年

出身地:沖縄県那覇市生まれ

谷口一さんですが、
プロゲーマー名として、
『ときど』を名乗っています。

谷口一さんの生まれは、
沖縄県那覇市ですが、
育ったのは、神奈川県横浜市です。

中学校は、あの超難関校
麻布中学校を出ています!
偏差値は76 ということで、
東京都の中学偏差値ランキングでも、
トップクラスのエリート中学です。

麻布中学校は、中高一貫の私立で、
谷口一さんは、
そのまま麻布高校に進学しています。

谷口一さんは、
いわゆる「お受験」を経験している
ということなんですね。

お受験は、子どもも大変ですが、
親も子どもに勉強させたり、
お手伝いさせたりと大変なので、
親の受験とも呼ばれますね。

学校の下調べから、各種情報集め、
必要書類を準備するのは、
親がやらないといけませんからね。

子どもは、
受験の意味もよく分からないですし、
嫌がる子も当然いますからね。

どちらかというと今は、
コミュニケーション能力とか、
自発的に考える力なんかが、
会社の人事部にも、
評価されていますよね。

豊富な知識を持っているとか、
暗記が得意というのは、
ロボットが代わりにやる世の中
になりました。

勉強だけが全てではないですよね。

そうは言っても、
学力はあった方が良いですから、
やっぱり勉強も大事になりますね。

東京大学出身

東大
出典元:http://todai-sumai.com/cl_img/img_list/1359/33650.jpg

プロゲーマーの谷口一さんは、
東京大学のご出身です。

学部学科は、
東京大学工学部マテリアル工学科に、
進学されています。

専門で研究していたのは、
バイオマテリアルだそうです。

「バイオマテリアル?」
なんか素人には難しそうですね。

気になって調べてみた所、
案外、私たちにとって身近なものでした。

バイオマテリアルというのは、
医療・歯療など分野において、
主に、私たちような体(バイオ)に
移植することを目的とした、
材料(マテリアル)ということでした。

つまり、病院や歯医者さんで使う、
人工関節、人工歯根、人工血管などの
材料です。

それらの研究をしていたみたいですね。

その後、谷口一さんは、
東京大学大学院に進学しますが、
中途退学しています。

プロゲーマーになった理由

ときど
出典元:https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20160101001003_comm.jpg

普通、東京大学を卒業して、
プロゲーマーになろうとは、
なかなか思わないですよね?

いったい何が、谷口一さんにそうさせた
のでしょうか?

きっかけは、
大学院受験の失敗だそうです。

希望の研究室に行けなかったことで、
大学院を辞めて、公務員試験 を受けようか
考えていたとき、谷口一さんと同じ、
有名ゲーマーの梅原大吾氏が、
プロゲーマーになることを知りました。

その影響から、
プロゲーマー『ときど』として、
大好きなゲームの世界で生きていくことに
決めたそうです!

谷口一さん(ときど)は、
2014年に著書
「東大卒プロゲーマー 論理は結局、
情熱にかなわない」

を出版されています。

そこで語っていますが、谷口一さんは、
情熱をとても大事にしているようです。

ゲームに生きることを決めたのも、
自分が情熱を燃やせる仕事を選んだ、
ということです。

「なぜ、東大を出ていながらプロゲーマー?」
と聞かれることも多いようですが、
谷口一さんにとって、
一番、情熱を注げる仕事がゲームだった。

つまり、プロゲーマーだった
ということなんですね。

スポンサーリンク

年収は?

ときど年収
出典元:http://cdc.jp/cdc_wp/wp-content/uploads/2015/12/1602_talk_taniguchi_400_01.jpg

プロゲーマーの年収がどれくらいなのか、
気になりますよね?

谷口一(ときど)さんの
正確な年収は分かりませんが、
現在、アメリカのチームに所属 していて、
そこから、月々スポンサー料の収入があるそうです。

生活に困らないくらいはあるみたいなので、
月々20〜30万円くらいはあるんですかね?

ちなみに、日本のプロゲーマーの平均年収は、
400万前後という話です。

ただ、ときど氏の場合、
大会の優勝賞金もあります。

17歳の時は、
アメリカ・ラスベガスで開催された
EVO大会で優勝しています!

ほか優勝歴として

World Game Cup 2013優勝

EVO2013準優勝

Id global Tounament 2014優勝

などがあります。

Evolution2017」の優勝賞金は、
約400万円 だそうで、
この額は大会の中でも大きい額になります。

おそらく年収としては、
スポンサー収入、イベント出演、ネット配信
などなどが入って、
1000万クラスではないかという話ですね。

まとめ

今回は、プロゲーマー 『ときど』こと、
谷口一さんをご紹介いたしました。

東大を出ていても、行き着いた先は、
自分が情熱を持てる仕事だったんですね。
成功する確証なんてない
プロゲーマーの世界。

そこに挑戦する姿がかっこいいですね!

Pocket