Pocket

子供がさまざまなお仕事を体験することができる、キッザニアをご存じですか?

 

気になっているけど、子供が小さくて楽しめるか不安・・・

子供が3歳になったんだけど、実際は何歳から楽しめるものなの?

 

などなど、わからないことがあってキッザニアデビューを先送りにしている人は多いのではないでしょうか。

 

この記事では

キッザニアは小さな子供でも楽しめるのか

楽しむポイント

東京と甲子園では違いがあるのか

 

という疑問にお答えしたいと思います。

スポンサーリンク

キッザニアに入場できるのは何歳から何歳まで?

キッザニア 何歳から何歳まで

 

キッザニアで遊べるのは何歳から?

小さい子供は遊べるの?

など、まずは初歩的なことから確認しましょう。

3~15歳がアクティビティを体験できる

キッザニアでアクティビティを体験できるのは3歳から15歳までです。

2歳以下の子供の入場は無料ですが、アクティビティを体験することはできません。

 

またキッザニアでは子供の自主性を大切にしているため、親が一緒にアクティビティを体験したり、パビリオンの中に入ることができません。

子供が体験している間は間近で見学できるアクティビティもあれば、ガラス越しやモニター越しに見学する場合もあります。

 

子供だけで挑戦するというのは、キッザニア以外ではなかなか体験できることではありませんよね。

少し心配かもしれませんが、これも経験!と思って温かく見守ってあげましょう。

乳幼児の注意点は?

下の子がまだ赤ちゃんだけど、お兄ちゃん・お姉ちゃんをキッザニアで遊ばせたい!という人もいますよね。

キッザニアには6歳以下の子供とその親が自由に過ごせる、乳幼児エリアが設けられています。

乳幼児向けに粉ミルクや離乳食の提供もあるので、乳幼児連れでも楽しめる環境が整っています。

 

でもいくつか気を付けなければいけないこともあるので、以下にご紹介しますね。

 

 

通路が狭い

キッザニアは東京も甲子園も通路が狭い場所がいくつもあります。

更に館内は混み合うことが多いので、ベビーカーが通れない場合が多々あります。

ベビーカーを持参する場合は、ベビーカー置き場を利用しましょう。

荷物もあって大変かもしれませんが、乳幼児を連れてくるときは抱っこひもを利用することをおすすめします。

 

 

子供連れの一時退場ができない

0~15歳の子供の一時退場はできません。

0~2歳の子供の一時退場も、規約同意書へのサインと身分証明書の提示が求められます。

なかなか厳格ですね。

更に0~園児の子供がいる場合は、保護者1名が館内に残らないといけません。

保護者が1名しかおらず、上の子が園児の場合は一時退場ができないということです。

 

乳幼児を連れて行くときは、保護者は複数名で行った方が何かあったときには安心かもしれませんね。

スポンサーリンク

0歳〜2歳児の弟や妹は入場可能?

2歳児の入場はもちろん可能です。

ただ、先にも書いたように体験はできません。

乳幼児エリアもありますが、一時退場もできないので、上の子が遊んでいる間に飽きてぐずらないようにおもちゃや絵本を持って行った方が良いでしょう。

身長制限はある?

アクティビティのなかには身長制限が設けられているものがあります。

 

東京はクライミングビルディングが120cm以上運転免許試験場とレンタカーが110cm以上の身長制限があります。

 

 

甲子園は以下5つのアクティビティに身長制限が設けられています。

【120cm以上】クライミングビルディング・ビルメンテナンス

【110cm以上】運転免許試験場・レンタカー・ホースパーク(乗馬体験)

 

園児では身長が足りない子がほとんどですかね。

身長をごまかそうとしても、その場で測られてしまうのでダメですよ!

大きくなるまで待ちましょう。

キッザニアは何歳から楽しめる?

キッザニア 3歳でも楽しめる

 

3~15歳を対象年齢としているキッザニアですが、実際は何歳から楽しめるのでしょうか?

キッザニアデビューをいつにしようか迷っているお父さん・お母さんはぜひ参考にしてみてください。

キッザニアは3歳は楽しめる?

3歳0か月からアクティビティを体験できますが、本当に3歳でも楽しめるのでしょか?

ここでは3歳が楽しむためのポイントや、ちょっと難しいな・・・というケースをご紹介します。

3歳児が楽しめないケース

・親と離れられない

 

 

先にも書いたように、キッザニアでは親と一緒にアクティビティを体験することができません。

そのため、親とある程度離れても大丈夫な子供でないと体験は難しいです。

折角来たのにぐずってしまって体験ができなかった、なんてことがないように子供には予め「一人でやるんだよ」ということを伝えると良いでしょう。

 

 

・3歳だと難しいアクティビティもある

たとえばラジオDJのアクティビティの場合、ラジオの原稿を読みます。

そのため、字が読めない3歳児には難しいと思われます。

その他、作業が難しそうなアクティビティは事前に調べて避けるようにするのが無難です。

 

 

・体験時間が長い

アクティビティの所要時間は15~60分とそれぞれです。

3歳児が体験するなら、15~30分が限界ではないでしょうか。

あまり長すぎると途中で飽きてしまったり、親と離れていることが不安になってしまうかもしれません。

アクティビティの所要時間は事前に確認しましょう。

スポンサーリンク

3歳児が楽しむポイントは?

・事前にアクティビティを調べる

体験したいアクティビティを事前に決めておきましょう。

そのアクティビティでどんな体験ができるのか、所要時間はどのくらいかを調べて1日を有効に使う段取りを組んでおくといいですよ。

 

 

・早めに並ぶ

午前中部の入場開始は8:30ですが、受け付けは7:40から始まります。

たくさんまわりたい場合や、人気のアクティビティを体験したい場合は8:00頃までに並ぶことをおすすめします。

 

また午後の部は16:00からですが、入場整理券は10:15から配布しているので、午後の部に行くときも整理券をゲットするために、早めに行きましょう。

 

 

・できなくてもOKの精神で

子供が一人で体験する姿を見て、上手くできなくてやきもきしてしまう気持ちはわかります。

でもそこはおおらかな気持ちで見守ってあげましょう。

失敗するのも経験ですし、難しいところはスタッフが手伝ってくれます。

終わったら上手くできなくても「がんばったね」と褒めてあげてくださいね。

3歳児でも楽しめるお仕事は?

アクティビティの中には3歳児には難しいものが中にはあります。

ここでは3歳でも楽しめる、おすすめアクティビティをご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

・消防署

 

 

消防署では火事の現場の消火活動を体験することができます。

隊員服を着て消防車にも乗れるので、3歳児も大喜びです。

体験した人は隊員証がもらえるのも、嬉しいですね。

人気のアクティビティなので、早めに予約をしましょう。

 

 

・観光バスのお客さん

観光バスに乗ってキッザニアの街を一周することができます。

子供サイズのバスなので大人は乗車できませんが、大人はバスの横を歩きながら写真撮影が可能です。

一緒には乗れないものの親が近くにいられるので、親と離れて体験するのが難しい子供でもハードルが低いアクティビティになっています。

 

 

・宅配センター

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

小さな配達員さん🚚💭 お友達と一緒にキッザニアデビューしてきました♪ パイロット、消防士、宅急便、農業、薬剤師の5つを体験😊 みんなで並んで説明を聞いて、指示通りの行動をするのが苦手なので心配していたけれど、びっくりするほどやる気満々で集中して取り組んでいました😳新しい息子の一面が見られて感動。。 * 消防車で出動して火を消したり、トラックで移動して荷物を配達したり、ちゃんとお給料を貰って買い物もできて、こんなに楽しいテーマパーク、子どもの時に行きたかったな~! 次々見られる制服姿がたまらぬ可愛さで、ひたすら「あぁ…可愛い…🤤」と萌え続けた母たちでした 笑。

きなこさん(@kinako_710)がシェアした投稿 – 2019年 6月月19日午前5時25分PDT

 

台車や自動車でキッザニアの街のいろんな場所に荷物を届けたり、預かったりするお仕事を体験できます。

難しい作業もなく、グループに付いて行くだけで大丈夫です。

制服を着ることもできて、親も近くで撮影ができます。

 

 

・ソフトクリームショップ

 

 

コーンの上に自分でソフトクリームをまいて、トッピングをするアクティビティです。

もちろん作ったソフトクリームは自分で食べることができます。

ソフトクリームをまく作業はスタッフが手伝ってくれるので、3歳児でも大丈夫です。

所要時間も短いので、小さい子供でも飽きずに体験することができます。

ただ、かなり人気のアクティビティなので、できるだけ早く行って予約をする必要があります。

スポンサーリンク

4歳児は楽しめる?

キッザニア 4歳 楽しめる

 

年齢が上がれば上がるほど、楽しめるアクティビティは増えます。

4歳児なら親と離れて体験をすることができる子が多いと思います。

またお仕事に関する知識も3歳児と比べてついている頃なので、自分の生活の中で関わりのあるお仕事を自分で体験できるということは、4歳児にとってはとてもわくわくすることです。

4歳児ではまだ難しいアクティビティもありますが、楽しめることは間違いないですよ。

東京と甲子園で内容や楽しめる年齢は違う?

日本にはキッザニア東京とキッザニア甲子園の2か所があります。

基本的なルールはどちらも変わりませんが、アクティビティの内容に少し違いがあるようです。

以下にまとめました。

 

 

・それぞれ限定の体験がある

東京と甲子園、それぞれにそこでしかできない限定の体験があります。

ハンバーガーショップやサッカースタジアムなど20種類以上のお仕事が東京だけで体験できます。

甲子園では演劇、自動車工場などが限定のアクティビティです。

 

 

・同じアクティビティでも体験の内容が違うものがある

たとえば、「ファッションショー」は東京でも甲子園でも体験できますが、内容が少し違います。

東京はいくつかのテーマに沿ったオリジナルのドレスや和服を着てショーに出演します。

一方で甲子園はスポンサー企業が提供するカジュアルな衣装でショーに出演します。

このように同じお仕事でも内容が異なるアクティビティがいくつかあります。

 

また同じアクティビティでも制服が違うものもあるようです。

 

 

・通路の広さ

通路は東京に比べて甲子園の方が狭いようです。

その代わりパビリオンを広くとっているそうです。

まとめ

いかがでしたか?

3歳でアクティビティを体験できるかは子供によって変わってくるかもしれません。

 

うちの子は全然平気!という人はぜひ3歳からキッザニアデビューしちゃいましょう。

うちの子は親と離れるのはまだ難しいかも、という人はあせらず頃合いを見てデビューしましょう。

 

デビューがいつにせよ、がんばっている子供の姿を見れるのは親としてもうれしいことですよね。

アクティビティを体験するごとに、我が子が成長しているのを実感することができると思います。

 

子供にいろんな体験をさせたい人にはキッザニアはおすすめです!

Pocket