Pocket

お盆といえば、お墓参りを思い出します。

お墓のない家も最近は多くなってきましたが、田舎のおじいちゃん、おばあちゃんの家に遊びに行ってお墓参りをした経験がある人も多いと思います。

その時にお墓の掃除や、お参りの仕方など教えてもらったという人もあるでしょう。お墓参りにも作法があるようです。

お墓参りの作法や約束事、あるいはやってはいけない事などはあるのでしょうか。


蓮の花
お墓参り

スポンサーリンク

お盆の墓参りの時期や日にちはいつからいつまで?

お盆の時期のお墓参りの日にちについてですが、お盆の行事があるのでお墓参りにも行かなければならない日にちがあるとお考えの人も多いようです。

お盆には「迎え火」「送り火」の行事があります。

 

お墓に行ってご先祖様の霊を迎えてきて、またお盆の終わる頃に送りに行くという行事です。

この行事ですが仏教なら全部の宗派にあるかといえば、お盆自体がない宗派もあります。

私の実家は浄土真宗でしたので、お盆の行事はテレビや新聞などのマスコミの上だけの行事でした。



キュウリやナスを牛や馬に見立てて、ご先祖様の霊魂を乗せるという訳ですが、その野菜の飾り物をどこに飾るのかさえ知りませんでした。浄土真宗では人が亡くなるとすぐに浄土に渡るという考え方なので、お盆そのものの行事が必要ないわけです。

スポンサーリンク

お盆の墓参りの日にちは13日〜16日

お盆のお墓参りに最適な日にちですが、13日から16日ぐらいと言われています。

しかし、和尚さんにお尋ねすると「お墓参りはいつでも気がついた時にでも、お参りすればいいのですよ」と言われました。

 

ただお盆は行事があります。

迎え火や送り火はお墓で霊魂を迎えて家に連れて帰り、またあの世に送って行くという行事です。

 

ですからその行事をするのにお墓が荒れ放題だと気が滅入りますね。

すこしでもきれいだとご先祖様も喜んでくれるかなと思います。

 

お盆のお墓参りには行事の予定も入れて、13日から16日が適当ではないかと思われます。


墓参りの時期はいつ頃から?

お墓参りに適当な日にちは13日からと考えましたが、その前からでもいいと思います。

昔と違ってお墓が家の近所になかったり、仕事の都合がつかなかったりという人もいるでしょう。

 

お盆より遅れてお墓参りをしたくないので、早めにやっておきたいと考えることもあるかと思います。それでもいいのです。

11日にお盆の墓参りは大丈夫?

お墓参りをお盆の行事の中に組み入れられる状況なら、日付にこだわって13日から16日と決めても大丈夫でしょう。

しかし現在は様々な事情で絶対この日でなければ、ということはできない事情もあります。もっと早く10日以前にお墓参りをすることもあります。

 

私事ですが我が家の菩提寺のお寺では8月8日にお盆の行事があります。

その時についでだからとお墓参りする人たちでお墓はとても混雑します。

近くの人なら、改めてお盆にもう一度お墓参りをされるようですが、遠方の人はその時だけで済まされるようです。

ですから、11日だからお墓参りはダメということはないのです。

 

「気は心」と言いますが、お墓にお参りしようという心があればいつでもいいのです。


お墓参り
お墓参り

新盆・旧盆・月遅れ盆

よく聞くお盆の時期の違いなどについて調べてみました。

新盆

まず新盆ですが、これは新しく仏様になった方の初めてのお盆のことです。

身内に亡くなった方がいて、その方の命日から数えて初めてのお盆を「新盆」または「初盆」といいます。ただし、四十九日間はまだあの世に行かず現世をさまよっているということで、四十九日を過ぎてからの初めてのお盆となります。この時は◯◯回忌の時のように法要を行います。

旧盆

旧盆は古い暦でのお盆のことです。8月15日に当たります。

ほとんどの地域ではこの8月15日にお盆が行われているようですが、一部では7月15日の新暦で行われる地域もあります。

月遅れ盆

8月15日に行われるお盆のことを月遅れ盆とも言われています。なぜこのような言い方になったのでしょう。

明治のはじめにそれまで使われていた月による暦(太陰暦)でなく、太陽暦が採用されました。

 

日本のあらゆる行事が太陽暦で行われるようになったのですが、そのころは大部分の人が農業に従事していました。

新暦の8月15日は旧暦の7月ですが、その頃は農繁期でとても忙しくとてもお盆ができるような状態ではなかったのです。

お盆は今まで通り旧暦の8月15日で行われるようになったといいます。

ですから地域によって新暦の7月15日で行われるというのは、太陽暦に変わった時点であまり影響がなかった地域だったと言えそうです。

スポンサーリンク

仏滅で墓参りはアリ?

仏滅での墓参りということですが、仏滅とは何でしょうか。

仏滅とか大安とか友引など日にちや行事によって、この日は買い物に都合のいい日だ、とか贈り物にはこの日が最適とか歳をとった人がよく言いますね。

 

仏滅や大安は六曜の中の一日です。六曜とは暦の一種で室町時代に中国から伝わったものですが、明らかではありません。

先勝とか先負などの名前がありますね。仏滅も最初は物滅と言っていたということです。

つまりは、時代によって呼び方も意味も変わってきたもののようです。

ですからお墓参りには仏滅を避けるとか、友引はダメとかはあまり意味がありません。しかし、縁起をかついだり気にしたりする人にとっては大切な言い伝えなのでしょう。

無理に気にするなといっても気になるでしょうから、別の日にすればいいのです。しかしその日は絶対にダメということはありません。「気は心」で気持ちのある時にお墓参りをすればいいのです。


お墓
墓参りの時間は?

時間は何時がベスト?

ではお参りをする時間はいつ頃がいいでしょういか。

これはあまり遅くならないうちがいいと思われます。

 

それはついで参りはいけないとされているのにも通じます。お墓の近くに来たからついでにお参りしていこうというのではなく、お墓参りを最優先にするということです。

都合がつかなくてお参りをするのが午後になってしまったというのは、よくあることですし、この機会を逃すと次のお墓参りはいつになるかわからないということもあるでしょう。

 

しかし、午前でも午後でも時間があるという場合は午前にお参りしましょう。

まずお参りをする、という心がけでいるのが大切だということです。

お墓参りにいい時刻

お墓参りをするのにとても遅くなって、暗くなってからお参りになる、というのは避けましょう。

 

屋外ではなくマンション式の墓所などであれば問題はないのですが、(霊園が開いていれば)屋外にある場合は足元が悪いところが多く、また墓参りというのは手を合わせるだけではなく、お墓を掃除したり花を供えたりまた灯明を灯すこともあります。

明かりがないところでは危険なことから、日没後や薄暗くなってからの墓参は勧められません。

 

昔は魑魅魍魎が徘徊する、とか言ったものですが、そういう危険を考えてのことであると思われます。


お墓参り
お墓参りの服装は?

墓参りの服装について

お墓参りの服装については、法要などの場合は改まった服装で、他の時はあまりカジュアルでない普段着でよいでしょう。

お墓の石を洗ったり、お花を供えたりするのであまり華美な服装ですと汚れが気になってしっかりお参りできなさそうです。

回忌法要の時は、改まったスーツなどでお参りしてください。

レビューもめちゃくちゃ良いですし、値段もお手頃なので、持っていないという方はこれを機会に用意しておいてもいいかもしれません。

まとめ

単純にお墓にお参りするだけ、と思っていたのが、掃除をしたりお供えをしたりと大変な行事だったと思ったのがお墓参りでした。

お寺の敷地にあるお墓の場合はまず本堂にお参りをするのがマナーです。

それ以外は、お参りする人の気持ちと生活の都合などを考えて行うとよいでしょう。

〜関連記事〜
お彼岸のお供え物でおすすめは?果物やお菓子でもOK?

夏休み(2019)はいつからいつまで?小学/中学/高校/大学を比較!

Pocket