Pocket

おじさんはいつから?

女性も男性も、いつまでも若く見られたいものですよね。

今まで「お兄さん」と呼ばれていたのに、ある日突然「おじさん」に変わったらと思うとゾッとしてしまうものです。

 

それでは「おじさん」と言われてしまうのは、いつからなのでしょうか?

今回は、おじさんの定義や、おじさんではなくお兄さんと呼ばれるコツ将来かっこいいおじさんになるためのポイントをまとめました。

ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

おじさんの定義とは?お兄さんとおじさんの境目

おじさんの定義について

何をもって「おじさん」であるかは、人それぞれの主観によるので明確な定義はありません。

ですが同じ年齢であっても、「お兄さん」に見える人もいれば、「おじさん」に見える人もいます。

この差は一体何なのでしょうか、また人はいつから「おじさん」になってしまうのでしょうか?

 

年齢は何歳からがおじさん?

ちなみに、この件に関しては色々なところでアンケートが取られており、その結果として

女性・男性ともに41〜45歳が最も「おじさん」であるという統計が出ているようです。

一昔前より大分「お兄さん」の年齢幅が広がっている感じがしますね。

その理由として、きちんと身なりを整えたり、流行に敏感な男性が増えたことが挙げられます。



それでは、年齢以外での「おじさん見えポイント」の定義を見ていきましょう。

ちなみに老化には、医学的老化・外見的老化・精神的老化の3つの要素があるといわれています。

ここでは特に「精神的老化」に焦点を当てて見ていきたいと思います。

周りを気にしない(性格や行動)

周りを気にせず怒る男性

おじさんは、「周りの人に対して横柄な態度をとる」といったイメージがあるようです。

周りの人にどう思われるかを気にせず声を荒げたり、相手の意見より自分の意見を押し通す男性は、おじさん認定されやすいといえます。

 

確かに、職場や街中などでこのような男性を見ると「ああ、おじさんだなあ」と思ってしまいますよね。

逆に店員さんにも気を使える男性は、そういったマイナスイメージを持たれません。

 

また、「俺の時代は〜」など、昔の武勇伝ばかり話す人もおじさんだと定義されるようです。

見た目に気を使っているかいないか

身なりに気を遣うのが大切

お出掛けにも関わらず、毛玉のついたセーターや、何年も着ているようなヨレヨレのシャツを着ていると、確実におじさんの仲間入りです。

また、お腹がポッコリ出ているなどスタイルを気にしなくなるのも、いかにもおじさんです。

 

先程お伝えしたように、きちんと身なりに気を遣える男性はいつまでも若々しく見えますよね。

もう歳だからなんて思わずに、年齢を重ねてもおしゃれを忘れずにいることがとても大切です。

スポンサーリンク

自分で自分をおじさんと思っているか

自分をおじさんだと思ってませんか?

思考と行動はお互いに影響しあっているので、「自分はおじさんだ」と定義しているだけで、どんどん見た目もおじさんになってしまいます。

自分からお兄さんでいるのをやめてしまったとも取れますよね。

もし今あなたがこのように思ってしまっているのなら、勿体無いので今すぐやめるべきです。

「自分はまだまだおじさんにならなくていいんだ」と思っていると、きっと行動も変わってくるはずですよ。

 

かっこいいおじさんの特徴

かっこいいおじさんの特徴

世の中には2種類のおじさんがいます。

それは「かっこいいか、かっこよくないか」です。

年齢を重ねていても、渋くてスマート、そしてダンディな男性はたくさんいますよね。

ここからは、かっこいいおじさんとはどんな人かを解説していきたいと思います。

 

清潔感がある

男女問わず、モテる人は必ず清潔感があります。

きちんと身なりに気を遣い、髪や髭を綺麗に整えている人はとっても素敵です。

 

また清潔感は身なりだけではなく、行動にも表れます。

一つ一つの所作が上品でスマートな男性は、清潔感があってかっこいいですよね。

 

髪型がかっこいい(ハゲていない)

髪型がかっこいい男性

髪型に気を使っている男性は、美意識が高く素敵に見えます。

しかしながら「薄毛問題」という一大事に悩まされる男性もかなり多いはずです。

 

女性によっては、ハゲている人はちょっと・・という人もいますが、おそらく男性が思うより女性は薄毛に寛容なようです

それに髪が薄くても、美容室に行けばおしゃれにスタイリングできますし、最近は育毛・植毛などの技術も発達しています。

ぜひ、自分が一番魅力的に見える髪型を見つけてみてください。

スポンサーリンク

服装がおしゃれ

服装がおしゃれで、着こなしがかっこいい人はどの世代の女性からも人気があります。

最近は40代・50代男性向けのファッション雑誌もたくさん出ていますので、気になる方はチェックしてみてください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

LEON (レオン) 2019年 07月号 [雑誌]
価格:929円(税込、送料無料) (2019/6/6時点)

楽天で購入

 

こちらは「おしゃれでモテるオヤジ」を提案する、40〜50代男性向けのファッションスタイル雑誌です。

毎月表紙を飾っているジローラモさんは、ちょい悪オヤジでとても有名ですよね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

OCEANS (オーシャンズ) 2019年 07月号 [雑誌]
価格:779円(税込、送料無料) (2019/6/6時点)

楽天で購入

 

こちらは30・40歳向けの、男として父として生きる人のためのカジュアルファッション雑誌です。

カジュアルが好きな方にはこちらがおすすめです。

知識がある

知識がある男性は素敵

話に教養が感じられるインテリジェンスな男性は、男女問わず憧れの的といえます。

調べものをして得た知識と違い、仕事などで本当に経験してきた深い知識でアドバイスができると、本当に素敵だしかっこいいです。

長年の経験は若い人にはないので、この年代ならではの魅力といえるでしょう。

 

しかしここで気をつけたいのが、教養をアピールしようと自分が興味のある話や自慢話ばかりしたり、延々とうんちくを披露する人は、ただの自己中なおじさんだと定義されてしまいます。

本当に頭のいい人は、話をしながら相手がどう思っているか考えることができるし、聞き上手な人がほとんどなのです。

典型的なおじさんの特徴

典型的なおじさんとは?

学生時代の友達と同窓会などで久しぶりに再開すると、見事に「ザ・おじさん」に変身している人っていますよね。

個人的な意見としては、見た目よりも言動がおじさん化していた時の方が衝撃的です。

そんな、ふとした時に残念感が増す「おじさんあるある行動」を、以下のように定義しました。

 

ラインがおじさん

おじさんはラインが長い」というのは、若者の間であるあるとして浸透しているようです。

若者のラインは一言が短く、長くなる内容ならば細かく分けて連投するのが一般的です。

 

それに比べておじさんは、かつてガラケーでメールを打っていた時のように、伝えたい内容を一度にまとめてしまう傾向があるようです。

つまり、手紙のような感じですね。

チャットのようにフランクに使っている若者と、そもそもの捉え方に違いがあるようです。

スポンサーリンク

親父ギャグ

親父ギャグを言うおじさん

年齢を重ねると、何故だか親父ギャグを言いたくなる人が多いようです。

その理由はなんと、理性を司っている前頭前皮質が老化するからなんです。

つまり脳のブレーキが効かず、思いついたことをそのまま言ってしまうという現象が起こります。

なんだか哀愁漂う話ですね。

 

ちなみに深夜になると親父ギャグを言う人が多くなるそうです。

これは、一日中脳を使ったことによる前頭前皮質の疲労が引き起こしています。

 

タン・ゲップ・おならをする

若い頃は、羞恥心や理性が働いてまず人前でこのようなことはしませんよね。

しかし心がおじさんになり、周りの目を気にしなくなると、平気でやってしまいます

清潔感がなくていかにも「残念なおじさん」の定義そのものですよね。

 

加齢臭・タバコ臭がする

おじさん臭い」という言葉は、言動と合わせておじさん特有の臭いも指しています。

加齢臭がしてくるのは自分ではどうしようもありませんが、タバコ臭は禁煙することで無くなります。

また、このような嫌な臭いを軽減するための商品もありますので、気になる方は利用してみてください。

衣類の臭いが気になる時に、シュッとひと吹きできる消臭スプレーです。

持ち運びに便利な携帯サイズなので、外出先でも使用できます。

 

体の中から加齢臭を消せるサプリメントもあります。

臭いの根元からアプローチできるので、画期的ですよね。

 

お腹が出ている

まん丸なポッコリお腹は、いかにも「おじさん体型」ですよね。

若い頃はいくら食べても太らなかった人が食事の量を変えずにいると、あっという間にこんな体型になってしまいます。

 

また、若い頃より痩せにくくなっているため、諦めてそのままにしてしまう人も多くいます。

顔や身長は変えられませんが、体型は自分の意思でいくらでも変えられるので、頑張り次第で若さを取り戻せるはずです。

サウナベルトをお腹に巻いて運動することで、しっかりと発汗を促してくれます。

これにより新陳代謝を上げることができるので、より効果的な運動ができます。

 

運動後はプロテインを飲むことで、たんぱく質を補給できます。

タンパク質を摂ると運動で傷ついた筋肉を修復でき、有効な筋トレができるのでおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

素敵なおじさんでいるために
いかがだったでしょうか。

おじさん化は、気づかない内にいつの間にかしているものです。

あなたが若い頃「おじさんだなあ」と思っていたような人に、自分自身がなっていませんか?

人は皆平等に年をとり、どんな人も必ずおじさんになります。

 

しかしかっこいいおじさんになれるかどうかは、その人の意識次第です

年齢を重ねても、かっこいい素敵な男性でいてくださいね。


Pocket