Pocket

授業中にダイエットをしたい!

授業中の長い時間が無駄に思えて、少しでもダイエットの時間に変えられたら…。

そんな想いでこの記事にたどり着いたのかもしれませんね。

その気持ち、わかります!

 

私は、学生時代にとても体型が気になりいろいろなダイエットを試しまくっていました。

ネットで調べたり、友人に聞いてあらゆる方法を試しましたが、一番効果があるのは、はっきり言って運動や食事制限です。

しかし、授業中の長い暇な時間が、少しでもダイエットの時間になればいいなぁ、という想いは誰でもありますよね。

塵も積もれば山となる、ということわざがありますが、毎日の少しの時間をバカにしてはいけません。

また、毎日の積み重ねは、辛い運動や食事制限へのモチベーションに繋がったりもします。

 

今回は、授業中にできるダイエット方法をご紹介します!

中でも私が色々試してみて、実際に効果があったものを選んで紹介していきたいと思いますので、ぜひ気に入ったものを実践してみてくださいね^^

スポンサーリンク

授業中にダイエットする注意点とポイント

授業中にダイエットをするとなると、注意点があります。

 

まず、最初に先生や周りの友人にばれないように行わないといけません。

最悪、友人にばれても問題はありませんが、先生にばれたら当たり前ですが怒られます。

ばれない様にするためには、先生から見えている部分は動かないようにする必要があります。

 

これが、授業中にダイエットを行う注意です。

 

次にポイントですが、筋トレは慣れてくればどんどん行う時間や回数が増えていきます

 

無理をして表情でバレたりしないように、最初のうちは多少辛いと感じたら無理はしないで、休憩を挟むようにしましょう。

毎日の積み重ねが大切なので、コツコツ気長に頑張っていきましょう。

 

 

授業中の長い時間をうまく有効活用する

 

授業中は、大体の学校が1コマ50分で行っています。

授業を受けていればわかると思いますが、50分は以外長くこの長い時間を有効活用するのがコツになります。

 

授業中にただ暇つぶししたい時もありますよね。

 

 

 

先生にバレにくいダイエットを選ぶ

 

次に先生にバレにくいダイエット方法を選びましょう。

 

とても極端な事を言うと、激しく動いたり変顔をするようなダイエットをすればもちろんバレますし、怒られます。

ダイエットの動きの中には、見ただけならそこまで変化が無いものもあります。

 

例えば、足痩せの為に行うものにペットボトルを挟んで力を入れる方法があります。

 

これなら、ペットボトルを横に倒して挟めばバレにくいですし冬ならブランケットを許可している学校なら、上からブランケットを被せれば完璧に隠せてしまいます。

 

授業に合わせて、ダイエット方法を変える

授業内容によっては、教室が変わったり先生が教室中を歩き回る教科もあります。

 

教科や、環境によってダイエットの方法を変えましょう。

 

ちなみに、私は冬の間は特別な授業の時以外は全てブランケットを使って隠して過ごしていました。

スポンサーリンク

授業中にできる足痩せダイエットは?

授業中にできる足痩せについて、いくつか紹介していきたい

と思います。

 

授業中にできる足痩せダイエットは、以外と多くありその中でも実践したことがあって効果も体感できたものを選びました。

 

足にペットボトルを挟んでダイエット

ペットボトルを使ったダイエットは以外と簡単に始められるものが多いです。

中学校のようにペットボトルを持っていけない場合は水筒や筆箱を代用して行います。

 

  1. まず、最初に椅子に座り背筋を伸ばします。
  2. 床にかかとをしっかりとつけて、ペットボトルを両ひざで挟みます。
  3. 落とさないように、内腿に力を入れてキープします。

 

これで、内腿の足痩せダイエットになります。

 

1番初めの慣れていないときは、消しゴム等、落としても音のあまり出ない物使ってもいいと思います。

 

 

受験で太ってしまった!という方にはこちらの記事がオススメです。

受験太りを元に戻すには?女子が顔やお腹痩せする3つの方法

 

つま先とかかとを上げてダイエット

ふくらはぎの足痩せダイエットには、つま先とかかとを使ったダイエットがオススメです。

  1. 基本の姿勢は、膝を90度に曲げて背筋を伸ばした姿勢です。
  2. まず最初に、基本の姿勢のまま、かかとは地面つま先は上に上げます。
  3. そのまま、ゆっくりとつま先を上下に20回動かします。
  4. 次に、つま先をゆっくりと下ろし地面に着けます。
  5. そして、つま先を地面につけたままかかとを上に上げていきます
  6. 上にあげきったらゆっくりと上下に20回動かしていきます。

ふくらはぎの運動と共にストレッチにもなるので、授業で座り続けてむくんでしまった足には更に効果的です。

授業中にできる顔痩せは?

授業中に1番難しいのは顔痩せです。

理由はとても簡単で、どう頑張っても隠してダイエットを行うことができないからです。

 

私はノートを書くときに顔を下に向けた瞬間だけ、変顔をしたりペンで顔を揉んでみましたが以外とバレました。

 

授業中でもばれにくくするためにマスクを試した事がありますが、マスクは以外と効果を発揮して先生にはバレなく小顔体操ができました。

 

口の中を動かして舌回し

口の中を動かすことで、顔痩せにつながります。

顔痩せは最もバレにくいダイエットの一つです。

 

私は、顎の肉が気になったので当時、舌回しのトレーニングを集中的に行っていました。

本当は口の中をいっぱいに動かして行うべきでしたが、バレないようにするために少し変えて行っていました。

  1. まず、口の中をしっかり閉じて歯茎と舌がくっつくようにします
  2. 次に、口の中にピンポン玉を入れるイメージで歯同士はつけたまま歯茎と舌を離します。
  3. そのまま、舌を左回しと右回しを20つ行います。

授業中にできる腹筋を鍛える方法は?

 

授業中のダイエットで、もっとも簡単でバレない部分は腹筋です。

 

当たり前ですが、腹筋はちょうど机に隠れる位置にあるのでとても鍛えやすくて初心者が始めやすいものも多くあります。

 

そして、お腹はなぜか顔や足よりも気になりやすい場所なので頑張ってダイエットを行いましょう。

 

効果は絶大!腹式呼吸

とてもシンプルで効果は絶大の腹式呼吸。

 

これで痩せないのは、もしかしたら正しい方法で腹式呼吸ができていない可能性が高いです。

正しい方法で行うと、お腹の様々な筋肉を使うので授業中ずっと行っているとかなり効き目が感じられます。

 

まず、背筋をしっかり伸ばして椅子に腰かけます。

猫背になってしまう人は、腹筋と背筋が弱いので背もたれに背中をしっかりと付けて行うのがオススメです。

  1. 頭からお尻まで一本の棒が通っているイメージで首を軽く後ろに引いて顎を引きます。
  2. これが基本の姿勢になります。
  3. 次に、正しい腹式呼吸の方法です。
  4. まず、おへそ辺りに片手を置きます。
  5. 次に鼻から息を吸いお腹を膨らませます。
  6. 限界まで膨らませたら10秒かけてゆっくりと口から息を吐きます。

 

腹式呼吸はたったこれだけです。

 

意外と腹筋を使っているのでお腹が痛く感じることもたまにあります。

 

足も使って腹筋トレーニング

 

次に足も一緒に使う、腹筋の方法を紹介します。

  1. 椅子に座り、手を机の上にしっかりと固定します。
  2. 姿勢は崩さないで、ひじから指先までを机にしっかりとつけていれば大丈夫です。
  3. そのまま、背中を丸めたりしないで手に力を入れながら両膝をできるだけゆっくりと上に上げて両足を地面から離します。
  4. このまま、10秒間体勢をキープします。
  5. ゆっくりと足を下ろして、地面に足をつけ楽な体勢に戻します。

 

まとめ

授業中に行うダイエットには、普段おこなうダイエットよりも制限が出てきます正しい方法で行えば十分効果は発揮します。

 

椅子を使ったダイエットが出来るのが、授業中の最大のメリットです。

顔のダイエットを行うときは、先生や隣の席の人にばれない様に注意しましょう。

バレて指摘されたときは、私もかなり恥ずかしい思いをしました。

教科ごとに行うダイエットを変えてメニューを作っても面白いかもしれませんよ。 

 

 

Pocket