Pocket

親になると悩み事がいっぱい!

その中でも一番と言っても過言ではないのが習い事

どれが子供が楽しめるか、将来役に立つかもとても大事ですが、他にも親の負担、教室との相性などなど考えることは尽きません。

 

そこで世間の幼児~小学生の女の子たちがどんな習い事をしているのか気になりますよね。

今回はランキング形式でおすすめポイントなども合わせて紹介していきます。

これを読めばきっとお子さんにぴったりの習い事が見つかるはず!

女の子の習い事ランキングTOP10!

女の子 習い事
さて女の子に人気の習い事っていったいどれなんでしょう?

教育重視?可愛さ重視?やっぱり子供がやりたいって言ったもの?

今回は現在実際に習っているランキング、親が習わせたいランキング、そして子供が習いたいランキングの三つに分けてご紹介します。

スポンサーリンク

現在習っているTOP10は?

1位水泳
2位英語・英会話
3位音楽教室(ピアノ等)
4位塾・幼児教室
5位通信教室
6位体操
7位書道
8位ダンス
9位バレエ
10位そろばん

 

体力づくりにも、いざという時や小学校の授業などで役に立つスイミング、グローバル化に伴って必須になってきた英語が上位ですね。

そのほかにも幼稚園や小学校よりプラス、または苦手科目の勉強を塾や通信でまかなっているようです。

親が女の子に習わせたいTOP10は?

1位英語・英会話
2位水泳
3位ピアノ(楽器)
4位書道
5位学習教室
6位体操
7位バレエ
8位ダンス
9位絵画教室
10位空手

 

英語、スイミング、根強い人気のピアノに加えて、芸術系、武道系がランクインです。

ちなみに四人に一人の子供が二つ以上の習い事を掛け持ちしているんだとか(゜o゜)勉強系+芸術系、勉強系+スポーツ系が主流な組み合わせです。

 

子供が習いたいTOP10は?

1位英語・英会話
2位水泳
3位ピアノ
4位習字
5位ダンス
6位学習塾
7位そろばん
8位体操
9位バレエ
10位空手

 

ダンス、そろばんの順位が上がっていますね。

上位三つは変わらず人気です。

楽しいと感じるのは行っている教室の満足度にかなりよると思われます。

先生や一緒にいるメンバーが楽しければ、それだけで子供も行く気になりますよね。

 

女の子に人気の芸術系の習い事

幼い頃だからこそ、何にも縛られない子供の個性や表現力を伸ばしたい!と思うのが親というもの。

作品や発表会があれば、親も見に行く機会があって楽しめますよね。

芸術系で人気のおすすめ習い事はこちらです。

 

ピアノ

女の子と言えばピアノ、なんていうイメージも強いのではないでしょうか。

月謝目安は4000円から13000円。

始める年齢は椅子に座れるようになってからです。

 

メリット

  • 幼少期に始めれば絶対音感など音楽的才能が身に着く
  • 脳科学的に良い(知能、運動能力、記憶力)
  • 学校の合唱の際に伴奏として活躍
  • 身に着けば保育園・幼稚園教諭になる際有利
  • 他の楽器がやりたくなった時応用がきく
  • 個別指導だから自分のペースで習える

 

デメリット

  • 家での練習がたくさん必要
  • ほとんどの場合ピアノの所持(購入)が必須
  • コンクールや発表会が苦手な子には大変
  • 突き指の可能性あり

スポンサーリンク

 

バレエ

こちらも女の子ならでは、なんてイメージが強いですよね。

可愛い練習着や衣装は親も見てみたい気持ちがくすぐられます。
月謝目安は3000円から7000円。始める年齢は4~5歳。

メリット

  • 上品なイメージが強い
  • 普段から姿勢が良くなる
  • 体型が綺麗になる
  • ほとんどのダンスの基本などで習っていると応用しやすい

 

デメリット

  • クラスによってレベルがバラバラなのでチョイスが重要
  • 年齢と共に競争が激しくなる
  • 発表会時期は特に親の負担が大きい

 

絵画教室子供が自由に絵を描いたり自分なりの作品を作っているのって見ていて微笑ましい!

小さい頃に作った作品は親にとっても愛着のわくモノです。

月謝目安は3000円から10000円。始める年齢は幼稚園・保育園に入るくらいの年齢から。

 

メリット

  • 感性・創造力・表現力が磨かれる
  • 絵のテクニックを学べて上達
  • 年齢に関係なく始められる・続けられる
  • 子供が気楽に楽しめる

 

デメリット

  • 先生のチョイスが重要
  • 幼い場合、服、顔、髪など汚れる可能性あり
  • 個人指導の時間が短い
  • 実力が伸びたかどうか目に見えるまで時間がかかる

スポンサーリンク

 

ダンス

ダンス必修化に伴い、今や止まらないダンスブーム!全国にダンス部やダンスの大会は毎年増えています。

月謝目安は5000円から20000円。始める年齢はいつからでも!

 

メリット

  • コミュニケーション能力、協調性が身に着く
  • リズム感が身に着く
  • 表現力が伸びる
  • 脳が活性化

 

デメリット

  • 親の負担が大きい
  • 教室のレベル選びが難しい
  • 恥ずかしさの払拭が必須

女の子に人気のスポーツ系の習い事

習い事 スポーツ

うちの子、家にずっといて運動不足かも?と思ったらスポーツ系の習い事をさせてみるのもいいかもしれません。

成長期のうちにたくさん体を動かして健康に、スポーツに強くなってほしいですよね。

スポーツ系で人気のおすすめ習い事はこちらです。

 

水泳

ダントツ人気の習い事と言えば水泳。

月謝目安は3000円から30000円。始める年齢はいつでも!

 

メリット

  • 体力がつく
  • 小学校の水泳授業が楽になる
  • 水難事故を防ぐ
  • 喘息やアレルギーの治療にもなる
  • 数値目標を立てやすい

 

デメリット

  • 水着ゆえ体型をからかわれてしまうことも
  • 肌への刺激が強い
  • 競争が激しくなる

スポンサーリンク

 

体操

体を動かすのが好き!という子には間違いなく楽しめるのが体操教室。

学校の体育に直結している内容も多く、予習になります。

月謝目安は5000円から6000円。始める年齢は3・4歳です。

 

メリット

  • 小学校の体育が得意に!
  • 体全身を使うので身体能力が上がる
  • 達成感が味わえる
  • 体力がつく

 

デメリット

  • 大人数だと待ち時間が長い
  • 多少の怪我をする可能性あり
  • 勉強にまわす体力がなくなる
  • 筋肉をつけすぎると身長が伸びなくなる

 

空手

女の子が武道をやるのを流行っていますよね。強い女の子になってくれたら親も安心です。

月謝目安は5000円から8000円。始める時期は5歳。

 

メリット

  • 体幹が鍛えられる
  • 礼儀作法が身に着く
  • 集中力がつく
  • 護身が身に着く

 

デメリット

  • 練習中の怪我
  • 道着に洗濯が大変
  • 親に技をかけたがる可能性あり(笑)

スポンサーリンク

サッカー

こちらも男の子向けのイメージが強いですが、なでしこジャパンの知名度が上がると同時に人気も増えているようです。

月謝目安は5000円から7000円。始める年齢は5~6歳。

 

メリット

  • 協調性やチームプレイが身に着く
  • 体力がつく
  • 学校で活躍できる
  • 自主性が身に着く

 

デメリット

  • 怪我しやすい
  • 土日の練習日や試合が多い
  • 親の負担が大きい

 

女の子に人気の勉強系の習い事

習い事 勉強系

幼稚園や小学校の勉強じゃ物足りない、カバーしきれないところはぜひ習い事で補いたいですね。

最近は子供の興味をそそるような楽しい勉強方法がいっぱいです!^^

 

勉強系で人気のおすすめ習い事はこちらです。

英会話

水泳と並んで人気の英会話。

小さい頃から英語に触れておくことを今重視する親御さんが多いのです。

月謝目安は2700円~30000円。始める時期は3歳から。

 

メリット

  • 英語が聞き取れるようになる
  • 英語の授業が楽になる
  • 英語の正しい発音が身に着く
  • コミュニケーション能力が身に着く

 

デメリット

  • 続けていないとすぐ忘れてしまう
  • ネイティブの先生と馴染めない子もいる
  • レベルアップに時間がかかる

スポンサーリンク

 

学習塾

通ったことがある人も多いのではないでしょうか?

最近は小さい子も幼児教室、小学生低学年も塾に通ったりするようです。

月謝目安は20000円から50000円。始める時期は4、5歳から。

 

メリット

  • 学習に対して自信がつく
  • 集中力が身に着く
  • 時間に合わせて行動できるようになる
  • 意識の高いお友達(ママ友)ができる

 

デメリット

  • 費用が高い
  • 宿題チェックが大変
  • 勉強嫌いが加速する可能性も

 

書道

色々なものがデジタル化しても色褪せない人気の書道(習字)。

月謝目安は1500円から5000円。始める時期は5歳から。

 

メリット

  • 字が綺麗に書けるようになる
  • 集中力が身に着く
  • 月謝が比較的安い
  • 国語力がアップする
  • 礼儀作法が身に着く

 

デメリット

  • 幼児には不向き
  • 道具の手入れが大変
  • 字を書くのが遅くなる

 

理科の実験教室

最近人気なのが実際に自分で試して学べる実験教室。

何かと苦手科目な理科が小さい頃から身近になればその後の勉強も楽になるかも。

月謝目安は4000円から10000円。始める年齢は5歳から。

 

メリット

  • 楽しく理科が学べる
  • 問題解決能力が身に着く
  • 思考力、洞察力が磨かれる
  • 理科・科学が好きになる

 

デメリット

  • 費用が高め
  • 教室数がまだ比較的少ない
  • 詳しい理科の知識は残りにくい

スポンサーリンク

 

自宅で習える習い事

送り迎えも親御さんにとっては大変なパートですよね。

自宅で学習できたら、その負担もなくなりますし、家にいるという安心感を超えるものはありません!

そんな自宅で習えるおすすめの習い事はこちら。

こちらのメリットは実際のおすすめ教室の口コミを通して見ていきましょう!

オンライン英会話

オンライン英会話でおすすめのスクールは・・・

global crown
出典元:https://www.global-crown.com/GLOBAL CROWN

  • 先生は全員ネイティブレベルの英語で指導、たまに日本語でサポートできるバイリンガル
  • 個人のぺースに合わせられるマンツーマン
  • 充実な報告システムで子供の学習の様子を確認
  • AIによる発音チェック
  • 36段階のレベル分けされたレッスンで英検、TOEIC対策

月謝は月々、1年、2年プランと選べて、二年コースの一か月分の値段は7,840円です。

 

口コミ

  • 先生が優しく明るくて子供の成長段階に合わせてくれる
  • 日常生活でも英語がでてくるようになった
  • インターネット環境があればどこでもできるから便利
  • 20分という時間が子供にとって集中しやすい

とっても馴染みやすそうなこちらのGLOBAL CROWN、無料で体験できます。

詳しくはこちら。
オンライン英会話なので送り迎え不要【GLOBAL CROWN】

子供チャレンジ

子供が楽しめる工夫をこれでもか!

というくらい考えているベネッセから子供チャレンジ。

私のまわりでもほとんどの子が入会していたくらい人気でした。

  • 入会金0円
  • 年齢別の充実したセット内容
  • 楽しい付録で読み書きができるようになる
  • 毎月違う教材が楽しみ
  • 勉強だけじゃない教育を任せられる
  • お友達紹介制度でプレゼントゲット
  • 0歳から始められる

月謝はおよそ2000円

この充実した内容でこの価格はかなりお得かも。

 

口コミ

 

女の子の習い事の注意点は?

さて習い事をさせるにあたって親御さんが気を付けなければならない点もあります。

しっかりこれらを把握した上で子供の為になる習い事をさせてあげましょう。

 

費用

まずもちろん大事なのが費用。

学ぶ、というのは何かとお金がかかります。

 

かかるのは月謝と入会費だけではありません。

芸術系なら衣装、楽器、用具、発表会など、スポーツ系ならユニフォームやそのスポーツに必要なグッズ、勉強系なら教材費、特別講習などお金は後からいくらでもかかってくるのです

 

なんでもかんでも子供のため!とお金を費やして、実際続かなかったりしたら勿体ないですよね。

目安としては年収の5%から8%がちょうどよいとされています。

 

はっきり言ってしまえば、幼いうちに習わせて潜在的なものは少し伸びても、大きく成長するにつれて全然関係ないものをやりたくなったり、忘れてしまうケースも多々です。

だったら子供の将来の教育費に貯金しておくのも大事かもしれませんよね。

楽しいのかどうか楽しいのかどうかは子供がそれを好きになるか、続けられるかに最も関わってきます。

もちろん、将来のために親が習わせておきたいことも大事ですが、子どもが余計に嫌いになってやらなくなったりしたら本末転倒ですよね。

 

また「子供がやる気だからやらせてみる」といったケースも多いですが、子どもは意外と親の反応をよく見ていて、ただ喜んでほしいからいっているだけという可能性もあります。

習い事で一番大変なのは実はぐずる子供を連れて行ったり、続けて通わせることだったりしますよね。

本当に子供が好きなことなのか、興味を自分から示しているのかを良く観察して決めましょう。

 

楽しさには教室の雰囲気先生の指導方針も大きく関わっています。

そのため事前チェック、体験教室などでよく調べてから入会することが大事です。

他の習い事とのバランス理想の習い事のしかたとしては、週三回に収めるのが良いとされています。

忙しすぎて、学校の宿題がおろそかになってはいけません。

また、スポーツばかり、芸術ばかり、勉強ばかり、にするよりそれぞれのカテゴリーから組み合わせると偏りなく色々学べます。

スポンサーリンク

親の負担

いくら子供のために多少の頑張りが必要とはいえ、親の負担がかかりすぎては成立しません。

費用だけでなく、送り迎え、お弁当、親御さん間での当番など、特にスポーツ系、芸術系は親のサポートなしにはできないことなのです。

ご自分の仕事の忙し具合、土日の空き具合を考えてかなり自分の時間が削られることも頭に入れて習い事をさせるようにしましょう。

おじいちゃん、おばあちゃんに相談して協力してもらうのも一つの手です。

 

お友達お友達のお誘いで習い事を始めることもあるかもしれませんね。

ここで大事なのは、関係を気にして惑わされないということです。確かに、知っているお友達がいると、教室に馴染みやすいというメリットはあります。

しかしそれと同時に、やめづらくなる、子どものタイプによっては関係が悪くなるなどのデメリットがあることも忘れてはいけません。

特に、結果がはっきりと出る習い事はライバル意識が芽生えるかもしれませんね。

切磋琢磨しあえる仲になれば理想的ですが、どちらが劣ってしまえば子供だけでなく親も気まずくなってしまう可能性もあるのです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

だいたい人気な習い事は決まっているようですね。

小さい頃は本格的に学ぶ、というより学校外のお友達を作る(親も)、子どもに色んなことに興味を持たせる息抜きの場所を作るコミュニティに参加する、ということの方が案外大事なのかもしれません。

 

習い事は学んだことだけでなく、その後の自信思い出経験として子供の記憶に残ります。

英会話や今回は出てきませんでしたが、プログラミング教室などイマドキな新しい習い事はどんどん増えています。

逆に2019年、令和に入り書道以外の伝統系習い事は習う人が少なくなってきています。

しかし、世界に出たときに、空手、剣道、茶道、日本舞踊、和太鼓など日本らしい特技を持っているのはとても強みになる、と個人的に思っています(*^^*)

いよいよ子供に何か習わせようかしら、とワクワクしているお父さん、お母さんはぜひこの記事を参考にしてお子さんの今と将来にベストな習い事を選んであげてくださいね。

 

Pocket