Pocket

筋トレをすると身長が止まるって噂では耳にしたことありませんか?

筋トレすると骨の成長を筋肉が邪魔してしまうなどです。

結論から言うと、これはあくまでも噂に過ぎません!根拠はありません!

私は以前に整骨院で勤めていた時に、よくこの質問をされましたが、こう答えていました。

 

今回は、この筋トレと身長の関連性について考えてみましょう!

スポンサーリンク

筋トレすると身長が止まるはウソ!

はいウソです。

あなたの周りの人や、テレビの人を見てみてください。

部活動している人なら、ほぼ確実に筋トレをさせられますが、

全員小さいでしょうか?

そんなことはありませんよね。



むしろ筋トレすると成長を助けてくれるヒト成長ホルモン

というのが出て身長を伸ばすサポートをしてくれます。

ただし、無理な筋トレや、ハードなものはオススメしません。



筋トレで身長が伸びないという事はありませんが、

筋トレで無理をして関節の中のケガをすると、

本来伸びるはずの骨がダメになって伸びないという事は

考えられるので、注意です。

科学的根拠はない

科学的
はい、ありません。

昔から未発達の体の時に筋トレすると背が伸びない、

など言われていますが、全く科学的な根拠はありません。

論文や、学会での発表ともされていないので

完全に噂が流れているだけです!



なので先程もお伝えしたように、無理のない程度の物であれば

筋トレをしてもかまいません。

逆に筋トレすると身長伸びる説も

これは先ほど出てきた、ヒト成長ホルモンが関係するからです。

筋トレをすることで、このヒト成長ホルモンが分泌されることで

骨の成長を促してくれて、背が伸びていきます。



人間の体は、筋トレのように、ある程度の刺激がある方が成長するのです。

例えば、骨折した場合もそのまま固定だけするよりも、

少し刺激を加えてあげた方が、骨がくっつくまでの時間が早いのです。



ですので、筋トレの良いストレスでヒト成長ホルモンが出て背が伸びるという訳です。

中学生も筋トレしていい?

筋トレをしても良いです。

ただし、無理のない程度にすることが絶対です。



筋トレ自体は、体のためにもいいのですが、

中学生の体はまだ未熟です。

自分の体以上に負担が大きくなりすぎるとケガのもとです。



学生ならではのケガもたくさんあります。

それは、成長期でもある今の時期は、何もしなくても骨が伸びます。

しかし、筋肉はそんなにすぐには伸びません

筋肉は骨から始まって骨に付くものです。

なので、無理して筋肉を使いすぎると筋肉が使われすぎて硬くなり、

最終的には骨を引っ張って痛みを出すようなケガもあります。



なので、筋トレはしてもいいですが無理のないようにしましょう。

器具などを使わずに、自重の筋トレや体幹を鍛える筋トレなどは効果的です。

スポンサーリンク

器具を使ったハードな筋トレは避けよう

器具を使うという事は、自分の筋力以上の負荷が体に加わるので、

あまりオススメはしません。



専門知識を持っている人がいればいいと思いますが、

そんないい環境で筋トレできる人も少ないと思います。



ほかにも避けたいい理由としては、器具を使う筋トレは高校生、

もしくはそれ以上の年齢の人が行うようなメニューの筋トレです。

一般的な腕立て、スクワット、腹筋などのもので十分だと思います。

中学生が身長を伸ばす方法やコツは?

身長
コツはたくさんあります。

このコツを全部しっかりしたからと言って

理想の身長になれるとは限りません。

しかし、コツはやらないよりはやった方がいいです。

なぜなら少しでも伸びる可能性があるからです。

では、いくつか紹介していきます。

コツ1:運動

ランニング

運動と言ってもたくさんありますよね。

その中でもオススメは上下に動く運動です。

イメージしやすいのはバスケやバレーボールと言ったところでしょう。



背が伸びるのは下半身の骨が伸びることが必須です。

よって、ジャンプする動きは関節の骨に上下の刺激が加わることにより、

いい刺激が加わるためオススメの運動になります。



部活でなどで運動をしていたり、運動をしたことない人は

普通にジャンプをするだけでもオススメです。

簡単ですのでやってみてください。

効果的な筋トレ

筋トレ

効果的な筋トレは、自重(自分の体の重さ)筋トレです。

自分の重さの筋トレでも十分な負荷が加わります。

先程も出てきた器具を使うと負荷が大きすぎた場合ケガにつながります。



しかし、自重筋トレの場合は、どんなに負荷が加わっても自分の重さが上限のためケガをしにくいこと、

なおかつ自重筋トレなので、自分の体の身で筋トレをするので、時間も場所も、お金もかからずに出来ます。

 

まだ筋肉が未発達な年齢の方(特に中学生以下)はバーベルやマシーンを使った、負荷の高い筋トレは避けるようにしましょう。

ストレッチ

ストレッチ

ストレッチは意外と軽くしかしてない人が多いと思います。



ストレッチをすることで、筋肉がしっかり伸ばされ

ケガの予防につながることだけでなく、

筋肉が柔らかくなると、血液の流れも良くなるし、

骨を引っ張ることも少ないので、

関節に負担がかかりずらく骨の成長の妨げを防いでくれます。



なにより筋トレをしてヒト成長ホルモンを出すには、

筋肉がしっかりと動いてくれないと出ません。

筋トレも侮らずにしっかり運動の前後で行いましょう。

 

ストレッチでもちょっと特殊な「骨ストレッチ」の記事はこちら。

骨ストレッチのやり方や効果は?腰痛や股関節の悩みにオススメ!

鉄棒

正直鉄棒に関しては、そこまでのオススメはしません


理由は、身長を伸ばすうえで、そこまで必要性がないと思うからです。

おそらく、ぶら下がることで体が伸ばされ身長が伸びるという

噂があるからでしょう。



しかし、これはほんの一時的な効果です。

身体測定の前にするにはオススメかもしれません。



あとは使い方によってはストレッチとして使うにはいいかもしれません。

それ以外での身長を伸ばすためのコツとしてはそこまでオススメはしません。

最近では鉄棒がある場所も減ってきているみたいですし…

スポンサーリンク

コツ2:食事

基本的には、バランスよくというのが前提です。

しかし、身長を伸ばすために特に取らなければならない

栄養素もあります。



あとは成長期でもある今の時期は三食しっかり食べること

大前提となります。

バランスの良い栄養

そのなかでも、特にたんぱく質、ビタミンD、カルシウム

意識的に取るようにしてください。



たんぱく質は筋肉の主食です

筋トレするうえでたんぱく質を取っていないと、

全然筋肉が尽きません。



そして身長を伸ばすには、ビタミンDとカルシウムです。

牛乳を飲むと伸びるというのも聞いたことがあると思います。

それは牛乳にカルシウムがたくさん入っているからです。



しかし、ビタミンDを取ってないとすぐ体から出てしまいます。

ビタミンDはカルシウムを体内に吸収してくれる役割があります。

なので、牛乳を飲んで、ビタミンDが多く含まれる、青魚を食べれば

バッチリです。

サプリ

中学生に必見のサプリがあります。

それがこちらです。
プラステンアップ

このサプリは見てもらうとわかるように、

栄養のバランスも良く、素早く、そして簡単に摂取できます。



成長期の良いバランスはものすごく大切ですし、

摂取するのもめんどくさいという人もスムーズに

摂取することが出来るのでおすすめです。

ぜひ、親御さんに相談して前向きに検討してみてください。



コツ3:睡眠

寝る子は育つ!

まさにその通りです。

寝ることにより成長ホルモンがたくさん出て

成長を促進させてくれます。



特に夜の10~2時までの間はゴールデンタイムと言われ

一番成長ホルモンが出る時間帯です。



なるべくその時間を逃さないように、習慣付けましょう!

番外編:遺伝について

これには正直勝てない部分もあります。

が、もともとあなたの身長がどれくらい伸びるかはある程度決まっています。

その最大限まで伸ばすことは可能なのです。



それが先ほど伝えたコツを実行したり、栄養素をバランスよく取ったり、

睡眠をすることで、

遺伝子に組み込まれている身長まで最大限に伸ばすことが可能なのです。



それに人体はまだまだ不思議で、遺伝よりも伸びることもあります。

ですので、両親が背が低いとかはあまり気にせず、

低いなら低いなりに、その最大限も出伸ばす努力、

あとは遺伝以上に伸びることもあるので、

しっかり前向きに背が伸びる努力をしましょう

スポンサーリンク

小学生や高校生も同じか?

高校生くらいまでは背が伸びるのが一般的なので、

基本的には同じですが、

食べる量、睡眠量、運動量、体の作りは

小学生と高校生では全然違います。



ですので、とくに運動量だけは無理しないように、

あとはバランスの良い食事、睡眠の大切さは

どの年代も同じなので、しっかり心がけましょう。

小学生はハードな筋トレはダメ

トレーニング
中学生でもオススメしないくらいなので、ハードな筋トレはダメです。

小学生くらい年齢が低いと骨が柔らかいので、

余計無理をしようとすると出来てしまうこともあります。



小学生は正直筋トレをしなくてもいいくらい

動くことがあるので、無理に筋トレにこだわらず。

遊ぶ=筋トレと考えた方がいいかもしれませんね。

高校生はどんどん筋トレ

高校生くらいの年齢なると、体的にも知識的にも

どんどん筋トレをしても良いと思います。

この年齢になれば、体的な成長のラストスパートです。

どんどん筋トレをしてヒト成長ホルモンを出して

さらには筋肉をつけて、がっちりした体を作ることをオススメします。



ただし、無理だけは禁物です。

結び

さぁ、筋トレをすることで身長は止まらず、

むしろ伸びることが分かったと思います。

それと無理はしてはいけないという事!

私はこの筋トレを無理にしすぎてケガをしたことが

あるのでケガだけは絶対してほしくないと思っています。

ぜひ、今回の知識を参考にして

なるべく自分が目標とする身長に届くように

頑張ってみてください。

Pocket