Pocket

 

大縄跳びといえば、団体競技の定番ですよね。

1人で跳ぶ縄跳びとは違い、大縄跳びは、長縄を使って参加者全員で協力して跳びます。

体育の時間や運動会などで取り入れられ、

多くの人が一度はハマったことがあるのではないでしょうか。

皆で大きな声でカウントして、最高記録を更新したらものすごい達成感を全員で共有する、そんな素敵なスポーツです。

大縄跳びは、今や、学校教育の一環として用いられるだけではありません。

日本レクリエーション協会では、ロールジャンプとして公式ルールが作られ、大会が開催されています。

大縄跳びをテーマにしたギネス記録も競われています。

立派な競技になっているのですね。

そんな競技にもなっている大縄跳びですが、コツを知らずに記録を伸ばすのは、なかなか難しいと思います。

 

そこで、今回は

大縄跳びのコツや必勝法
どんな回し方・跳び方・入り方が良いのか?
おススメの大縄跳び練習法

など、大縄跳びでたくさん跳ぶ・競技で勝つ方法を徹底解説していきます。

スポンサーリンク

 

 

大縄跳びのルール


まずは大縄跳びのルールから説明していきます。



〜運動会の競技の必勝法まとめ記事はこちら〜
運動会の競技の必勝法まとめ|種目別に勝つコツを徹底解説。

大縄跳びとは

大縄跳びでは、跳ぶ人のことを「跳び手」、回す人のことを「回し手」と表現します。

基本的に、跳び手全員が なわの中に入り、揃った状態からカウントし始めます。

競技としては、さまざまな点の数え方があります。

「〇分間」と時間を決め何回跳ぶことが出来たかを競うもの、跳び手の数×跳んだ回数で得点を出すもの、この2種類が一般的です。


また、跳ぶ人は連続してなわの中に入らなければならないルールを適用したり、

なわの左右から跳び手が同時に入る、なわの回転の向きに対して入る方向を変えるなど、

工夫次第で無限に遊ぶことができます。

 

同じ競技でも、ルールを変えることで色んな遊び方が出来るのも、大縄跳びの魅力の一つと言えます。

 

8の字

大縄跳びで、上記のルールに加えて、よく用いられているのが、8の字というルールです。

皆さんご存知だと思いますが、8の字を描くように、縄を跳んで走り抜けるというものです。

8の字は、跳び手はあまり体力を消耗しませんが、回し手の体力の消耗は半端ではありません。



また、1人ずつなわの真ん中で跳ぶため、身長や体格を理由に回し手になりがちな人でも跳ぶことができます。

練習の際は、回し手をできるだけ交代しましょう。


大縄跳びの回し方のコツ

適した人を選ぶ

跳び手はもちろんしんどいですが、大縄跳びで一番体力を使うのは、なんといっても回し手です。

8の字などの場合、跳び手は間で少し休憩することが出来ますが、回し手はずっと回し続けなければなりません。

また、ずば抜けて背が高い人は、周りの身長に合わせて跳ぶのは跳びにくいので、回す方が向いているかもしれません。

回し手は、できるだけ体格が大きく、力のある人にしましょう。

縄の持ち方

縄を手首に巻き付けて回している人は多いのではないでしょうか。

私も小さい頃はこの回し方が正しいと思いこんでいました。

しかし、片方の手で縄の端を持ち、そこから30cmくらい離れたところをもう片方の手で持つという持ち方が正しいです。

なぜなら、この方法だと、跳び手が引っ掛かった時に、縄が手から離れやすく、
跳び手・回し手ともに怪我をせずに済むからです。

回し方のフォーム

「回し方のフォームは、人それぞれ」と思う方もいらっしゃると思います。

もちろん、自分が回しやすいのが一番です。

ここでは、私がおすすめする回し方について紹介します。

それは、片方の手を固定して支点にし、もう片方の手でコントロールしながら回すという回し方です。

片手で回すよりも、なわの回転が安定し、跳び手が跳びやすいです。

回し方のコツ

足腰を使う

なわが地面につくタイミングでは、両足を大きく開き、少し膝を曲げ腰を落としましょう。

縄の遠心力に負けないように、しっかり踏ん張りましょうね。

反対に、なわが上がっている時は少し背伸びをするくらいの感覚で大きく回すと、跳び手がタイミングをつかみやすいです。

地面に縄が当たる時は速くする

大縄跳び上達のコツは、回し手が跳び手の気持ちを理解してあげることです。

地面に縄が当たる時間をできるだけ少なくすると、跳び手はジャンプする時間が少なくて済みます。

また入る時間を長く取ることができます。

この気遣い・コツが、跳び手の体力温存にもつながります。

ぜひこの回し方を実践してみてください。

たるまないようにする

縄の中央部が軽く地面に当たるくらいに調節します。

そして、すこし引っ張る感覚で回しましょう。

しかし引っ張りすぎてしまうと、地面からなわが浮いてしまい、跳び手の足がひっかかりやすくなるので、気をつけてください。

スポンサーリンク

大縄跳びの並び方のコツ

真ん中

真ん中は、両端に比べて縄の上下の幅が広いので、飛びやすいです。

前の人が成功しているのを見ると、後ろに続く人も成功をイメージしやすくなり、上手に跳べる可能性が高くなります。

つまり、並び方も必勝法の重要ポイントであるということです。

上手い人を前から順に並べていくと、成功の確率はグッとアップするかもしれません。

両端

両端の並び方は、真ん中の並び方以上に重要です。

真ん中に比べて、縄の上下の幅が狭いので、ジャンプ力のある人や、背の小さい人に任せましょう。

また、最初になわの中に入る人は、一番多く跳ばなければならないので、体力が必要です。

大縄跳びの跳び方のコツ

真ん中の人の場合

足はあまり曲げず、軽く高く跳ぶ気持ちを意識してください。

着地の時は、クッション代わりにひざを使いましょう。

両端の人の場合

真ん中の人に比べ、足を高く上げなければならないため、足を曲げる必要が出てきます。

回し手やチームの皆と相談して、できるだけ体力を温存できる位置で跳びましょう。

入り方・抜け方

入り方で重要なのは、なわをこわがらないことです。

当たり前のように思えますが、結構大事なポイントです。

顔や目を背けると、一歩目が遅くなってしまい、縄に引っかかりやすくなります。

なわに慣れるまで練習して、恐怖心に打ち勝ってください。



練習の段階で引っかかったり、怪我をしたりすると、トラウマになりやすいので、なるべくゆっくり、できることから始めていくよう心がけましょう。

また、抜ける時、余裕のあるひとは、片足で跳ぶことを意識してみましょう。

片足に重心を置いて跳ぶことで、次に反対側の足が出しやすくなります。

跳ぶタイミング

なわをよく見て、地面から90度の位置に来たときに跳びましょう。

余裕があれば、回し手の手の動きも一緒にみると、縄の動くタイミングをつかみやすくなります。

おすすめの大縄跳び練習法

なわを回さず上下に動かして、
「なわが床についたときに走り出して、なわが上に来た時にくぐる」
という練習法です。

これでなわを回して立体的になっても入るタイミングを掴むことができます。

回すスピードを遅くして跳べるという感覚をつかみ、徐々にスピードを上げていくのも、練習のコツです。


スポンサーリンク

大縄跳びの必勝法

掛け声

大縄跳びは団体競技です。そのため、掛け声は必須です。

今跳んでいる回数をカウントしたり、「はい!」と言ったりすることで、入るタイミングやリズムを皆で共有しましょう。

全員が声を出すことで、大縄跳びが苦手な人がやりやすくなったり、皆に団結力が生まれます。

姿勢

なわの中に入ったら、手は胸の前に持っていきましょう。

こうすることで、なわに手が引っ掛かりにくくなります。

これは絶対に守ってほしいポイントです。


また、精神的な姿勢の話をすると、「必勝を心がけること」が、必勝法のひとつです。

つまり、ある程度の緊張感を持つことが、大切です。

プレッシャーを感じてしまうのは記録を伸ばす上でマイナスです。



しかし、「いつか成功すればいいなー」と緊張感のない状態で練習するのは、無駄に体力を消耗するので、余計成功しづらくなり、さらにモチベーションが下がってしまいます。

このような悪循環を防ぐために、普段から全員が緊張感を持って練習に挑みましょう。

作戦

大縄跳びは個人競技ではないため、作戦が勝敗を決める重要な要素です。

並び方はどうするか
どんな回し方が一番跳びやすいか

など、跳び手と回し手が一緒になって考えましょう



また、自分が実践しているコツや、思いついたアイデア、困っていることを皆で共有することで、
ほかの人たちの悩みを解決できたり、チームが良い結果を出すきっかけにつながったりします。

どんどん共有して絆を深めることも、必勝への近道ですよ。

大縄跳びの道具

大縄跳びに必要なものといえば、真っ先に縄ですよね。

今回は大縄跳びの縄を長さ別に紹介します。

大縄

長さ15mの長い大縄跳びの縄です。

子供で18〜20人、大人でも13〜15人入ることができます。

様々な運動施設や教育施設で使用されているものなので、安心して使用できます。

長さ5mの大縄跳びの縄です。

持ち手が木柄になっていて、滑りにくく使いやすいことが特徴です。

もう少し人数が少ない、練習用として使用できると思います。

まとめ

今回は、大縄跳びのコツや必勝法についてお伝えしました。

いかかでしょうか。

跳び方、並び方、入り方といったコツや、ご紹介した必勝法を、ぜひ実践してみてくださいね。



〜運動会の競技の必勝法まとめ記事はこちら〜
運動会の競技の必勝法まとめ|種目別に勝つコツを徹底解説。


〜関連記事〜
綱引きの必勝法はこれ!掛け声や並び方、姿勢も大事!

Pocket