Pocket

雨が嫌いな人は少なくありません。

決めていた予定が崩れたり、乗り物が中止になったり…

色々な問題が出ますよね?



あなた以外にも雨が嫌いな人は、どういう理由で嫌いなのか?

日本に住む以上雨は仕方ない!

では、どうすればその雨を楽しめるのか?



今回はそんな嫌いな理由と対処法について一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

雨がうざい・嫌いな理由は?

雨

雨がうざい、嫌いといっても人それぞれ色んな理由がありますよね?

私個人的な理由は、雨が降ると頭痛が出るので嫌いです!

このように色々人には嫌いな理由があります。

いくつか紹介していきます!

 

服や靴が濡れる

せっかく買い物や、デートでオシャレな洋服を準備したのに…

しかも、歩く場所によっては水溜り、泥水

そしてもっとも最悪なのは車が水溜りに入って飛んでくる雨水!

服や持ち物が完全に被害を受けます!

これじゃ、確かに嫌いになりますよね。

 

雨の日ようのオシャレな服や靴を準備する必要がありますね。

 

外出がおっくう

晴れの日と何が違うのか?

一番は傘を持つことで自由が奪われることではないでしょうか?

 

晴れていれば両手が開いているので自由に使えますが、

傘を持つことで片手がふさがり、

外出先で購入したものなどをもう片方で持つことを考えると

外出はおっくうになりますよね。



それに意外と傘の面積は広いので、

他人との距離感も考えなくてはならないので、

いらない悩みも増えます。



そういったことを考えるので外出がおっくうになるのでしょう。

気分が落ちる

憂鬱

これはある意味仕方がないかもしれません。

雨が降ると気圧が下がって関節痛、頭痛、人によっては古傷も

痛むことがあります。

さらに雨が降ることで自律神経が乱れて、気分が落ちることがあります。



あとは、今まで出たような、濡れる、汚れるなどの理由で

気分が単純に落ちる人がいるかもしれません。



日本は晴れも雨もありますが、知っての通り晴れの日が多い国です。

なので、普通の状況じゃない雨はそれだけで気分を落とす要因なのかもしれません。

スポンサーリンク

洗濯物が乾かない

これも地味に、いや結構いやかもしれません。

しかも、よりによって休みの日に洗濯を干そうと思っているとき

雨なんか来たら本当に計画が狂いますよね。



今は部屋干し用の洗剤があったり、乾燥機があったりしますが、

太陽の光で乾かしたいという人も少なくないでしょう。

私もその一人です。



外に干すことで風通しも良く、太陽の光のおかげで、

ダニやカビの予防してくれますからね。

しっかり天気予報をみて前もって行動した方が賢明ですね。

湿気が嫌だ

冬場はありがたいですが、夏場は地獄と言ってもいいかもしれません。

ただでさえ暑くて汗をかくのに、追い打ちをかけるようにジメ~とした、

あの嫌な汗をかくことを思い出します。



あと、私は該当しませんが、髪の毛が天然パーマの人は大変だと聞きました。

私は髪の毛のセットが決まりにくい、くらいしか感じませんが、

天然パーマの人は倍の時間がかかり、嫌がらせを受ける感じでしょうね。



そんな人に朗報です!

アーモンドオイルをつかえば、雨の日の髪の毛の湿気対策ができるってご存知でしたか?

雨の音がうざい

雨が降るという事は、当然この音も聞こえますよね。

家の構造によっては聞こえにくいものもあるかもしれませんが、

多少の雨音は聞こえますよね。



しかも、自分では雨音が聞こえないように外に物を置いていなくても、

隣近所の人が、何か物を置いていると、

その音がうるさいという場合もあります。



ちなみに私は雨の音は嫌いではありません。

雨の音が好きな人は一人で過ごす時間が多い人という特徴もあるそうです。

それにリラックス効果としても雨音は結構使われているので、

そう思って聞いてみると少しは改善できるかもしれませんよ。

 

自転車に乗れない

移動で便利な自転車ですが、雨が降ると基本的には乗れませんよね。

傘差し運転はダメですし、レインコートは持っていないし…

でも、移動手段がそれしかないなど、色々自転車に乗れない悩みが出ますね。



あとは、自分だけ雨で守れても、買い物の物が濡れたり、

泥除けがなくて服が汚れたり、

正直雨の日に乗ることは、回避できれば回避できた方がいいでしょうね。

スリップとかで転倒も考えられますし、

乗る場合は注意と覚悟が必要です。


それでも、自転車に乗る必要があることって結構多いですよね。

そんな雨降りもかわいいレインコートがあれば、気分は晴れます。

こちらの記事では、自転車に合うレインコートをランキングで紹介しています。

レインコート、自転車で足が濡れない為には?おすすめの人気5選!

また、雨降りの自転車で濡れがちな「足」をガードするアイテムも紹介していますので、ぜひチェックしてくださいね。

 

風と雨が揃うと嫌だ

これは大変ですよね。

傘をさしても、風のせいで雨が横から降ってきて防げないし、

しかも風向きは変わるから予測不能な時もありますし。

その結果、足元はびちょびちょ、下半身も濡れて気持ち悪いし!

ぜひ先ほどのレインコートの記事を参考にしてください。

レインコート、自転車で足が濡れない為には?おすすめの人気5選!

再度リンクを貼っておきますね。



あと危ないのは風の力次第では、傘を飛ばされそうになることもあります。

台風の中継などでよくみる、傘が逆に反り返るような

ああいう状況も考えられます。

この風雨コンビにも注意が必要ですね。

 

雨の日に渋滞が嫌い

渋滞

これも経験したことがある人も多いのではないでしょうか。

普段でも通勤時、室内イベントなどは人が多いのに、

雨のせいで、普段なら空いている道や、室内イベントなども

この雨のせいで人口がそちらに集中して渋滞になります。



さらに、普段通らないような場所を使ったりする人も来るため、

余計に皆の行動が手探り状態になり、円滑性がなくなり

渋滞などが起こります。

スポンサーリンク

雨がうざい・嫌いな人の特徴

雨が嫌いな人の特徴は、アウトドアが好きで、活発的に動く特徴があります。

性格は、どちらかというと明るく、元気で、外交的な性格にあります。



それは、自分の楽しみが外に出ないと満たされないのに、

雨が降ることで楽しみが半減もしくは、達成できないからでしょう。



ちなみに、雨が好きな人の特徴は、その逆で内向的でインドア派の人が多いです。

雨が降っても出来ることが多く、雨の音や、雨を見ているだけでも

癒されるタイプの人が多いです。

雨は平日と週末どっちが嫌だ?

さぁ、雨というのは自然現象なので希望通りには降りません。

平日か週末か!

雨が嫌いな人ならどっちも嫌うでしょうが、

さらにどっちが嫌なのか?

一緒に考えてみましょう。

 

平日

一般的には、通学通勤時に雨が降っているので、

傘が邪魔、テンションが上がらない、混雑するなどが

嫌な理由ではないでしょうか?

しかも、予定があったりしたらなお最悪ですよね!



私は平日の雨が好きではありません。

仕事上外に出ることがあるので、せめて仕事の時くらいは

晴れていてほしいと思ってしまうからです。



同じような外仕事の人は、雨のせいで仕事が出来ずに

予定外の休みになり暇になる人もいると思います。

休みになるなら前もって決まっていて予定を立てて行動出来た方が

楽しいですもんね。

そういう理由も結構あります。

 

週末

さぁ、一方週末の雨はどうでしょうか?

週末の方が嫌いな人が多そうな気がしますが…



休みなので雨なんか気にしない人もいるかもしれませんが、

そんなことはないですよね。



週末と言えば大勢の人が休みになり、

色んなイベントがあったりします。

これは平日よりも圧倒的に多いでしょう。

それが雨のせいで中止になったり、延期になったりして、

計画を崩されることもあると思います。



週末の雨が嫌いな人の大概が予定が崩れたり、

雨だと不都合がある人が多いのではないでしょうか?



あとは平日に出来ないこと、例えば洗濯、掃除、洗車など

これらが雨で出来ないというのも、週末に雨が降ると嫌な理由ですよね。

 

ツイッターの意見を見てみると、意外と「週末の雨は嫌いじゃない」という意見も多かったです。

 

特に雨の日に家で過ごすのが好き、という方も結構いるんですね。

確かに雨の日に家にいると、屋根で守られている感じがして、家のありがたみがよくわかります。



平日でも、週末でも雨が嫌いな人は嫌いでしょうが、

あなたはこのような意見がありますが、

どっちの雨が嫌いでしょうか?

 

雨が嫌いな人が好きになる対処法

傘

嫌いと言っていても仕方ありません。

雨の日でも楽しんで過ごせる、

雨だからこその物もあります。

雨は変えれませんが、こちらの楽しみ方は変えれます。

どんな対処法があるのか見てみましょう。

 

雨の日サービスを楽しむ

意外と雨のサービスはあります。

買い物ポイントが何倍にもなったり、雨が降ると値段が下がったり

晴れの日では味わえない楽しみの一つです。



どうせ同じものを買うのであれば、安い、お得などの利益がある方が

いいと思いませんか?

 

晴れの日に混んでいる場所に行く

これもありですね。

晴れているとやはり人が集まりやすいです。

人気の場所は特に、晴れていると混雑します。



しかし、人気の場所でも雨が降るとどうしてもお客さんの入りは少なくなるので、

ねらい目です。

順番も運が良ければ並ばなくてもいいし、人の多さも気にしなくてもいいし、

雨の日だからこそ見れる景色もありますし。

注意としては、雨で中止になるイベントなどもあるので、

その辺はしっかり確認してから行動してみてください。

スポンサーリンク

家の中で雨を楽しむ

家の中で楽しむと言われても難しいかもしれませんが、

楽しみ方は人それぞれですが、たくさんあります。

読書、映画鑑賞、体のケア、模様替えなど

たくさんの人が行っています。



普段なら外に出歩く日も、これらの楽しみ方をすることで、

普段の忙しさから一瞬でも解放されて、

自分の時間を作り、心身とも休めることが出来ます。



それに、気分転換も出来るので、雨が嫌いな人ならなおさら、

こういう楽しみ方を一つでも持っていると、

雨の日が少しでも好きになるかもしれませんよ。

雨でも濡れないグッズを手に入れる

個人的におススメするのはこの商品です。

デザインもたくさんありますし、雨にぬれても弾いてくれるので

中身が濡れる心配がありません。

しかも、雨の日って大きな持ち物持ちたくない人が多くいので

このバックは小物類がしっかり入るので、大きなものを持たずに

出かけることが出来ます。

実際に私も使っていますが便利な商品なのでオススメです。

雨が好きになるグッズ

こんな楽しいものがあるの知っていましたか?

雨で嫌な気持ちになっても、この傘を使えばきっと、

少しでも雨が好きになると思います。



雨が降ることで色が変わったり、見えなかったものが見えたりするものもあります。

このデザインだけではなく調べてみるとたくさん種類はありますので、

ぜひ自分が雨が好きになる柄を見つけてみるのはどうでしょうか?

結び

梅雨時期、台風、夕立、たくさんの雨が降る日が、

日本にあります。

雨の日の過ごし方、雨の日のグッズ、雨の日のメリット、

これらを意識して雨の日も楽しめるように頑張ってみてください。

Pocket