向山恵理子(アニャンゴ)のプロフィールや経歴は?父向山洋一とは誰?

この記事は2分で読めます

Pocket

「2017年実はこの人・・・世界オンリーワン」に世界初の女性ニャニティ、
アニャンゴこと、向山恵理子さんが出演しました!

ニャニティ?アニャンゴ?聞き慣れない言葉ですね。
でもアフリカ・ケニアでは超有名人で、知名度はほぼ100%だとか!?

ニャニティ」とは8本の弦からなるルオの民族楽器で、
アニャンゴ」とはそのルオ族の女性の名前で、
午前中に生まれた女の子」を意味するそうですよ。

今回はこの向山恵理子さん(アニャンゴ)について、
調べてみました。

それではいってみましょう!

スポンサーリンク

向山恵理子(アニャンゴ)のプロフィールや経歴は?

向山恵理子さんは1981年生まれの35歳で、出身は東京都品川区です。
青山学院の中等部・高等部をエスカレーター式に上がり、
青山学院大学の文学部を卒業しています。

アフリカのケニアの山奥とは程遠いイメージの都会生まれ、
都会育ちのお嬢様ですね〜。

高校時代から歌手を目指していて、
バンド「大華」のリーダー兼ボーカルを務めていたそうです。

お父さんは小学校教諭で向山洋一さん。
お母さんは教育学者ですね。

裕福な家庭の一人娘として育ち、幼少の頃からピアノやバレエを習わせてもらったそうです。
そんなお嬢様がなぜケニアでニャニティの演奏者になったのか?

2001年に音楽修行のため、アメリカに渡ったそうです。
しかし、9・11のニューヨーク同時多発テロ事件に遭遇して、帰国を余儀なくされたそう。

日本に帰国したアニャンゴは、偶然ケニアの音楽に出会い、
パーカッションの練習に明け暮れたそうです。

そしてその3年後となる2004年には周りの反対を押し切り、
ケニアの渡り、ルオ族の民族楽器ニャニティと出会ったそうです。

向山恵理子さんはとてつもない行動力で、いろんな場所に渡り、
これだと思ったものに熱中する根気も持ち合わせているようですね。

ニャニティの第一人者にニャニティを習うために、
電気も水道もない村で生活をして、約8ヶ月に渡る指導を受け、
女性として、初めてニャニティの演奏家の免許をもらうことに成功しました。

ケニアのテレビやラジオ・新聞等で大きく報道され、ケニアでは大人気となったようですね。
ニャニティのコンサートに人はごった返しました。

Newsweekによる「世界が尊敬する日本人100人」にも選ばれました。

向山恵理子の父親向山洋一とは?

スポンサーリンク

向山恵理子さんの父親向山洋一さんとはどんな人なんでしょうか?
ちょっと調べてみました。

東京学芸大学の社会科を卒業し、東京都大田区の大森小学校などの教諭を務めていました。
NHK「クイズ面白ゼミナール」教科書問題作成委員や千葉大学の非常勤講師なども務めました。

とても有名な教育者だったんですね!

教諭を退職後はTOSSの運営に力を入れているようです。
学級崩壊モンスターペアレントなどの教育用語は洋一さんが考案したそうですよ。

向山恵理子の著書

向山恵理子さん著作の「夢をつかむ法則」はアマゾンのノンフィクション部門で1位になりました。
こちらですね。

こちらは新しい著書、「もっと遠くへ」です。

まとめ

今回はニャニティ奏者、向山恵理子さんについてまとめてみました。
最後までお読み頂き、ありがとうございます。

Pocket

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オモシロ動画

  1. キュン死注意!

プロフィール : けにー

こんにちは、管理人のけにーです。
愛知県在住の30代です。

当サイトでは、みんなが気になる世の中の疑問(はてな)をピックアップ!そして個人的な意見も交えながら、はてなを一つ一つ解消していくブログです。

芸能人やスポーツ、ニュースやイベントなど、幅広いジャンルの話題の情報を提供しています。気になるジャンルをチョイスして、お楽しみくださいね!