Pocket

お墓は永遠に子孫が継いでいくものだ
と思っていましたが、今では、子供も
少なくなり、親戚づきあいも減り、
お墓の維持が悩ましくなりましたね。

子供がいない夫婦で、墓は今後誰が見るのか
・・・子供が遠くに住んでいて、なかなか
墓の世話に帰ってこれない・・・など事情は
様々。

「墓じまい」をして墓石を処分する
お墓の墓」があるそう。どういう手順で
墓じまいをするのでしょうか?

お墓を持たない、散骨のやり方とは?
誰もが考えないといけないお墓の問題について
チェックして見ました。

〜関連記事〜
枡野俊明の家族や経歴は?4時半起床でそうじを!建功寺の講演会とは?

骨ストレッチのやり方や効果は?腰痛や股関節の悩みにオススメ!

スポンサーリンク

墓のお墓

ご先祖様のお墓を大切にしないといけない
のはわかっているけど、自分で墓の面倒を
見ることができない、

自分が死んだ後、無縁墓になってしまったら
どうしよう?

今のうちにお墓の今後を考えなくては、、、
というので自分の生きているうちにお墓を
処分したいという人が増えているんだそう。

無縁墓になってしまうと、
引き取り手のない墓石は通常、石材店から
専門業者に渡り砕石された後、道路整備
などに再利用されるのが一般的なんだとか。

無縁墓になる前に、墓じまいのやり方を
知っておきましょう。

スポンサーリンク

墓じまいのやり方


墓じまいのやり方は、
埋葬されていた先祖の遺骨は取り出し
世話をする人の近くにお墓を買ってそこに
改葬
する、

あるいは寺院などがずっと供養をしてくれる
「永代供養墓」に改葬
する、
など、ご遺骨の「改葬」移すが含まれる
ことになります。

移さずに散骨する場合は、注意点があるので
次の項でお伝えしますね。

まず、墓じまいを考えるときの手順は、

1. 親戚に相談する

2. 寺院に相談する
早めに相談を始めないと、トラブルになり「離檀料」という名目で高額のお金を要求されることもあるそうです。

3. 遺骨の行き先を決める

4. 改葬の手続きをする

遺骨を移動すること「改葬」には、
市区町村の役所が発行する「改葬許可証」が
必要。

5. 石材店を決定する
墓石を撤去し、墓所を整地して、更地の状態
で管理者(寺院)へ返却しなければならない
ので、それを依頼する石材店を選ぶ。

6. 遺骨を取り出す

7. 墓石の撤去工事を行う

早いケースでは1ヶ月くらいで手際よく
行う人もいますが、親戚や寺院との話し合い
が長引いたり、遺骨の移動先が見つから
なかったりと、時間がかかってしまう人も
多いようです。

急いで行うとトラブルになりかねません。
墓じまいを考えはじめたら、1~3年くらい
時間をかけて行うつもりでいたほうが良さ
そうです。
出典元:https://allabout.co.jp/gm/gc/442940/

散骨のやり方


墓を移動せず、散骨を希望する
場合は、多く利用されているのは
海で散骨「海洋散骨」が知られています。

有名人では、
石原 裕次郎さん
立川 談志さん

などが海洋散骨を行なったそうです。

海にまいてもらうのはロマンがあります
よね。

海に散骨するためには、勝手にできる
ことではなく、決まりを守らないと
いけません。

遺骨を2mm以下に細かく粉骨しないと
いけないそうで、業者に依頼し、
粉砕してもらいます。調べた情報では
粉砕化は3万円前後とありました。

〜散骨の手順〜
1. 遺骨を粉骨する
2. 散骨する場所を決める
3. 散骨を行う

海に散骨するには、船に乗って
遺族自身がいくタイプと
業者に代行してもらうので
料金も異なるようです。

参考価格としては、
チャーター船にての散骨は20~30万円。

合同散骨や代行だと安価に(半額以下)
となっていました。

遺灰を風船で飛ばす散骨方法もあり、
バルーン宇宙散骨」と呼ばれています。
基本料金24万円とこちらも海洋散骨と
費用は同じくらいですね。

海に行かなくても、親族みんなで見送り
できるのが良さそうですね。

まとめ

いかがでしたか?お墓を整理していく
方法について見てきました。

まとめです。
・「墓じまい」は手順を踏んで行う
・散骨は自分では勝手にやってはダメ
・散骨方法は海や宇宙もある

家族で一度話してみると良さそうですね。
10月5日(木) 20時15分~
NHKの番組でも取り上げられます。
所さん!大変ですよ「お墓の悩み解決します!謎の人気墓地」
ぜひ参考に見てみたいですね。

最後までお読み頂きありがとうございます。
引き続き他の記事もお楽しみください。

〜関連記事〜
枡野俊明の家族や経歴は?4時半起床でそうじを!建功寺の講演会とは?

骨ストレッチのやり方や効果は?腰痛や股関節の悩みにオススメ!

Pocket