Pocket




思うように投げ方が上手くならない!

ソフトボール投げの記録を伸ばすコツってあるの?その方法は?

フォームの練習や準備運動、その鍛え方について詳しく解説します。

私が一番苦手としていた体力テストの種目“ソフトボール投げ”

他の生徒が見ている前で自分の運動神経を披露するって緊張するんですよね…。

そして、いい記録を出せた人はまるでヒーローの輝きなのです。


ソフトボール投げの苦手意識をなくし、

自分の記録が伸びた時の嬉しさを味わうために、

どんなことが必要なのか?詳しくまとめましたので、

練習中の人も、子供に教えたい親御さんも是非参考にしてみてください。

スポーツテストのコツ種目別まとめ!の記事はこちら。

スポーツテストのコツの種目別まとめ!小学生や中学生の平均も参考に

 

ハンドボール投げの記事もよく読まれています。

ハンドボール投げのコツや投げ方は?平均記録やフォーム、練習方法も!

コツをつかんで練習で鍛えていき記録を伸ばす方法、必見です!

スポンサーリンク

ソフトボール投げの基本的な投げ方

基本ルールとやり方

1回のテストで2回投げます。

より遠くに投げられたほうの記録が残ります。

投げる時の場所


直径2メートルほどの円が書かれています。

円の中からボールを投げます。助走やステップなどの動作は自由です。

ボールを投げる前後で円を踏んではいけません

どこに投げるのか

円から投げる方向が分かる2本のラインが引かれています。

この2本のラインの中にボールが落ちるように投げないと記録が残りません

記録の測り方:上記のルールを守れた上で、円から測ります。

○○メートル以下の○○センチは切り捨てになります。

基本的な投げ方やフォーム

右手が利き腕の場合、左足を浮かしてしっかりと右足に体重をかけます

上半身を少し後ろに倒し、左の肩は投げる方向の斜め上向き、

すると自然に右の肩が後ろに下がった状態になります。

そこから、左足をグッと前に踏み込んで体重をかけます

ボールを持った右の肘が肩よりも上という事を意識して、

下半身を回転させると、あとは足から伝わったひねりに逆らわずに、

腕へとパワーを伝えてあげ、最後にボールを放ちます



小学生のソフトボール投げについて、

詳しく解説した動画も参考にご覧ください。


ソフトボール投げの記録を伸ばすコツ

ただボールを投げるということをしているよりも、

コツを押さえて練習をするだけで目標に近づきやすくなります。



実は、ソフトボール投げだけではなく、

運動が苦手全身を使うという事が苦手動きが小さいのでボールが飛ばない

という事が詳しく解説された動画がありますので、参考にしてみてください。

ソフトボール投げの記録を伸ばすコツを、1〜6にまとめてみました。

コツ1:準備運動をしっかりする

何をするにもまずは準備運動と言われますが、

そもそも、準備運動はなぜ必要なのでしょうか?

1.体と心の準備をする

何もない状態からいきなり動いては体もビックリします。

いつも運動をしている人でない限り、筋肉も固まっています。

ほぐしてあげて、これから動くサインを体と心に出してあげましょう

2.これから動かす体を温めるため

細胞の活動を活発にするためには、温めること。

そして温めるためには少しづつ体を動かして筋肉を使っていきます。

3.ケガの防止

筋肉や関節などを十分にほぐしておくと、

協調している神経と筋肉の動きがよりスムーズにいき、

いつもと違う動きにも対応してくれるので、ケガの防止になります。

こちらの「トレーニングチューブ」は肩・背中・腰・腕などのストレッチをするのに役立ちますので、是非チェックしてみてください。

コツ2:ソフトボール投げをする前におすすめの準備運動

1.肩や手首の準備運動

肩や手首をそれぞれ10回ほどゆっくり回しましょう

2.股関節のストレッチ

しゃがもうとする時に片方の足は横にまっずぐ伸ばします

これを交互に合計10回ほど。

床に座り、足を開いて上半身を前に倒すストレッチもおすすめです。

3.屈伸運動

膝が開かないようにしながらしっかりしゃがみ、

足全体の裏側を意識してまっすぐ膝を伸ばします。

10回ほどの曲げ伸ばしが膝のケガを防ぐ運動になります。


スポンサーリンク

コツ3:手首のスナップを使う

これも遠くへ投げるためには必要な要素です。

手首の筋肉を鍛えて、ボールを投げる時に力を入れられると、

いい結果につながります。

手首のスナップが使えるようにしっかり練習をしましょう。



でも、スナップと言ってもなかなかイメージが湧かないと思います。

そんな時におすすめなのが、

手首以外を固定した状態でボールを投げる練習をする」ということ。

紐などで肘を固定してもいいですし、誰かに押さえてもらい、

手首を曲げる動作だけでボールを遠くに投げる練習です。

こちらの「スナップボール」を使えば効果的に手首を鍛えることができるので、野球やソフトボール、ハンドボールなどをされている方にもおすすめです。

コツ4:投げる方向にまっすぐ投げる

投げる方向につま先を向けることと、

ボールの持ち方によってまっすぐ投げられるかが変わってきます。

ソフトボール投げのボールに縫い目があります。


この縫い目が滑り止めの役割をしてくれるので、

縫い目を意識して力を入れやすいようにします。

ボーリングの玉に指を入れるように親指と人差し指、中指を使い、

薬指と小指はボールを支える程度と思ってください。

コツ5:ボールは出来るだけ遠くで離す

先ほどのフォームで投げる時、下半身から伝わったパワーを手まで伝え、

一番力強くボールを放てるのが、最後の前へ押し出す時です。

練習している時に実際にやってみるとわかりますが、

頭の上の高さやもっと後ろでボールを投げると

力が入りにくいことが分かります。



フォームとともにボールを離すタイミングを掴んでおくと、

ソフトボール投げの記録も安定してきます。

コツ6:投げる角度は45度

よく言われるボール投げのコツ45度。何故45度なのでしょうか?



ボールを投げると放物線を描いて下に落ちます

真上に向かって投げる上には飛ぶけれど前には飛ばない

低い位置から横に投げる勝手に上には飛ばないし、すぐに落ちる

つまり、遠くに投げたいと思った時この間の角度にしなければ、

距離は伸びないということです。

ですがこれは、体格や風の抵抗などは入れずに考えた場合です。



それでも、練習の時点で低い角度を体が覚えてしまうと、

当日のコンディションによってもっと低い角度で短い距離になってしまう事もあります。

なので、45度を目指して練習することをおすすめします


スポンサーリンク

小・中学生の平均記録

参照 e-stat政府統計の総合窓口

上記の表で12歳の平均記録が低くなっているのは、

調査の対象人口(標本数)が増えたために、一時的に低い結果となっています。

注目は数字の伸びです。

年齢に応じて体力がついてくると記録も伸びることが分かります。

この平均と自分の記録を比べ、練習の励みと目標にしてみてください。

ソフトボール投げの練習方法とメニュー・鍛え方

タオルを使った練習方法

シャドウピッチングという練習方法です。

ボール自体ではなく体の動きのチェックなどがしやすくなります。

① 出来れば鏡の前に立ちます。動画を撮って後でチェックしてもいいでしょう。

② タオルの端を持ち、ボールを投げるイメージでタオルを振り、そのフォームをチェックします。



手首だけの力で振りかざすのではなく、

全身を使いキレイなフォームができた時には

タオルもキレイにまっすぐ動きます

家の中やボールを飛ばして練習できない時におすすめです。

背筋を鍛える(懸垂)

全身を使うソフトボール投げですが、

ボールを投げる時にひねりがある上半身の背中や腕、

肩の筋肉を鍛えるのも重要になります。

そこで、学生ならではの鍛え方といえば、校庭の鉄棒で出来る懸垂です。

① 鉄棒にぶら下がります。(足がつかない高さがおすすめ)

② 腕の力を使って顎を鉄棒につけるイメージで行います。



懸垂をする動きは日常にはなかなかないので、

始めから無理はしないように注意しながら鍛えていきましょう。

とは言っても懸垂は大変だし続かない…。

という方のために、こちらは「背筋矯正サポーター」です。

身につけるだけで姿勢が良くなり、しなやかな筋肉を作る手助けをしてくれます。

まとめ

ソフトボール投げはボールと投げるだけと思いがちですが、

実は全身をフルに使い、ボールを押し出すということがわかりました。

最近は自分を撮影するということが簡単にできますので、

フォームのチェックに役立ててみてください。



体力テストがきっかけで向上心に火がついたのは、

その頑張りが自信につながるチャンスです!

素敵な成功体験ができるよう、願っております。


スポーツテストのコツ種目別まとめ!の記事はこちら。

スポーツテストのコツの種目別まとめ!小学生や中学生の平均も参考に


Pocket