Pocket

誰もが一度はやったことのあるであろうドッジボール!

自慢ではないですが、私は結構強い自信があります。

どの競技においてもコツはあります。

ドッジボールの基本動作でもある、キャッチ、投げる、よけるにも
それぞれのコツはあります。

では、どのようにすればドッジボールが上手くなるのか?

今回は、ドッジボールで勝つコツをみていきましょう。


尚、昔の遊びをランキング形式でTOP10までまとめましたので、こちらもどうぞ!

昔の遊びランキングTOP10!室内と外の遊びをまとめてみた!



スポンサーリンク

ドッジボールで勝つためには?

ドッジボールで勝つためには

ドッジボールで勝つには、シンプルに相手を全滅させることです。



勝敗はいたってシンプルで、相手チームを全滅させるか、
もしくは、制限時間内に相手チームよりも自分のチームの内野の人が
多ければ勝利というシンプルなものです。

そして、最初にも言ったように、勝つためには、キャッチ、投げる、よける
をマスターしなければなりません!

それぞれのコツを今から見ていきます。


キャッチ(とる)のコツ

キャッチはものすごく重要なポイントです。

相手ボールの状況を自分ボールにするには、キャッチしなければ
行けないからです。

キャッチすることで、初めて次の投げるという動作に行けるのです。

このキャッチにも方法がありますが、どの方法でも基本的には
しっかりボールの前に立つことが重要です。

なおかつ膝を曲げしっかり腰を落として構えることも重要になります。

普通に立っているのと、構えた時の体の面積が小さくなる分
相手も当てにくく、自分もしっかり取りやすいポジションになるからです。

体の一部分だけで取りに行こうとすると、なかなか取れずに当てられてしまいます。

キャッチのコツを詳しく見ていきましょう。


ハンドキャッチのコツ

このキャッチのコツは、ボールの軌道をしっかり見て
自分の手で取れる距離なのかを判断するのがコツです。

ボールに触れなそうな距離であれば、そのままスルーしましょう。
不用意に取りに行くと意外と届かずに、ただボールに当たるだけになります。



ハンドキャッチというくらいなので手で取りに行くわけなので、
しっかり見極めたうえで取りに行きましょう。

取れるボールを取る!
当たり前のようですが、これがキャッチが上手い人の特徴でもあります。

あと、私個人的にやっていたのは、顔より少し上に来たボールであれば、
バレーのトスのように一回ボールの衝撃を弱めて取るという方法が
物凄くオススメです。

これは、速い球でも結構通用しますし、仮にはじいても
他の人が取ってくれることもあるので、内野の時には生き残りやすい
キャッチ方法になります。


ボディキャッチのコツ

これは、キャッチのコツでも言ったように、しっかりボールの真正面に入り
体を使って取ることが大事です。

その為には、取るという意識も大事ですが、足を使って素早く真正面に入ることを
意識しましょう。

ハンドキャッチとは違い、体全体で取れるので、お腹らへんにボールが来るようにすると
そのあと、腕と膝でボールをさらに包み込めるので、キャッチの確率も上がります。

仮に、体に一度当てっても、衝撃を吸収しているので、

そのあとの落下するボールを取ることも出来るので、おすすめのキャッチ方法です。


投げるコツ

投げるコツ
投げる!これも重要!

そのコツはしっかりボールを手でつかむように覆い、

自分の一番力が入り、なおかつ投げやすいところで投げるという事です。

勝つためには、相手を倒さないといけません。

どの球技でもそうですが、攻めない限りは負けないことはあっても勝つことは出来ません。

投げるにも方法がいくつかあります。

スポンサーリンク



オーバースローのコツ

簡単にいうと上から投げる投げ方です。

個人的には一番力が入りやすく、ほとんどの人がこの投げ方ではないでしょうか?

コツは、投げる際にしっかり上半身ごと体重を乗せることです。
その際に下半身はしっかり地面を踏みしめる感じが良いです。

体全体行ってしまった場合、相手に取られたときに、十分に整っていない体勢になるので
逆に当てられてしまう可能性があります

なので、下半身はしっかり地面、上半身を使ってしっかり投げましょう!


サイドスローのコツ

横から投げる投げ方です。
石で水切りするときに投げるようなイメージです。

コツは、しっかり振り切ること体を回すように遠心力を付けることです。

上から投げるのとは違い、少しでも勢いがなくなると、ボールが地面に落ちてしまいます。
さらにコントロールが難しい投げ方で、ボールを離すタイミングで狙いを定めなければいけません。



これだけ言うと難しいことしかなさそうですが、

メリットとしては、小柄な人でも体を使って遠心力を付けれるので

サイドスローはあんまり使う人がいないので、

相手からしたら、なかなか対応に困るのであなたがマスターすれば

優位に試合を運べるかもしれません。

アンダースローのコツ

下から投げる、ソフトボールのピッチャーのような投げ方、
もしくはボーリングのような投げ方です

これもサイドスローと同じでなかなか使う人がいません。

コツは、狙いたいところよりも少し下を狙うです。



投げ方の特徴的に、下から上にボールが行くので、
最初から上を狙うと、思ったところにはいきません。

もし、体の中心を狙いたいのであれば、膝あたりを狙って投げると上手く行きやすいです。

速い球を投げるコツ

速い球を投げるコツ

投げる際に伝えた、しっかりボールを覆う事と、
あとは、体を捻りながら投げることで力がボールに伝わります。

腕の力だけで行こうとしても限界がありますが、

体を捻ることでより体重が乗りやすく、スピードのある球が投げれます。

速い球は、ドッジボールでは有効です。

キャッチ、よけるといった守りの人からは、嫌なボールになるからです。

ぜひ、しっかり捻りながら投げましょう。



あとは、ランニングスローという投げ方もスピードが出ます。

言葉の通り走りながら投げる球です!
走ってスピードもついているので、さらに体重を乗せて投げると早い球が投げれます。

注意点は、勢い余って決められた陣地から出ないようにすることです。

自分がどれくらい投げた後に前に進むか、事前に練習しておいた方がいいかもしれません。

陣地を超えて相手を当てても、向こうになるのでもったいないですから。

よける(逃げる)コツ

ドッジボールでよけるのが上手い人がいると
正直ペースを乱されます。

そのくらいよけるという動作も重要になってきます。

ではよけるコツとは?

ボールを持っている人から距離をとる

大前提ですが、ボールから遠い位置にいることが最優先です。

特に投げるのが早い人からは、遠い距離にいた方がいいです。



単純ですが、ボールをから遠いと、ボールのスピードが段々弱まりますし
ボールの軌道が分かりやすいので、キャッチもよけるのも上手くいきます!

それとドッチボールでの内野の人は、内野の敵、外野の敵に挟まれています。

内野の人だけでなく、外野の人の動きにも注意しないといけません!

スポンサーリンク

利き腕の逆方向に逃げる

これもコツです。

人がボールを投げる際には、自然と利き腕の方にボールが向かうことになるので

それと逆の方に行くと、自然とボールが当たることが少なくなるのです。

もし、利き腕と同じ方向に逃げてしまうと、コントロールも良く、スピードも速い
鋭い球が飛んでくるかもしれませよ。

注意です!

外野のコツ

 

外野のコツは、当てれそうなときだけ内野の人を狙う事!

外野の人は早く相手を当てて中に入りたい気持ちでいっぱいです。

が、先急ぐと自分のチームをピンチに変えてしまう事にもなります。

なので、しっかり相手の動きを見つつ、当てれそうなときに確実に
狙う
ようにしましょう。

スポンサーリンク

結び

ドッチボールの投げる、よける、キャッチ!

解説しましたが、あと大事なのは経験です。

やり方、コツがわかってもボールに対しての恐怖心や、経験不足があると

勝つコツを知っていても、宝の持ち腐れです。

しっかりこれを頭に入れて、ドッジボールでヒーローになりましょう!

昔の遊びをランキング形式でTOP10までまとめましたので、こちらもどうぞ!

昔の遊びランキングTOP10!室内と外の遊びをまとめてみた!

Pocket