Pocket


ZIPのそらとセレイナの二人旅で、伊豆市修善寺にある温泉街が紹介されましたね!
とても綺麗でのどかな街で行ってみたくなりました〜。

そして番組ではふとセレイナさんが見つけた店舗(工房?)に入って行って、
紙切りの切り絵をその場で作ってもらい、できた作品を見て、
思わずセレイナさんが涙してしまう場面がありました。

今回は伊豆修善寺にあるその店舗や作家さんについて調べてみました。
それではいってみましょう!

スポンサーリンク

紙切り似顔絵の店舗の場所は?

今回ZIPで紹介された店舗について紹介します。

セレイナとそらが入っていった店舗は、「カルノ造舟」といって、
伊豆市を中心に活躍されている作家さんが集まる共同店舗になります。

今回紹介された紙切りだけでなく、家具や木工、染物の作家さんもいるそうですよ。
細く裂いた布でコースターを織る、「裂折り体験」などは普段なかなか体験できないのでおすすめです。

隣の「修善寺no洋食屋」のオーナー岡田さんが、
親交のある作家さんたちに声をかけて作ったそうです。


こちらのおしゃれな洋食屋さんですね。
なにを食べてもうまい、と話題のようですよ〜。

カルノ造舟

共同店舗の場所や連絡先はこちらです。
気になるものがあったら是非問い合わせしてみてくださいね♪

住所:〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺697-1
電話番号:0558−99−9006
営業時間:11時から15時
定休日:毎週水曜日、第1第3木曜日
E-mail:karuno.zousen@gmail.com

地図: 

作家水口千令(ちはる)について

こちらで紙切り似顔絵を作ってくれる作家の方は、
水口千令(ちはる)さんといいます。


こちらが水口さんの写真になります。
綺麗な方ですよね。

1983年静岡県伊豆市に生まれ、女子美術大学の短期学部を卒業。
家事を手伝いや病院勤務をしながら、紙切りを独自で研究して、生業にします。

現在は活動歴11年になり、教育活動を中心に、近くの小学校の文化祭などで公演を行ったり、
授業の講師やイベント講師、本の制作などを行っています。

そして共同で営むギャラリー「カルノ造舟」では、
月に数回似顔絵切り絵を作っています。

ギャラリーにいる日は、前月までにご自身のブログで告知しているそうで、
ちなみに2017年2月は4日・5日・11日・17日・26日に滞在するそうですので、要チェックですよ〜!

テレビに取り上げられるのは、今回が初めてではなく、
静岡ローカルの番組などでも度々出演しているようです。

水口千令の作品は?

スポンサーリンク

水口さんの作品は、「心を込めて手から手へ」「話をしながら一枚の紙で繋がるようにつくる」
という信条のもと、作っているそうです。

どこかあったかい感じがして、思わずセレイナも泣いてしまったは、
一つ一つの作品に心がこもっていて、それが伝わったのかもしれませんね。

こちらがZIPで披露した水口さんの作品です。

素晴らしい作品ですよね!

どこか懐かしい、昭和を感じるような気がするのは、私だけでしょうか。

似顔絵シルエットの料金

「カルノ造舟」では、紙切りでの似顔絵シルエットを、一人700円、二人で1400円で作ってくれます。
ハサミ一本で、その場で5分程度で作ってくれるそうですよ。

二人というのは、一枚の紙に二人を繋げて作ってくれるそうなので、
カップルなんかは是非二人で作ってもらいたいところですよね( ^ω^ )

写真から似顔絵シルエットを作ることもできますし、
誰かのプレゼント用に作ってもらってもいいかもしれませんね♪

詳しくは事前に電話かE-mailで問い合わせしてから、
伺った方が無難かもしれませんね。

まとめ

今回は紙切り似顔絵の水口千令さんや、カルノ造舟についてまとめてみました。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

Pocket