Pocket


「プロフェッショナル 仕事の流儀」に動物写真家岩合光昭さんが登場します!

空前のネコブームの到来の火付け役者として今最も注目されているのが、この岩合光昭さんです。

写真集は大ヒット、写真展覧会は長蛇の列

その訳は一体どんなところにあるんでしょうか!?

また今回はそんな岩合光昭さんのもっとプライベートな部分、結婚や子供についてや、使用している撮影機材などについてもチェックしてみました!

それではいってみましょう!

スポンサーリンク

岩合光昭のプロフィールや経歴

まずは岩合光昭(いわごう みつあき)さんのプロフィールから行ってみましょう!


岩合光昭さんは東京都の出身で、生年月日は1950年11月27日の現在66歳になります。

岩合光昭さんのお父さん、岩合徳光さんも同じく動物写真家として活躍されていました。

元々はその助手としてお手伝いとしてガラパゴス諸島に行った時に、自分も動物写真家としてやってみようと思ったそうです。

そしてその後、1982年から1984年にアフリカのタンザニアで長期滞在して撮影した写真集「おきて」が世界中で15万部売れ、ベストセラーになりました。

これがきっかけで岩合光昭さんの知名度はどんどん上がっていくことになります。

岩合光昭さんの出身高校は法政大学第二高校、出身大学は法政大学経済学部を卒業しています。

法政大学といえば東京6大学の一つで、早稲田・慶応と並ぶかなり偏差値的にも高い学校なので、元々頭はよかったんでしょうね〜!

そして動物写真家としてどんどん世に作品を出していく中、ナショナルジオグラフィック誌に二度も表紙を飾るなど、世界に実力を認められていく岩合さん。

世界各地を渡り歩きながら、様々な野生動物の写真を撮っています。

そんな中でも岩合さんの作品の中でも特に多いのが、「猫」の作品です。

こちらの「世界ネコ歩き」はあまりにも有名ですし、その他にもたくさんのネコ写真集を出してきました。


岩合さんの撮影するネコ写真はなんとも愛らしくて、癒されますよね〜。可愛いです!

岩合光昭の撮影機材やカメラ機種は?

岩合光昭さんの写真は本当に素晴らしい!

写真展に行かれた方なんかは、こんなに素晴らしい写真をどんなカメラで撮ってるんだろう?と気になった方も多いんじゃないでしょうか?

そこで岩合光昭さんの使用している撮影機材やカメラの機種を調査してみました。

岩合光昭さんご愛用のカメラは、「OLYMPUS」の「ミラーレス一眼OLYMPUS OM-D E-M1」です!

スリムなボディながら、シャッター速度が1/8000まで引き上げられています。コンパクトながら、デザインも良く、かなり使いやすいようですよ!

そしてこのカメラ機種の売りはやっぱり防塵・防滴なところ。岩合さんはかなりいろんなところに行って撮影するので、壊れやすいカメラは使えないんでしょうね〜。

他にも、Nikon D3系やCanon 1D系も使い分けされているようですよ。


こちらが岩合光昭さん愛用のズームレンズです。

どれもこれもお高いですね〜!まあこれで飯を食っているプロなので、これが高いのか安いのかわかりませんが。

しかし、岩合光昭さんみたいな写真をどうしても撮りたいという方は、必ずこれらの高い機材を買わないといけないかというと、そうではないようです。

岩合さんも、「一眼レフにはさすがに劣りますが、スマホでも十分綺麗に撮れますよ〜」と話しているようです。

スポンサーリンク

岩合光昭は結婚して嫁や子供はいる?

岩合光昭さんはご結婚されているんでしょうか?気になったので調べてみました。

岩合光昭さんは1975年にご結婚されていて、岩合日出子さんという方が奥さんのようです。

光昭さんと一緒に本も出されている著作家の方のようですね。

そして、1977年には第一子も授かっていて、どうやら薫さんという娘さんのようですね。

年齢的にも40歳ぐらいなので、そろそろ孫なんかもいるんでしょうか〜?

タンザニアやオーストラリアの撮影には家族も同行したようです。

すごい羨ましいですね!

綺麗な場所を巡る撮影旅行なんて一度でいいからしてみたい!しかもそれが仕事なんて・・・。

岩合光昭さん本人は仕事なので楽しむどころではないかもしれませんが、娘さんはさぞ楽しかったでしょう!

まとめ

今回は動物写真家の岩合光昭さんについてまとめてみました。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。引き続き他の記事も、お楽しみください!

〜〜関連記事〜〜
皆川明は嫁のイイノナホと離婚してる?自宅や子供についても調査!
大島芳彦(建築家)のプロフィールは?結婚や年収も気になる!

Pocket